右脳教育は小さい子供ほど効果的?幼児の右脳を鍛える遊び4選

記憶力アップにつながる? 右脳教育の驚きの効果とは

右脳教育という言葉をご存知ですか? 右脳教育とは、右脳の働きが活発な幼児期にインプットを重視した教育を行うことで、子供の感性を育てることができると話題の教育方法です。今回は右脳教育の特徴や具体的な実践方法、実施する際の注意点をまとめました。

右脳教育とは

右脳教育とは、直感を使い、瞬時で記憶したことを高速で処理する能力を育てる教育法です。人間は3歳までは論理的に物事を理解するのが難しいと言われていますが、イメージやその時感じたことなど、右脳が活発に働くことが多い幼児期に右脳の刺激に特化した教育を行うことで、感性が磨かれて子供の能力や才能を引き出すことに繋がると言われています。

右脳の発達に特化した教育法

瞬間記憶や直感、ひらめきなどが鋭いといわれている幼児期。このイメージ力が鋭いうちに、右脳の発達に特化した教育で子供が持つ才能を育てていくことができます。感じたままに絵を描いてみたり、音楽に合わせて体を動かすなど、日常的な遊びが右脳を育てることにもつながっていきます。

右脳を活発に使い、感性が磨かれることによって、周りから入る情報の捉え方にヴァリエーションが生まれます。物事を理解するが力が育まれていくことで、子供の成長力が上がるため、イメージなどの非言語的理解をつかさどる右脳を鍛えることで、子供の才能を伸ばすことができます。

右脳教育は小さな子供ほど適している?

子供は3歳までは言葉で理解したことを理論的に処理する能力が発達していないといわれていますが、その分右脳がフル回転している期間ともいわれています。ですので、小さな子供ほど、その期間に右脳を鍛えることで、感性や想像力、情報を処理する能力が育まれます。

成功者と呼ばれる人たちは、自分の潜在意識に働きかけ、能力を有効的に使い、強い意志を持って自己を確立しているといわれています。これらはすべて右脳の活用に基づくもので、だからこそ子供の才能を伸ばすには右脳を育てていくことが大切だといわれているのです。