獣医学部ってどんな学部?授業内容や取れる資格、卒後の進路をご紹介

動物病院に勤めている獣医師の資格が取れる獣医学部ですが、どんなことを勉強するのでしょうか。卒業後は全員獣医師になるしかないのか、など学部についてよく知らない人が多いのではないかと思います。当記事では、獣医学部とはいったい何を学び、6年間の学生生活をどう過ごすのか、また卒業後の進路にはどんな道があるのかご紹介します。

獣医学部ってどんな学部?

獣医師になることをイメージしてしまう獣医学部ですが、何を学ぶための学部なのでしょうか?

人や動物との関係の中での生命科学を学ぶ

獣医学部とは、主に獣医師の育成を目的にし、動物の病気の診断・予防・治療方法などを授業や実習をとおして学んでいく学部です。医学部や歯学部、薬学部と同様に6年制でカリキュラムが組まれており、大学によって「獣医学部」「農学部獣医学科」という名前で設置されています。

かつては、牛・馬・豚・鶏・養殖魚介類の産業動物を守ることで生産性を向上させ、安心安全な食品を消費者に提供することが獣医学の目的でした。しかし、近年では動物とふれあうことで心身が健康になるアニマルセラピーや、ペットの高齢化への対応など、いわゆる人がペットとして飼う動物のケアやそれにともなう人間の心理についての研究も進められています。

6年間の学生生活の様子

獣医学部の6年間とは、どのように過ごしていくものなのでしょうか?

1年次

大学に入学したての1年次は、大学生活に慣れながらも獣医学の専門的な科目に入る前の素地を作る学年です。大学によっては日本国憲法や心理学など、いわゆる一般教養科目の授業を多く受講しながら、獣医学概論などで獣医学の大枠をつかむようなカリキュラムが組まれています。

2年次

2年次から専門科目を学び始める大学が多く、獣医学の科目の中でも動物遺伝学や獣医生理学などの獣医学の基礎となる科目からスタートです。

3・4年次

3・4年次では2年次に学び始めた専門科目から、より詳しい内容に移行していきます。食品の衛生検査および監視・指導、環境衛生についての科目や畜産振興と公衆衛生の向上に関連のある科目、生命の本質とは何かを究明する科目など、獣医学についてより深い学問分野へ細分化されていきます。

また、4年次よりいわゆる「ゼミ」がスタートする大学も多く、獣医学の中でも自分がより興味を持って取り組める分野の研究室へ所属して、研究活動を行います。

5・6年次

5・6年次になると大学の講義はもちろん、実習が本格化してきます。家畜保健衛生所や動物病院、動物園などさまざまな実習地に行き、現場の獣医師からも教わりながらも実際に獣医師の仕事を体験していきます。ゼミも最後の卒業論文を仕上げる大切な時期となってきます。

獣医学部で取れる資格

大学にもよりますが、獣医学部では獣医師以外にも取得できる資格があります。

獣医師

獣医学部で取れる代表的な資格が「獣医師」の資格です。獣医師の資格は医師や薬剤師、歯科医などと共に国家資格となるため、毎年実施される農林水産省の獣医師国家試験を受験し、合格しなければなりません。

獣医師の資格があると動物病院以外にも、国家公務員・地方公務員の仕事や、製薬会社でも働き口があるため、獣医学部へ進学するのであれば絶対に卒業時に取得しておきたい資格となります。

参考
獣医師国家試験|農林水産省

ペット栄養管理士

あまり聞きなじみがないかもしれませんが、日本ペット栄養学会が主催している「ペット栄養管理士」はペットの栄養に関する知識の普及と指導ができる資格です。ペットの栄養指導・管理などを実施する際に必要や知識を学ぶことができます。

参考
資格取得方法|日本ペット栄養学会

家畜人工授精師

家畜人工授精師とは、その名のとおり家畜の人工授精を円滑に行うために必要な国家資格です。なお、獣医師の国家試験に合格した場合、獣医師は無条件で同じ業務が行えるため、特別にほかに取得する必要はありません。

認定動物看護師

一般財団法人動物看護師統一認定機構が実施している資格試験に合格すると「認定動物看護師」となれます。動物看護士はほかに民間団体が主催する資格試験もありますが、資格試験の質や技術に差が出てしまうため、動物看護師統一認定機構が実施している試験で合格した者だけが「認定」の動物看護師となります。

主な業務は、動物病院などで獣医師の指示の下で診療補助、カルテの作成、入院している動物の食事や健康管理・世話、血液や糞便などの検体検査、薬の管理、清掃、受付などです。

参考
一般財団法人動物看護師統一認定機構

種畜検査員

家畜改良増殖法第4条という法律で、種畜証明書の交付を受けなければ種付け、または家畜人工授精用もしくは家畜体外受精用の精液を採取できないことになっています。そのため牛や馬など政令で定めらている家畜動物の雄は、家畜改良センターで毎年行われる検査を受ける必要があります。この検査を行えるのが種畜検査員です。種畜検査員は獣医師資格があれば行える業務となります。

食品衛生管理者(任用)

獣医師資格があれば行えるのが食品衛生管理者(任用)の業務です。食品衛生法施行令で定めるものの製造や加工を衛生的に管理するため、営業者は施設ごと専任の食品衛生管理者を置かなければならないことになっています。

参考
食品衛生管理者|厚生労働省

獣医学部で学ぶ授業内容

獣医学部ではどのような授業が行われているのでしょうか?

