テスト前日は勉強しない方がいいって本当?テスト前日の過ごし方 ( 2 )

勉強が進まないときは?

子供の気分によってはテスト勉強が進んでいないというときもあります。そういったときは子供を責めないで対策を一緒に考えてあげましょう。子供と一緒に考えられる対策をいくつかご紹介します。

勉強する教科を厳選する

テスト前日はしっかりと教科を厳選して勉強するようにしましょう。どうしてもテスト前日から手をつけるには時間がかかってしまう教科もあります。できるだけ時間がかからずに勉強できる教科から勉強していくようにしましょう。

テスト前日に勉強すべき教科は、暗記教科や今までたくさん勉強してきた教科の復習に充てるといいでしょう。逆にこのタイミングから公式を覚えようとすると時間がかかってしまいます。こういった教科はできるだけ避けて、覚えやすいものから始めるようにしましょう。

また、暗記教科は寝る前に行うと記憶が定着しやすくなります。寝る前は暗記教科を赤シートなどで復習してから寝るといいかもしれません。

場所を変えてみるといい

景色が変われば気分も少し変わり勉強できるようになることがあります。自宅での勉強を強要しているのであれば、カフェや学校で勉強させてあげることも1つの選択肢に入れておきましょう。

いつもとは違う環境で勉強することや周りの目があることが、勉強を促進させることもあります。子供の勉強がうまく進んでいないのであれば提案してみるのもいいのではないでしょうか。

最近では街中に自習室ができるなど、勉強できる空間も多くなってきています。インターネットで検索するだけでも自宅近くの勉強場所を見つけることができます。親御さんから少し提案してあげるのもいいでしょう。

また、場所を変えるといっても自分の部屋ではなくリビングで勉強するというのも1つの方法です。ちょっとした環境の変化だけでも集中力が変わるので、子供に思い切って提案してみましょう。

東京ガス都市生活研究所が行った「子どもの勉強実態と親の意識」という調査では、年齢を重ねるごとに自宅での勉強時間が減っていっていることが明らかになっており、自宅外での勉強時間が多いことが読み取れます。

もし、子供が自宅外で勉強したいというのであれば、あまり干渉せずに素直に行かせてあげましょう。ただし、年齢によってはあまり遅くなるのは危険なので帰宅時間を設けてあげるといいでしょう。