『Life is Tech』中学生・高校生向けプログラミング教室とは

『Life is Tech』中学生・高校生向けプログラミング教室とは

2020年から小学校でプログラミング教育が始まりますが、それ以前に小学校を卒業してしまった子供たちは小学校のプログラミング教育を受けることができません。

「うちの子供は年齢的にプログラミングを学ばないまま社会に出るけど、大丈夫なのだろうか?」と心配に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は中学生・高校生を対象にしたプログラミング教室『Life is Tech』をご紹介します。

『Life is Tech』とは

まずは、『Life is Tech』とはどのようなサービスなのか、サービス概要と受講の仕方についてご説明します。

サービス概要

Life is Tech』は、ライフイズテック株式会社が運営する中学生・高校生を対象としたプログラミング学習スクールです。

授業ではWebプログラミングからアプリ、ゲームなど、幅広い分野の内容を学ぶことができ、ある程度継続して通えば中学や高校在学中に専門的な知識を持つことができます。

受講方法

Life is Tech』では教室に通学して授業を受けるので、まずは自宅から通える教室があるか確認します。2018年8月現在では、白金高輪、秋葉原、横浜、名古屋、大阪に教室があります。

授業は春学期(4~9月)と秋学期(10~3月)に分かれており、春学期は16回、秋学期は20回授業が実施され、1回あたり5,400円の受講料で受けることができます。(入学の際には別途入学金が必要です。)

『Life is Tech』3つの特徴

Life is Tech』がほかのプログラミング教室とは異なる3つの特徴をご紹介します。

8割が初心者!未経験でも安心なカリキュラム

Life is Techに参加する子供は8割が初心者です。プログラミングをこれまでやったことがない子供でも、講師の方々は分からないところを徹底サポートしてくれます。

長期休暇なら合宿に参加できる

Life is Techでは夏休みなど長期休暇に合宿形式のプログラミングキャンプを開催しています。プログラミングスキルを短期間で身につけられるだけでなく、親元を離れてさまざまな人たちと交流する経験をすることができます。

幅広い分野に対応している

Life is Techでは現在、下記5つのコースを受講可能です。

  • iPhoneアプリプログラミングコース
  • androidアプリプログラミングコース
  • Unityゲームプログラミングコース
  • Webデザインコース(HTML/CSS)
  • Webサービスコース(Ruby)

Webサイト制作から、スマホアプリ、ゲームなど、子供が興味のある分野を幅広く学ぶことができます。プログラミングと一口に言っても、使われている技術は全く異なりますので、受講前に子供が好きそうなコースをよく吟味して選択しましょう。

まとめ

今回は小学生の子供向けプログラミング教室『Life is Tech』をご紹介しました。今後プログラミングスキルが必要となる社会では、中高生のうちにプログラミングを習得してことは大きなアドバンテージになります。

もし子供にプログラミングの興味があるようであれば、一度通わせてみてはいかがでしょうか。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部