そうめんのカロリーは高い?低い?低カロリーなレシピをご紹介 ( 2 )

そうめんでダイエットは可能?

低カロリーな食品である、そうめんを使ったダイエットができる可能性もあります。そうめんダイエットする上で、注意しなくてはいけないことはあるのでしょうか? ここではそうめんダイエットのメリットとデメリットをご紹介します。

そうめんダイエットのメリット

カロリーが低い

そうめんは白飯や中華麺・スパゲッティなどに比べると低カロリーの食品です。今まで主食として食べていたご飯やラーメンなどをそうめんで代用すれば、カロリーを抑えることができます。

アレンジがしやすい

そうめんはくせのない味なので、どんな調味料や味付けにも合う食材です。通常の醤油ベースのめんつゆだけではなく、ゴマ・野菜・果物・肉・魚・味噌など、さまざまな食材と合わせたアレンジメニューを作ることができます。飽きずに続けることができるのもメリットといえるでしょう。

そうめんダイエットのデメリット

栄養バランスが悪い

もともとそうめんには炭水化物・脂質・タンパク質・食物繊維・ミネラル(セレン、モリブデン)などの栄養素が含まれていますが、お湯で茹でて食べるという特性から、多くの栄養素が流出してしまいます。残る栄養素は炭水化物・脂質・タンパク質くらいです。

食べ過ぎてしまう可能性がある

喉ごしの良いそうめんはとても食べやすく、満腹感を得るタイミングが遅くなります。いくらカロリーが低くても、食べ過ぎてしまえば結果は同じです。そうめんでダイエットしているのに結果が出ないという人は、食べ過ぎてしまっている可能性があります。