そうめんのカロリーは高い?低い?低カロリーなレシピをご紹介

夏の食卓に登場する回数が多いメニューといえばそうめんです。特に暑い日のランチや食欲が出ないときには、どうしてもそうめんのメニューに頼ってしまいがちです。

さっぱりと喉ごし良く食べられるそうめんですが、カロリーを気にする人にとって、そうめんは適しているのでしょうか? あっさりした風味から考えるとカロリーは低そうと感じますが、どのくらいの量を食べたらカロリーがどれくらいになるのかは、なかなか意識できていないでしょう。

この記事ではそうめんのカロリーについてまとめました。同じそうめんを食べるときでも、低カロリーに抑えられるレシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

そうめんのカロリーは低い?

果たしてそうめんのカロリーは低いのでしょうか? 他の食品と比べながらそうめんのカロリーについてご紹介します。

他の食品との比較

そうめんを主食と考えた場合、他の主食級の食品とカロリーを比べてみます。茹(ゆ)でたそうめん1束分(135g)と同量にした際のカロリーで計算します。

そうめん 171kcal
白飯 227kcal
中華麺 201kcal
スパゲッティ 223kcal
うどん 142kcal

そうめんはカロリーが低いって本当? 管理栄養士が詳しく解説|macaroni より作成)

カロリーの多い順番は「白飯>スパゲッティ>中華麺>そうめん>うどん」となりますので、そうめんは比較的カロリーは低いということになります。ダイエットをしている人やカロリーの制限を行っている人は、スパゲッティ・ラーメンを食べるよりはそうめん、そうめんかうどんかとなった場合にはうどんを選ぶべきです。

そうめんとひやむぎの違い

そうめんとひやむぎは見た目も味もそっくりです。スーパーで見かけるこの2つの商品は、価格までほぼ同等であることが多く、「いったい何が違うんだ」と思うことがあります。しかしそうめんとひやむぎは見た目だけでは分からない違いが存在しているのです。

歴史 製法 基準
そうめん 中国から渡ってきた説が有力 植物油で長く伸ばした麺を日光で乾かして作る 直径1.3mm未満の太さ
ひやむぎ 室町時代の「切麦」が由来 生地を包丁で切って細打ちにしたもの 直径1.3mm~1.7mmの太さ

ひやむぎとそうめんの違いとは?気になる分類の仕方をチェック|macaroni より作成)

歴史や製法は商品を見ただけでは分かりません。またそうめんでも手延べそうめんの場合は麺の太さが均一ではないという特徴があるので、厳密な基準はないようです。消費者が区別するには、パッケージに書いてある「そうめん」「ひやむぎ」という商品名で違いを見るしかありません。