【なぜ?減らない児童虐待】虐待の実態と原因、子供に残る心の傷とは

【なぜ?減らない児童虐待】虐待の実態と原因、子供に残る心の傷とは

児童虐待についての報道は減らず、虐待の実態は依然として問題とされています。子供だけでなく家族に傷をつけてしまう虐待は、どうしてなくならないのでしょうか? 当記事では児童虐待の実態や原因、子供に残る心の傷についてご紹介します。

増え続ける児童虐待…内容と現状は?

児童虐待のニュースはなくならないままで、今も虐待に苦しむ子供や親が多数います。まずは虐待とはどのようなものなのか、その内容と現状についてご紹介します。

「児童虐待」の内容は4種類に分けられる

虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

(1)身体的虐待

児童虐待の内容の1つ目は、身体的虐待です。厚生労働省では、以下のような行為を身体的虐待であると定義づけています。

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまった事件は、児童虐待のニュースとしても多く報道されています。

また、暴力を振るうだけではなく体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限するだけでなく、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

(2)性的虐待

児童虐待の内容の2つ目は、性的虐待です。厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

これらの性的虐待は親によるものだけではありません。親族や学校の教師、近隣の住民など、さまざまな大人から虐待を受けてしまう子供たちがいるのが現状です。

(3)ネグレクト

児童虐待の内容の3つ目は、ネグレクトです。厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

ネグレクトは家庭の中で起こることが多い虐待です。したがって、主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

(4)心理的虐待

児童虐待の内容の4つ目は、心理的虐待です。厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

子供へ直接身体的な暴力を振るっていなくても、心理的な虐待は発生してしまいます。子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれます。

また、両親同士による暴力行為も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して直接攻撃をしていなくても、心理的虐待は起こってしまうのです。

2018年上半期は児童虐待の相談件数が最多に!

このような悲惨な児童虐待は、いったいどれだけの数が発生してしまっているのでしょうか。警視庁の発表している児童虐待の状況についてのデータによると、2018年上半期(1月〜6月)に通告された児童虐待の数は以下のようになっています。

2018年上半期は児童虐待の相談件数が最多に!

(参照元:平成30年上半期における少年非行児童虐待及び子供の性被害の状況|警視庁

2018年度は上半期だけで、実に3万7,113人もの児童が虐待されたと通告されているのです。2017年度の上半期と比較すると、その件数は約7,000件も増えていることが分かります。

中でもネグレクトにあたる「怠慢・拒否」や、子供の面前で行われるDVを含む「心理的虐待」の項目は、前年度と比較してもおよそ120%の数値となっています。面前DVの場合、子供以外の家族の誰かが日常的に暴力をふるわれてしまっていることになるでしょう。家庭環境の悪化により、結果として児童への虐待数が増えてしまっていると考えられます。

どうして起こってしまう?児童虐待の原因とは

どうして起こってしまう?児童虐待の原因とは
それでは児童虐待はどうして起こってしまうのでしょうか。今回はその原因を3つご紹介します。

(1)公的機関で望んだ助けを受けられない

子供への虐待行為については、地方自治体や国から支援策がいくつか提供されています。我が子に虐待をしてしまうことに苦しみ、行政の助けを求めて機関の窓口へ駆け込む親もいるでしょう。

しかし、相談した際に起こる問題についてNPO法人「親子法改正研究会」の井戸まきえ代表理事は以下のように述べています。

あちこちの窓口に行かされては何度も同じ話をさせられたあげく、上から目線の言葉を浴びせられ、望む支援は拒絶される。まるで「厄介者」扱い。

(引用元:日本から「児童虐待」が絶対なくならない理由といま必要な10の対策|現代ビジネス

もちろん、行政側も解決に努めようとさまざまな対応をしてくれています。しかし前例がないなど対応方法の判断に時間がかかることもあり、相談の窓口をいくつも訪問しなければいけないことがあるのです。そして、状況を説明するために同じ話を何度もし合うこともあるでしょう。

