テスト前日は勉強しない方がいいって本当?テスト前日の過ごし方

子供の勉強の中で大きな試練となるのがテストです。親にとっても不安になるものですが、しっかりと勉強しなければいけません。

しかし、子供がなかなか勉強しないという悩みを抱えている親御さんも多いでしょう。そこで今回はテスト前日に勉強すべきなのかと、どうやったら子供が勉強に向かってくれるのかについてご紹介します。

テスト前日に勉強はすべきなのか

テスト前日の勉強の仕方は子供それぞれだとは思いますが、やり方によっては効率が良くも悪くもなります。そもそも勉強をしないという子供もいますが、これは正しいのでしょうか。

結論:勉強すべき

テスト前日は原則的に勉強しましょう。ただし、ある程度勉強する時間は制限するようにしましょう。徹夜で勉強をする学生も多いですが、あまり効果的ではありません。

また、どちらかといえば普段どおりの生活をするようにしましょう。いつもの慣れた生活リズムではない生活をすると、なんだか調子が悪いと感じる人もいるようです。

自分の普段どおりの勉強を行い、あまり体の負担にならないようなテスト前日を過ごすようにしましょう。

前日に覚えた暗記問題が試験に出てきた、前日に見た参考書の内容が試験に出たなどもよく聞きます。テスト前日は無理しないで自分のペースで勉強をするように子供に伝えてあげましょう。

テスト前日に勉強すべき教科

テスト前日に勉強する際には演習系の教科と暗記系の教科で分けるようにしましょう。もちろん、どちらも勉強することは大切ですがしっかりと順番を考えて勉強しましょう。

演習系の教科を勉強する際はすべての情報が載っている章末問題などを解くとより効率的に勉強でき、知識も定着しやすいでしょう。ただし、演習などの勉強はとても時間がかかり脳みそも疲れるので、できるだけ早めにやっておいた方が得策です。

逆に暗記系の教科は就寝前に勉強した方が知識として定着しやすいです。

また、できれば次の日にテストがある教科のなかでも自分にとって自信のないものを勉強するようにした方がいいでしょう。自信のない教科を勉強することである程度の不安を取り除くことができます。

不安はテスト当日にも響くこともあるので、できる教科を百点にするよりも不安な教科を勉強して不安を取り除くといいでしょう。

子供が勉強する教科が絞れないようでしたら、提案してみてはいかがでしょうか。