獣医学入門(北里大学)

2年次で実施されるこの講義は、獣医学の専門的な学問がどのような形で成り立っているのかを詳しく学びます。獣医学の専門教育は下記の3つから成り立っていることを理解し、実習などをとおしてさらに深めていきます。いわば専門的な学問の入り口の部分に当たります。

  • 生体機構系(動物の体の仕組み・メカニズムなど)
  • 予防衛生系(病原菌や伝染病の感染を防ぐ・発症させないためにはどうしたら良いか)
  • 臨床系(病気になった場合、処置や手術、投薬や治療はどうしたら良いか)

獣医画像診断学実習(日本獣医生命科学大学)

人間もレントゲンなど画像を撮って治療する場合があるように、獣医学部でも動物を画像で診断を行うための実習を行います。講義で学んだ知識を基盤に、X線、CT、MRIなどの使い方や撮れた画像の見方を習得します。特にX線画像の見方については、多くの画像を見て診断を実際に行うことで技術が培われるため、実習は非常に大切な講義となります。

獣医病理学実習B(日本大学)

2年次に行われる獣医病理学実習Aで骨格筋や各臓器の仕組みなど動物ごとの基本的な体の造りを理解した後、この獣医病理学実習Bでは実際に実験動物を使った実習が行われます。

対象の実験動物に見られる障害や炎症、腫瘍や感染症を、組織標本とスライドを使って説明したり、スケッチを行います。体の仕組みや構造から見て、病気で体がどのように変化するのかを理解する実習です。

獣医学部を卒業したあとの進路

獣医学部を卒業すると動物病院に就職をするイメージが強いですが、実際はほかにもいくつかの進路があります。

動物病院

代表的なのが獣医師として動物病院などに就職する進路です。クリニックから大規模な病院まで就職先の規模はさまざまです。入院施設やペットホテルも併設している病院もあります。

動物の容態次第では緊急手術や診療時間外での対応が必要となる場合もあるため、勤務時間が長くなることも多いです。また獣医師としてのスキルを日々高めなければならないため、休みの日に学会やセミナーへ参加することもあります。何年か動物病院で働いた後、独立してクリニックを開業する獣医師もいるようです。

動物園・水族館・公営競馬

動物園や水族館で働いている獣医師の場合、主な業務はその施設で飼育されている動物の健康管理や診療です。基本的には動物が病気にかからないように予防に注力し、残念ながら死亡してしまった動物は病理解剖を行ってほかの動物の健康管理に役立てたりします。

基本的な勤務時間は施設の営業時間に合わせてシフト制のところが多いようです。ただ、動物が病気あるいは出産間近の場合は出勤する必要があります。これらの施設は自治体が運営している場合は地方公務員として働くことになるため、休みなどは取りやすい傾向にあるようです。

国家公務員

獣医師の資格を取って、国家公務員として農林水産省や厚生労働省で働くという進路もあります。しかし、国家公務員の試験に合格する必要があり、高倍率を勝ち抜かなければなりません。

主な仕事は、空港や海港にある検疫所で海外から日本に伝染病・感染症が入ってこないよう、あるいは逆のことが起きないようにしています。食品の安全や動物由来の感染症が人に感染ないように対策を講じるのです。これ以外にも食品衛生行政の専門家として、WHOやJICAなどの国際機関に派遣されることもあるようです。

地方公務員

都道府県の地方公務員として、畜産行政や公衆衛生に関わる仕事にも就けます。基本的には公務員試験を受験し、合格する必要があります。学生時代に修学資金制度を利用している人は、地方公務員として働くと学生時代に貸与された修学資金を全額免除してもらえることもあります。

地方は近年、獣医師資格を持った公務員が不足しているため、公務員として安定した仕事に就きたいと考えている人にはチャンスです。

家畜診療所

畜産農家などから依頼を受けて、産業動物の診療や出産などのケアを行う診療所です。畜産農家の場合、動物は商品であり、病気になると経営が成立しなくなる場合もあるので、病気予防などのアドバイスも行います。

基本的には畜産農家を1日に複数件か往診をして診療を行いますが、緊急時には夜中でも駆けつけて対応する必要があります。

製薬会社

意外かもしれませんが、獣医師の就職先には製薬会社も候補に挙げられます。獣医学に関する知識を生かして、動物用の医薬品研究や開発に携わります。

ほかにもある!獣医学部の進路

6年間の学士過程を経て、さらに獣医学を研究したい人はそのまま大学院へ進学する場合もあります。この場合、最終的には大学や各種研究機関での研究職として就職することになります。

また、ペットショップやペットフードを作っている会社、ペット保険を取り扱う保険会社など、獣医学の知識を生かした活躍の場は多くあり、人間が動物と共に生き続ける限りは必要な専門知識であると言えます。

終わりに

獣医学部とはいったいどのようなことを学び、6年間の学生生活をどう過ごすのか、また卒業後の進路にはどのような道があるのかなどについて紹介しました。獣医学部は動物の体や生命について深く学び、学んだ知識や身につけたスキルを活かして活躍できる場が多くあります。進学先や学部選びの参考にしてみてください。

参考
獣医学|大学進学情報のゴートゥースクール
獣医師の就職先・活躍できる場所は?|スタディサプリ進路
【獣医学部とは】学べることや大学の偏差値、学費まで教えます|StudyPlus
獣医師国家試験|農林水産省
カリキュラム|日本獣医生命科学大学
カリキュラム|日本大学 生物資源科学部 獣医学科
獣医学科 授業科目一覧|北里大学獣医学部

この記事をかいた人

ニーガタのオーモリ