【14歳】背が高くなりたい!中学2年生へ身長を伸ばすアドバイス

14歳は学年でいうと中学2年生です。中学校生活にも慣れて発言も大人びてきます。思春期の真っ只中なので、子供自身が友達と比べて体が小さいことを悩んでいても親に言うことができずに、1人で落ち込んでいる場合があります。そんなとき保護者はどのように子供と接すれば良いのでしょうか。子供が大きく育つための原則と、具体的な対策をご紹介します。

成長期に大切な栄養素を摂取するなら? 公式
カルシウムグミ
・短期間で伸ばすならこれ!
・成長を促進するWカルシウム配合!
・子供の可能性を伸ばそう!
キッズセノビル
・TVで紹介、モンドセレクション受賞!
・月額制だから安心!
のむのむスムージー
・初回購入に限り80%割引!
・予想以上の伸び率を!

14歳の子供の成長

中学2年生は、中学校生活を一番謳歌できる学年で部活動も盛んに行う余裕のある学年です。一方で、思春期がピークを迎え、親への反抗的な態度が激しくなり、親子のコミュニケーションが減る時期だとも言われています。

そんな思春期の子供の身長の伸び方について、成長期を応援するサイト「スクスクのっぽくん」では次のように書かれています。

骨の両端にある、骨端線という軟骨の部分が膨張することによって身長は伸びるのですが、男子の場合16歳前後、女子の場合15歳前後くらいで思春期を終え、骨端線が閉じてしまいます。

(引用元:子供の年齢別平均身長(男子)14才(中学2年生)身長|スクスクのっぽくん)

つまり、14歳男子の場合はまだまだ大きくなる時期なので、急激に身長が伸びる子も多くいます。また、14歳女子の場合は思春期の終わりが近づいており、身長の伸びも緩やかになってくる時期です。

男女の成長平均値を見てみましょう。

男の子の成長平均値

厚生労働省が発表している平成27年の14歳男子の平均身長は164.3cmで、平均体重51.2kgです。平成26年に比べて平均身長は0.2cm伸びてほぼ横ばいですが、平均体重が1.9kg落ちており、全体的に痩せ型傾向であることが分かります。

成長期を応援するサイト「スクスクのっぽくん」によると、14歳の1年間で平均成長率は4.5cmです。

女の子の成長平均値

厚生労働省が発表している調査では、平成27年の14歳女子の平均身長は157.2cmで、平均体重47.2kgです。平成26年に比べて平均身長は0.8cm伸び、平均体重が0.6kg落ちており、男子と同様痩せ型傾向であることが分かります。

成長期を応援するサイト「スクスクのっぽくん」によると、14歳の1年間で平均成長率は1.1cmです。

参考
厚生統計要覧(平成29年度)第2章 保健衛生 第1章 保健 第2-6表 身長・体重の平均値、性・年次×年齢別|厚生労働省
子供の年齢別平均身長(男子)14才(中学2年生)身長|スクスクのっぽくん
子供の年齢別平均身長(男子)14才(中学2年生)体重|スクスクのっぽくん
厚生統計要覧(平成29年度)第2章 保健衛生 第1章 保健 第2-6表 身長・体重の平均値、性・年次×年齢別|厚生労働省
子供の年齢別平均身長(女子)14才(中学2年生)身長|スクスクのっぽくん
子供の年齢別平均身長(女子)14才(中学2年生)体重|スクスクのっぽくん