サンモール・インターナショナル・スクールの評判や授業料のご紹介 ( 2 )

学び(学年コース)

サンモール・インターナショナル・スクールの特徴は、世界30ヶ国以上の生徒がいることです。さらに、教職員スタッフも国際色豊かな人材をそろえていることも特徴の1つです。ここでは、グロバールということを意識せざるを得ない環境が整っています。したがって生徒たちは、国際的な経験と多様な文化を体験し、将来のあらゆる困難を乗り越える知恵を得ることができるのです。

宗教については、生徒自身の宗派が問われることはありません。当然、国籍も問われません。皆が自由を謳歌できることを基本にした学びを得る環境が整えられています。年齢は2歳半から18歳までを受け入れています。

また、サンモール・インターナショナル・スクールでは“Adult Enrichment Program”を実施しています。これは教育理念を表すもので、学びとは楽しみを見いだしながら長期にわたって知識を積み重ねて身につけていくものであるという考え方です。この理念にもとづいた教育が行われています。

ここからは、そんなサンモール・インターナショナル・スクールの学年別のコースを簡単にご紹介します。

モンテッソーリ幼稚園

対象となるのは、2歳半~5歳の園児です。モンテッソーリ教育を開拓し実践する幼稚園です。ここでは子供たちの興味にしたがい目が輝くような教育がなされています。子供たちの知的好奇心を育むユニークな方法として、日本で国際モンテッソーリ教育を開拓しました。

小学校

小学校部門(1~5年生)は、学業はもちろんのこと、道徳や創造力、生活技術、身体能力、社会性が身につくようバランス良く考え抜かれた教育が熱心に行われています。通常のカリキュラムだけでなく、仮に他校に転校、編入した場合にも問題なく対応できるように、芸術や音楽、語学、体育などの授業にも力を入れています。

中学校

中学校部門(6~8年生)は、ここでも小学校部門で必要とした道徳や創造力、生活技術、身体能力、社会性を身につけるカリキュラムやプログラムの組み立てに比重を置いています。さらに、新しい物事に常にチャレンジして向き合える人格づくりのため、課外活動を重視しています。

高校

高校部門は、あらゆる可能性に門戸を開く意味で、海外の大学への進学を前提にしたとても高度なカリキュラムが組まれています。サンモール・インターナショナル・スクールで、最も特色があるのは、インターナショナル・バカロレア、IGCSE、AP といった試験準備講座が、導入されていることです。

また、日本の文部科学省の許可も取得しているので、日本の大学への進学も可能であり、海外の進学を念頭にしたCIS(Council of International Schools)、NEASC(New England Association of Schools and Colleges)などの許可も取得しています。

課外活動

サンモール・インターナショナル・スクールが特に力を入れているのは、課外活動です。その代表的なものが、スポーツや芸術で、ここには、サンモール・インターナショナル・スクールの教育理念が最もよく反映されています。積極的に参加する生徒たちは、コミュニケーション能力、表現力、柔軟な適応性、社会性が正しく育成されます。

スポーツの分野では、最先端設備がそろった体育館、バッティングケージ、さらにゴルフができる施設が利用可能です。年間を通じ、公式戦・非公式戦が行われ、交流が盛んに行われています。

芸術の分野でも、Fine Arts Departmentがあり、芸術や音楽面での技術や感性を磨くための最先端設備が整った講堂を構えています。生徒たちは、日本国内にとどまらず、海外でも公演を行うチャンスを有しています。

エコールフランセーズ

エコールフランセーズとは、学内に設けたフランス人学校のことで、少人数制です。2007年8月より開設しました。