担当者を案内されるまでの間であっても、親子の関係は続いています。解決したいのに迅速な対応を受けられない親子の苦しみが、児童虐待の解決を遅延させてしまっているかもしれません。

(2)良い親を演じるために子供を操りたい

児童虐待が起こってしまう原因について、著書に『児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか』(朝日新書)を持つ杉山春さんは以下のように述べています。

良い親か悪い親かだけをジャッジするような社会では、虐待はより発覚しにくく深刻化する

(引用元:結愛ちゃん虐待死「ひどい親」と批判しても事件は減らない 「評価」に追い詰められる親たち|AERA dot.

「良い家庭」や「良い親」とはどんなものを指すのか、その捉え方は人によってさまざまです。しかし失敗をすることで、親が周囲から強いバッシングを受けてしまうことがあります。その結果、ストレスを抱えながらも「良い親」を演じ続けようと無理をしてしまう親がいるのです。

例えば子供が外出しているときに近所の人にあいさつをするとします。するとあいさつをされた側の人は「とてもいい子ですね」、「よく教育されていますね」など、親子を褒める言葉をかけることがあるでしょう。このように周りの人に認められるような行為をとることを子供に強要し、執拗にしつけようとしてしまう可能性があります。

(3)「しつけ」としての暴力が過激化する

しつけの強要は、時に暴力を生んでしまうこともあります。幼い子供の中には、思うような行動が瞬時にできない子供もいるでしょう。その姿に苛立ちを覚えてしまう親もおり、その怒りが身体的な暴力や心理的虐待につながってしまうと考えられます。

親が「良い親」であると周囲に見られるためには、子供を「良い子供」にしなければいけないと考える人もいるでしょう。すると、親の思う「良い子供」の行動ができなかった場合、罰として子供に何らかの暴力をふるってしまう可能性があるかもしれません。

児童虐待の報道を見ていると、保護者の主張として「しつけのつもりだった」という言葉が口にされることがあります。これらは「良い親」や「良い子供」を演じようとするあまりに、暴力を「しつけ」だと思い込んでしまっている可能性があるでしょう。

虐待を受けた子供に残る心の傷…トラウマの影響とは

身体的な児童虐待は、子供の体を傷つけてしまいます。しかし、傷が残るのは体だけではありません。虐待が子供に与えてしまう心の傷はどのような影響をもたらしてしまうのでしょうか。今回は児童虐待によるトラウマが子供に与える影響を3つご紹介します。

(1)感情が上手にコントロールできない

虐待によりトラウマを抱くようになってしまった子供の中には、自分の感情のコントロールが上手にできなくなってしまう子供がいます。

国立生育医療研究センターによる「子どものトラウマ診療ガイドライン」には、以下のような記述があります。

子どもの安全感を著しく損ない、想像以上に子どもに強い恐怖の感情や不安を引き起こします。トラウマ体験は、不当で理不尽なできごとでもあります。このため子どもは、周囲の人たちや世の中全体に対する信頼感を失い、怒りや抑うつなどの感情をもつようになります。

(引用元:子どものトラウマ診療ガイドライン|国立生育医療研究センター

虐待によって植えつけられたトラウマは、子供に強い恐怖心や不安を与えてしまいます。そのため精神状態が不安定になってしまったり、周りの人々のことも信用できなくなったりしてしまう恐れがあるのです。

感情面の変化は、周りの人からは見えづらい変化でもあります。また子供がどのような不安を感じているのかは、本人にしか理解することができないでしょう。そのため周囲の人々も子供の不安な気持ちに気がつきづらかったり、理解を示してあげることが難しくなってしまったりする可能性があるでしょう。

