人生を成功させ社会を変える子供の能力!キー・コンピテンシーとは

人生を成功させ社会を変える子どもの能力!キー・コンピテンシーとは

今の時代、子供たちはどのような能力を身につけて育つことが望ましいのでしょうか。今回は、個人の人生を成功させ社会を良くする能力とされる「キー・コンピテンシー」について、お伝えします。

OECDが定めたキー・コンピテンシーとは?

これからの時代を生きるために重要な能力について、OECD(経済協力開発機構)は、2003年にDeSeCoプログラムの研究として鍵(キー)となる能力(コンピテンシー)を特定。「キー・コンピテンシー」という、新しい能力概念をまとめました。

人生の成功につながり、社会も良くする能力

キー・コンピテンシーとは、 特に次の3つの性質を持つ能力を重視して選び出されたものです。

  1. 人生の成功や社会の発展にとって有益
  2. さまざまな文脈の中でも重要な要求(課題)に対応するために必要
  3. 特定の専門家ではなくすべての個人にとって重要

つまり、自分自身の人生を成功させ社会全体に利益をもたらせる人が共通して持つ能力が、キー・コンピテンシーです。これは、国や職業、学校の成績などに限らず、政治でも経済でも、また社会でも家庭でも共通して発揮される特性だと言えます。

海外でも注目され、教育に取り入れられている

キー・コンピテンシーは、世界各国の15歳児に実施するOECDの学力調査PISAの基盤にもされています。キー・コンピテンシーの研究はもともと、今後子供に対してどのような能力を育てていったらいいのか、教育の成果が知りたいという観点から進められたものでした。

2003年に発表されて以来、キー・コンピテンシーの概念は、アメリカの「21世紀スキル」など新しい能力概念とともに、欧米諸国をはじめとする各国の教育制作に影響を与え、取り入れられてきました。生涯学習にも活用されています。

PISAについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

PISA(OECD生徒の学習到達度調査)で分かる日本の教育問題

1 2 3