【中学生のバレンタイン】渡し方のコツと簡単おすすめレシピ3選 ( 3 )

中学生におすすめ!簡単バレンタインレシピ3選


中学生となると、手作りのチョコレートを渡したい! と親へ相談する子供もいるでしょう。今回は中学生におすすめの簡単バレンタインレシピを3つご紹介します。

友チョコに!デコレーションマシュマロ

中学生のバレンタインチョコは、その多くが同性の友達に渡されます。見た目がかわいいお菓子であれば、友達も喜んでくれるかもしれません。かわいくて簡単なお菓子レシピの例として、デコレーションマシュマロをご紹介します。

具体的な作り方は以下のとおりです。

  1. チョコレートを細かく刻み、湯せんにかけて溶かします
  2. ストローにマシュマロを刺して、溶かしたチョコレートでコーティングします
  3. 表面が固まるまで常温で放置します
  4. デコレーション用のホワイトチョコレートを刻み、湯せんにかけて溶かします
  5. 3に4のチョコレートをかけ、アラザンやカラースプレーで飾りつけたら完成です。

参考
可愛い!楽しい!デコレーションマシュマロ|kurashiru
数本をセットで渡せば、さらにカラフルさが際立ちます。ストローの柄を工夫すると、より華やかな見た目に仕上げることができるでしょう。

電子レンジで!チョコもち

中学生の中には、周りの友達とかぶらないお菓子を作りたい! という子もいるでしょう。そんな中学生におすすめのバレンタインレシピとして、チョコもちをご紹介します。

具体的な作り方は以下です。

  1. 板チョコ1枚のうち6かけらを残し、それ以外を刻みます
  2. 耐熱容器に刻んだチョコレートと切り餅100g、三温糖と牛乳を大さじ1杯ずつ入れます
  3. 2を600Wのレンジで1分熱して混ぜます。混ぜたらもう1分加熱します
  4. 別の容器に片栗粉を適量入れておきます
  5. 4に3を入れ、1口サイズにちぎります
  6. 残しておいたチョコレートを5で包みます
  7. ココアパウダーを全体にまぶせば完成です。

参考
レンジで簡単!チョコもち|kurashiru
お正月に残った餅があれば、チョコもちとして使用してみてはいかがでしょうか?

ポイントはマシュマロ!チョコムース

もっと高級感のあるお菓子を作りたい! という中学生には、材料3つで簡単にできるチョコムースがおすすめです。

具体的な作り方は以下のとおりです。

  1. ココアパウダー20gを入れたボウルに200mlの牛乳を少しずつ加えて溶かします
  2. マシュマロ100gを加え、600Wの電子レンジで1分30秒加熱します
  3. 取り出しかき混ぜて、もう1分加熱します
  4. マシュマロが溶けるように、しっかりかき混ぜます
  5. 4をこして、ムースの容器に入れます
  6. 冷蔵庫で2、3時間冷やし、固まったら完成です。

参考
メレンゲ不要!簡単チョコムース|kurashiru
カップに入っていることで、手の込んだバレンタインチョコのように見せることができるでしょう。

ルールを守って楽しいバレンタインにしてあげよう!

多くの子供が思春期を迎える中学生の時期は、バレンタインを今まで以上に意識する子供もいるかもしれません。しかし楽しみたいあまりに校則を破ってしまったり、周りに迷惑をかけたりすることのないように気をつける必要があります。

我が子のバレンタインが楽しい思い出になるように、お菓子のレシピや渡し方についてアドバイスをしてあげましょう。

参考
「女子中高生とバレンタインに関する調査」|プリキャンティーンズラボ

この記事をかいた人

mio_yamamoto

立教大学観光学部卒。豊かな教育は豊かな街を作ることに繋がると考え、教育業界にて6年間講師職に従事。現在は働く人を支えるべく、社会保険労務士の勉強中。趣味はアンテナショップ巡りとプログラミング、iPadで写真に手書き加工をすること。食べることが大好きで全体的に太ってきてしまったので、暇さえあればストレッチや筋トレに励む毎日です。