反抗期がないのは大丈夫?反抗期がない子供の特徴と成長への影響

【なぜ?反抗期のない子供】反抗しない子供の理由と成長への影響とは

反抗期は子供の成長の証として、親を喜ばせたり悩ませたりするものです。しかし、中には反抗期がない子供もいます。反抗期が来ない子供にはどのような理由があるのでしょうか。当記事では反抗期がない子供について、その理由から大人になった時の影響まで幅広く解説しています。

反抗期とは?

第一反抗期と第二反抗期の二段階があり、12歳前後を目安に訪れる第二反抗期は思春期の真っ最中です。これまで素直に接してくれていた我が子もいつか反抗期を迎えるだろうと、漠然と意識をしている親もいるでしょう。

ところが、反抗期は必ずしも全員にやってくるものではありません。我が子は思春期を迎えている年齢のはずなのに、反抗期に入った気配がないと心配になってしまう親もいるでしょう。

いつごろ訪れる?

第一反抗期は2歳半前後から始まるとされ、別名イヤイヤ期とも呼ばれています。第二反抗期は12歳前後から始まるとされ、反抗期といえばこちらの時期をイメージする人も多いでしょう。

ただし、人間は全く同じスピードで成長していくわけではありません。そのため、反抗期が訪れる時期や期間にも個人差はあります。

思春期の反抗期はいつからいつまで?期間や終わりのサインとは

反抗期は成長を助ける時期

反抗期は親への反抗的な態度をとる期間という印象を持つ人も多いでしょう。反抗するということは時には対立してしまうことを指し、家庭内の雰囲気を不穏なものにしてしまうこともあります。しかし、反抗期の訪れには意味があり、子供にとって必要な時期とされています。

反抗するということは、言われたことに対して自分は異なる態度をとりたいと思うこと、そしてその態度を示すことを指します。つまり自分の意見は何かを考えて、押し殺さずに明示するということです。

そのため反抗期は自分の意見を伝える練習の期間であり、小さな反抗の積み重ねにより自己主張のできる人間へと成長していくと考えられるでしょう。