経営学部で学べることは?偏差値や将来性と親が気をつけたいポイント

経営学部には「多くの文系の学生が通う」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか? もちろん大学のレベルにもよりますが、どのような学部かを知らずに進学する学生が少なくありません。この記事では、経営学部で学べることを分かりやすく解説します。

そもそも経営学はどんな学問?

経営学とは、企業に属しているヒト・モノ・カネ・情報といった資源の活用方法を研究する学問を指します。ただし、人の配置の仕方やその資金といった資源は、企業の経営理念によって使われ方が異なるものですす。経営学では、経営理念の研究のあり方から、ヒト・モノ・カネ・情報の扱い方を学ぶ学問です。

経営学部で学べることと取得できる資格

経営理念の研究を念頭に、ヒト・モノ・カネ・情報の扱い方を学ぶ経営学部ですが、そのスキルはどのような資格として現れるのでしょうか? 経営学部に進みたいと考える学生はもちろん、子供を進学させようと考えている親も取得できる資格についても正しく把握しておきましょう。

経営のプロと呼ばれる公認会計士や税理士

経営学部でしっかりとした知識を身につければ、公認会計士や税理士という経営のプロと呼ばれる資格の取得も可能です。企業の監査業務やコンサルティング業務を行う公認会計士は、経営の方針の意思決定をサポートするだけでなく、よりよいやり方で経営に取り組み、社会的に価値の高い仕事を行うことができます。
また、税理士は個人や中小企業の税金のプロとして知られ、所得税や法人税、相続税といった税金の適切な運用を目指す仕事です。税金が円滑に納められるように活動しながら、個人や自営業者をサポートするのが税理士の役目です。いずれの資格も事務所に所属して経験を積むことからのスタートすることがほとんどですが、将来的な独立も十分に目指すことができる仕事です。

公認会計士になるにはどうすれば良い?親ができるサポートも紹介

こちらは経営学部の就職状況に関する記事です。
資格取得や将来の就きたい職業を考える参考にしてください。

経営学部の就職状況は?就職先、年収傾向、生かせる資格など

国際的な大学ではTOEICやTOEFLの取得も

最近の経営学部では、国際的な人材育成を行うためにTOEICやTOEFLのスコア取得を後押しする大学が少なくありません。企業へのコンサルティング業務ができる公認会計士にも、グローバルなスキルが求められるようになっているとも言われています。国際的な人材育成を目指す大学に進学する際には、ビジネスマンや大学生が取得するケースが多いTOEICだけでなく、留学英語と呼ばれるTOEFLのスコア取得を目指すことをおすすめします。

大学入試やビジネスシーンに採用される英語検定「TOEFL」の受験方法