プログラミングは何から始めればいい?最低限やるべき5つのこと

プログラミングは何から始めればいい?最低限やるべき5つのこと

近年、プログラミングスキルを重視する機運が高まっています。情報技術の進歩、働き手の減少による労働市場の変化などによって、情報技術を他業界に適用する動きが活発になり、そのシステム構築のための人材が不足しているためです。

プログラミングができる人材が不足しているため、プログラミングができれば職に困らないとも言われていますが、子供にプログラミングスキルを身につけてもらうには何から始めれば良いのでしょうか? 今回は子供がプログラミングを始めるにあたって、親が最低限やるべき5つのことをご紹介します。

プログラミングブーム到来

プログラミングができる人材の市場価値が上がったことにより、プログラミングブームが到来しています。当初はプログラミング未経験の社会人を対象に広がりを見せていましたが、近年はその範囲が子供にまで拡大しています。

小学校で始まるプログラミング教育

文部科学省より公表された新学習指導要領によると、2020年より小学校のカリキュラムにプログラミング教育を導入する予定になっています。小学校の段階では本格的なプログラミングスキルの習得は難しいですが、プログラミングをする上で基本となる考え方(=プログラミング的思考)は身につけることができるでしょう。

プログラミング的思考についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

文科省も注目のプログラミング的思考とは?考え方の手順をご紹介!

子供向けのプログラミング教室も登場

学校以外で、子供のうちから本格的なプログラミングスキルを身につけさせたい親に向けた、民間企業が運営するプログラミング教室などが登場しました。有名どころだと、サイバーエージェント社が運営する『Tech Kids School【テックキッズスクール】』や、ライフイズテック社が運営する『Life is Tech』などがあります。

『Tech Kids School』『Life is Tech』についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

『Tech Kids School』とは?小学生の子供向けプログラミング教室

『Life is Tech』中学生・高校生向けプログラミング教室とは

これからはプログラミングができて当たり前?

このような時代の変化から、仕事で使うかどうかは別にして、プログラミングスキルはパソコンスキルと同じように一般的なものになっていくと考えられます。プログラミングができないことで職を失うことはないでしょうが、できないことが大きなハンディキャップとなる可能性は十分にあるでしょう。

1 2