(2)「悪いのは自分」と思い込んでしまう

虐待によって子供に植えつけられるトラウマの中には、子供に自責の念を抱かせてしまうようなものもあります。

前掲の国立生育医療研究センターによるガイドラインでは、以下のような記述があります。

 子どもは、不当で理不尽なできごとがなぜ起こったのかという理由を捜そうとします。しかし、当然のことながら、正当な理由は見つかりません。このような場合、「自分が悪かったからだ」「自分が恥ずかしい存在だからだ」というような非機能的な信念は、トラウマを体験した子どもたちに最もよく認められるものです。

(引用元:子どものトラウマ診療ガイドライン|国立生育医療研究センター

幼い子供でも、虐待を受けている状態は異常であることは分かるでしょう。しかしどうして異常な事態が起こってしまったのか、その理由を上手に把握することができません。虐待の理由が不明確であることが、「悪いのは自分なのではないか」という気持ちを引き起こしてしまうのです。

中には「自分が良い子になれば、お父さんやお母さんは優しくなるのではないか」と思い、両親の言うことをより忠実に聞こうとする姿勢を見せる子供もいるでしょう。子供はただ、両親から愛されたいのです。

どれだけひどい目に遭っていても、相手が保護者であれば子供は愛情を受けたいと思うでしょう。その気持ちが子供に虐待を受け止めさせてしまい、時にはひどく傷ついてしまうのです。

(3)攻撃的な行動や、自傷行為をする

虐待によって子供が抱えるトラウマの中には、子供が自傷行為に及んでしまうというものもあります。

子供による自傷行為について、前掲の国立生育医療研究センターによるガイドラインでは、以下のような記述がされています。

抑うつは子どもの自己評価を低下させ、友人関係や異性関係における不適切な選択を助長してしまうことがあります。さらには、トラウマを体験した子どもを、自傷行為や自殺企図、物質乱用、危険な性的行動などに駆り立ててしまうこともあります。

(引用元:子どものトラウマ診療ガイドライン|国立生育医療研究センター

トラウマを抱えた子供は精神状態が不安定になってしまいます。その結果、危険な行動を起こしやすくなってしまうのです。

また、自傷行為以外にも突然暴力的になったり、注意が散漫になりやすかったりなど異常な行動を起こしやすくなってしまいます。虐待のトラウマによって生まれる心の不安定さは、精神だけでなく身体的にも子供をむしばんでしまうのです。

虐待の現状を知ることで、自分の行動を振り返ろう

おそらく多くの人が、「児童虐待はいけないこと」という認識を持っているでしょう。しかし、それでも児童虐待の件数は残念ながら増えてしまっています。

また増え続けるDVなどによって、子供以外にも傷つく人が増えているのが現状です。虐待が影響を与えるのは、子供だけではなく家族全体なのです。

まずは自分の言動が虐待行為に当てはまっていないか、振り返ってみましょう。また、自分自身がほかの誰かに傷つけられているとしたら、その姿を見た子供も心理的に傷ついているかもしれません。「我が家は大丈夫」ではなく、家族1人1人が健やかに生きていけるよう、それぞれの言動を振り返る時間をとってみましょう。

参考
児童虐待の定義と現状|厚生労働省
平成30年上半期における少年非行児童虐待及び子供の性被害の状況|警視庁
日本から「児童虐待」が絶対なくならない理由といま必要な10の対策|現代ビジネス
結愛ちゃん虐待死「ひどい親」と批判しても事件は減らない 「評価」に追い詰められる親たち|AERA dot.
児童虐待の「その後」 は? 虐待経験者の「大人たち」が抱える貧困リスク|Yahoo!ニュース
子どものトラウマ診療ガイドライン|国立生育医療研究センター
専門家が警告!他人事じゃない!!虐待された子どものその後とは?|暮らしニスタ
※有料記事※児童虐待の通告、過去最多3万7千人 今年上半期|朝日新聞DIGITAL
虐待されて育った方、今、幸せですか?|発言小町 読売ONLINE

この記事をかいた人

mio_yamamoto