ハロウィンのカボチャ飾りはどうする?手作りから雑貨まで紹介! ( 3 )

手作りだからこそ楽しめるいろんなデザイン

手作りだからこそ、さまざまなデザインを楽しむことができます。いつくかご紹介しましょう。

怖くない笑顔のジャック・オ・ランタン

 

(参照元:thedaybefore_christmas|Instagram)

笑顔のジャック・オ・ランタンは市販品にはない味が出ます。ジャック・オ・ランタンは本来お化けカボチャですが、小さい子供はお化けを怖がり近寄ることができない場合があります。ハロウィンを楽しい気分で過ごすことのできるデザインとしておすすめです。

キャラクターをカボチャに!表面をカービングしたジャック・オ・ランタン

(参照元:しゅう|Twitter)

子供が好きなキャラクターを彫ったジャック・オ・ランタンで、ユーモアがあります。ロウソクをともしたときに、光をもらしたいところに穴を開けて楽しさを追及しています。

飾り切りがおしゃれ!洗練されたジャック・オ・ランタン

(参照元:石の林檎|Twitter)

飾り切りから漏れる明かりが大人の洗練された雰囲気を醸し出すジャック・オ・ランタンです。幾何学模様を彫るのもおすすめです。

皮の厚みを変えることで光をうまく使ったジャック・オ・ランタン

 

(参照元:u_co.chan|Instagram)

ハロウィンの世界観を見事に表現しているジャック・オ・ランタンです。皮の厚みを変えることでデザインに遠近が出て、ロウソクをともすと明かりの濃淡が美しく輝きます。

手作りのカボチャ飾りを長く楽しむ方法

手作りするカボチャは農産物です。すなわち「生もの」なので、いずれは腐ってしまいます。保存環境にもよりますが、ジャック・オ・ランタンは手作りしてからどの程度の期間、楽しめるのでしょうか。

保存できる期間

カボチャは傷ができると、そこから腐敗が始まります。そのため、手作りのジャック・オ・ランタンは次のような目安で飾りましょう。

【手作りのジャック・オ・ランタンの保存期間】

パンプキンカービングをする場合 2~5日
そのまま使う場合 7~14日

参考

ハロウィンかぼちゃの保存方法|最北の海鮮市場

パンプキンカービングをする場合は、カボチャに傷をつけるため早めに腐敗が始まります。そのため、飾ろうと考える当日に彫るようにしましょう。

シールを貼ったり、絵を描く場合はカボチャに傷がつかないように気をつけましょう。

長く楽しむための保存方法

北海道の海鮮グルメ通販専門店である最北の海鮮市場によると、ジャック・オ・ランタンを長く楽しむ条件は3つあります。

ハロウィンかぼちゃを長く楽しむためには、まず置き場所に注意しましょう。気をつけるポイントは「涼しくて薄暗いところ」「風通しのよいところ」「湿気が少ないところ」の3つです。加工する前も加工してからも、ハロウィンかぼちゃのお気に入りの保管場所の条件は変わりません。

(引用元:ハロウィンかぼちゃの保存方法|最北の海鮮市場

かぼちゃは、直射日光を避け、傷がつかないようにしましょう。万が一早めに腐り始めてしまった場合は、他のジャック・オ・ランタンと隔離しておくと腐敗が移りません。庭に置くときは、湿った土や草の上を避け、乾いた布や藁を敷いた上に置き地面からの湿気対策をしましょう。

参考

ハロウィンのかぼちゃを長持ちさせたい!選び方と保存方法のポイント|ワイドなび