ヨーロッパで普及する「オルタナティブ教育」とは?代表的な5つについてご紹介

ヨーロッパで普及する「オルタナティブ教育」とは?代表的な5つについてご紹介

近年、ヨーロッパを中心に「オルタナティブ教育」が注目されています。日本でも、教育熱心な親御さんの中には、すでにオルタナティブ教育について知っている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、世間一般の認知度はまだそれほど高くありません。

当記事では、世界各国にある子どもの教育法について知りたい方や、オルタナティブ教育についてもっと詳しく知りたい方に向けて、代表的なオルタナティブ教育5つの概要、特徴、日本で受ける方法についてまとめてご紹介します。

オルタナティブ教育とは?

オルタナティブ教育とは、『代替教育』、『非伝統的教育』とも言い、その時代に主流となっている教育法とは異なる教育法全般を指します。一般的には幼児や小学生くらいまでの年齢を対象としています。

オルタナティブ教育自体にも種類がありますが、基本的には個人を尊重し、自律性・主体性を育むことを目的とした教育思想が多く見受けられます。2019年現在においては、モンテッソーリ教育やシュタイナー教育などが、代表的なオルタナティブ教育です。

1 2 3 4