モンテッソーリ教育とは?特徴やメリットについて徹底解説!

一度は聞いたことのある「モンテッソーリ教育」。
一体どのような効果があるのでしょうか?家庭での取り入れ方も含めて、みていきましょう。

モンテッソーリ教育とは?

マリア・モンテッソーリが始めた教育法

「モンテッソーリ教育」は、イタリア初の女医となったマリア・モンテッソーリが始めた教育法です。
19世紀末、彼女は、ローマの病院で、障がい児に指先を動かして感覚的な刺激を与えるような玩具を渡し、次第に知能指数が伸びていることを発見しました。そこから、子供の感覚を十分に使うことでその知能を伸ばすメソッドを他の子供達にも応用しようと、1907年に教育施設である「子供の家」を開設したのです。その後、この教育法はヨーロッパを中心に広がっていきました。

「自分で選択できる子供」が育つ

「モンテッソーリ教育」を受けた著名人には、アメリカのオバマ大統領や、Amazon創業者のジェフ・ベゾス、将棋で活躍する藤井聡太棋士らがいます。いずれも、自分の得意分野を突き詰め、柔軟な発想力と実行力、そして忍耐力を兼ね備えた人物になっていると言えるでしょう。
「モンテッソーリ教育」においては、子供には「自己教育力」があるという前提があります。つまり、子供には自分を育てる能力があると考えて、子供自身の選択に任せることができる環境を教育者・養育者が用意するのです。そのような中で、「自分で選択できる子供」が育っていくと言えるでしょう。

モンテッソーリ教育でよくある批判

著名な起業家や政治家などを多数輩出しているモンテッソーリ教育ですが、必ずしも良い側面ばかりというわけではありません。

モンテッソーリ教育がよく受ける批判として、「協調性が育たない」「活発な子供には合わない」「モンテッソーリ教育を受けていない子供と価値観の違いが生まれる」などがあります。もちろんこれらの批判がすべて当てはまるわけではありませんが、事実として認識しておくことは大切です。

モンテッソーリ教育でよくある批判についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

良いところばかり?モンテッソーリ教育の批判とありがちな勘違い