自由研究は歴史の調べ学習がおすすめ!テーマ選びやまとめ方をご紹介 ( 3 )

STEP2:信頼性のある歴史資料を集めよう!

データ1:インターネットで枠組みを組み立てる

インターネットは複数の情報を一度に集めることができるツールなので、歴史をテーマにした自由研究の流れを決めるのに大変役立ちます。

信頼性がある情報を得る方法は以下の参考に詳しく説明されていますので、ご参考にされてください。

参考
信ぴょう性の高い情報をインターネットから探し出す方法|Growth Seed

データ2:歴史書や資料集で深掘りしよう

歴史をテーマにした自由研究をする場合は、インターネットだけで資料を集めるのではなく、歴史書や資料集も使いましょう。歴史に関しては、インターネットよりも本の方が情報量が多く、非常にまとまっているからです。

歴史書だと文字が多くて取り組みにくい場合は、漫画で楽しみながら調べてみましょう。

また、資料集は地図や写真が載っているので、視覚的に捉えるのに役立ちます。

歴史を深掘りする際、決めたテーマに特化した内容の歴史書があることが多いものです。読む本は1冊でも十分な情報を得られるので、信頼性の高い歴史資料を選びましょう。

参考
自由研究で徹底調査!夏休みに歴史を学ぼう|スタディサプリ中学講座

データ3:資料館の入場券や現地の写真を集めよう

歴史書がたくさん置いてあるのが図書館です。読みやすいかどうかも実際に手に取って確認することができるので、取り組みやすい本を借りましょう。

また、情報量が多く、視覚的にも学習できるのが資料館や博物館です。テーマがしっかりと決まっているので、より深くて信頼度の高い情報を的確に集めることができます。

資料を読むよりも、人の話を聞くのが得意な場合は、専門家に取材をしてみましょう。取材だと資料を読むよりも聞きたい疑問をピンポイントで知ることができる上、自分の考えている範囲を超えて有益な情報を得ることができます。

資料を集める際に訪れた場所の記録となる入場券やパンフレット、現地の写真を残しておきましょう。後で、自由研究を発表するための資料作りに役立ちます。

参考
図書館を使った調べる学習コンクール|公益財団法人 図書館振興財団

調査に行くときの注意

調査をするときには、いくつか子供に守らせないといけないルールがあります。調べ学習での子供の行動が周囲の迷惑にならないように、保護者が目を配りましょう。

  1. 自動車や歩行者に注意しましょう。調査のためとはいえ、危険なことをしてはいけません。
  2. 遠くに出かけるときは、保護者と一緒に行きましょう。
  3. 博物館や図書館や工場見学などでは、騒いだり走ったりしてはいけません。また、展示物は許可なく触らないように注意しましょう。
  4. 写真を撮影する物や場所には、許可が必要な場合があります。必ず近くの管理者に確認をしましょう。
  5. 取材をするときは、事前連絡で自分の名前と用件を伝え、相手の都合に合わせて日程調整をしましょう。当日は時間厳守で行動し、最初にしっかりと挨拶をしましょう。取材内容は決めておくと安心です。そして、取材終了後は必ずお礼を伝えるように指導しましょう。