小学校のプログラミングの授業はなぜ必要?導入する目的とは

小学校のプログラミングの授業はなぜ必要?できないとヤバイ?

文部科学省が公表した新学習指導要領では、2020年より小学校にプログラミングの授業が導入される予定です。プログラミングができる人材が不足しているから導入されると思っている人もいるようですが、実際は少し違います。今回は小学校にプログラミングの授業を導入する理由についてご説明します。

プログラミング教育の目的

プログラミングの授業はプログラミング教育の一環として行われます。プログラミング教育をする目的としてよく語られるのが、「プログラミング的思考を身につけるため」というものです。そして、プログラミング的思考を広く社会に役立てるための能力として、「情報活用能力」もよくあげられます。それでは、プログラミング的思考と情報活用能力とは一体どのような思考法・能力なのでしょうか?

プログラミング的思考

プログラミング的思考の定義について、文部科学省の有識者会議「議論の取りまとめ」では以下のように述べています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、1つひとつの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

出典:文部科学省 有識者会議「議論の取りまとめ」

よくプログラミング的思考は論理的思考の一種だと言われますが、厳密には計算論的思考の方が近いと言われています。

計算論的思考とは「現在の状況から目的達成までの手段として一番最適な手段を選択するための思考」を指します。ただ、計算論的思考における手段の選択と、プログラミング的思考における記号の組み合わせの持つ意味が近いことから、両者は同じ意味なのではないかと言われています。

プログラミング的思考は、子供たちが将来どのような職業に就くとしても必要になる能力であることから、小学校教育に取り入れられることとなりました。

プログラミング的思考についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
文科省も注目のプログラミング的思考とは?考え方の手順をご紹介!

情報活用能力

プログラミング的思考を広く社会に活用するための能力として、情報活用能力が必要だと言われています。

情報活用能力は、「知識および技能」、「思考力、判断力、表現力等」、「学びに向かう力、人間性等」の3つで構成されると定義されています。

プログラミング教育では、「コンピュータに意図した処理を行わせる」という体験を通じて、子供たちが持つこの3つの能力を向上させます。

情報活用能力に含まれる3つの能力

情報活用能力に含まれる3つの能力についてそれぞれ説明します。

知識および技能

文部科学省では以下のように、小学校から高校にかけて段階的に情報活用能力の知識および技能を身につけるよう計画しています。

(小)身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと。
(中)社会におけるコンピュータの役割や影響を理解するとともに、簡単なプログラムを作成できるようにすること。
(高)コンピュータの働きを科学的に理解するとともに、実際の問題解決にコンピュータを活用できるようにすること。

出典:文部科学省 有識者会議「議論の取りまとめ」

まずはコンピュータの基本操作を学び、それが社会でどのような役割を担っているかを理解し、最終的には自分でコンピュータを使って問題解決できるようになることを目指します。

コンピュータを娯楽のための道具ではなく、社会をより良くするための手段であることを子供のうちから認識しておくことで、大人になったときに情報技術で素晴らしいサービスを開発する子供が現れるかもしれません。

思考力、判断力、表現力など

文部科学省ではプログラミング教育で育む思考力、判断力、表現力等について、「発達の段階に即して、プログラミング的思考を育成すること。」としています。

プログラミングをする際には、目的を達成させるにはどんな表現をすればいいか、その表現をするにはどのような方法があるか、方法が複数ある場合にはどれが最適かなどについて考えます。

このような思考体験を失敗を重ねながら繰り返し行うことで、子供はプログラミング的思考を身につけることができます。

学びに向かう力、人間性など

文部科学省ではプログラミング教育で育む学びに向かう力、人間性等について、「発達の段階に即して、コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること。」としています。

これからの社会において、情報技術の活用は避けては通れません。そのためには情報技術について学ぼうと思う意欲、情報技術とどのように付き合っていけばいいかという人間性が求められます。

まとめ

小学校でプログラミングの授業を導入する目的は、プログラミング的思考を身につけ、情報技術を活用して社会をよりよくするためです。

プログラミング人材が不足しているのはたしかですが、プログラミングの授業をするのはプログラミング人材を増やすためではなく、ほかの職業でも役に立つプログラミング思考を身につけるためです。

時代の流れと共に必要とされる能力も変化していきますが、それに適応できるように子供をあたたかくサポートしてあげましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部