子供一人でもできる!百人一首の自動読み上げ方法まとめ

百人一首にはいろいろな楽しみ方があります。子供のころに坊主めくりで百人一首に親しんだ人は多いのではないでしょうか? 現在では、小学校入学時にお祝いとして百人一首を贈呈し、学校の指導の中で百人一首を取り入れているところもあるそうです。古典に親しむことができる、語彙力がアップする、歴史の知識が増えるなど、多くの教育効果があると言われているからです。また、競技かるたを題材にした漫画『ちはやふる』は発行部数2,100万部を超える大ヒット作品となっていて、映画化もされたこの作品をきっかけに百人一首に興味を持つ子供が増えてきているようです。

今回は、百人一首かるたの練習をするとき、子供だけでもできる自動読み上げの方法をまとめました。さまざまな方法があり、料金も幅広いです。各家庭に合った方法を見つける際の参考にしてください。

かるたの「読み手」に必要なこと

百人一首のかるたには、歌、すなわち句を読み上げる「読み手」という人がいます。この読み手がいなければ百人一首かるたはできません。そして、競技かるたの場合は『公認読手』と言われる資格が必要であるほど重要なポジションなのです。

「読手」にも種類があります。

公認読手A級

  • 三段以上の者であること(競技ができなければいけない)
  • 所属する会の会長の推薦があること
  • 協会の専任読手選考会で決定する

公認読手B級

  • 協会が主催する読手講習会に参加していること
  • 初段以上の者であること(競技ができなければいけない)
  • 所属する会の会長の推薦があること

このように厳格なルールが設定されています。そのため、競技かるたに挑戦しようと思ったときには、この読み手を確保しなくてはいけません。ただ、素人がいきなりやるのは非常に困難です。競技者に聞き取りやすい発音や音程などを意識して行う必要があるからです。読み手とは、さまざまな経験や工夫がなければできないものなのです。

競技かるた独特の節回し

競技かるたの節回しは非常に独特です。どのようなものかよく分かるシーンは、新年に皇居で行われる歌会始でしょう。節回しは、「飛鳥井流」と呼ばれるものが主流で、甲調・乙調・上甲調の3種類があります。甲調はだんだん下降してゆき、最後の音はほとんど聞き取れないほどになります(上甲調はその完全五度上)。これに対して、乙調は冒頭から音が変化に富み、そのまま高音へ移行するなどかなり音楽的な節回しとなっています。この三つの調子を組み合わせて、多くの歌が単調にならないよう、バリエーションを持たせています。

このような節回しはそれなりの訓練が必要となってきます。競技かるたの読み手は、きちんとした訓練を受けた者でないとできないものなのです。

読み上げ機も存在!

百人一首の読み上げには、専用の読み上げ機が開発されています。株式会社マウビックの提供する「ありあけ」という専用の読み上げ機があります。「ありあけ」は、一般社団法人 全日本かるた協会専任読手の読み上げによる、日本で初めての実用レベルの百人一首読み上げ機です。歌の収録には一般社団法人全日本かるた協会の全面的な協力を得ています。すべての歌は一首ごと確認され、有段者の練習にも使用できるよう、細部まで行き届いた内容になっています。

ランダム再生で実戦的な練習ができるので、家や部活動の練習の際に使用されています。今までは読み手になっていた人も、「ありあけ」を使用することで、実際に競技者として参加できるという利便性の良さがあります。リモコン付きの場合は4万5,000円、リモコンなしの場合は3万9,000円で入手が可能です。

手軽に楽しむ!読み上げ方法3つ

百人一首のかるたには必ず読み手が必要です。複数人で練習ができるときはいいですが、1、2人で百人一首をする際には、何らかの形で読み上げをしてくれるものを探さなくてはいけません。ここでは簡単に練習ができる読み上げ方法を3つご紹介します。

1・スマートフォンアプリ

現在はスマートフォンアプリでも百人一首の読み上げができるものがあります。有料のものから無料のものまでありますので、ご自身のスマートフォンに対応したアプリをダウンロードして使用してみてください。

①「蝉丸-梅-」(iPhone/有料)

「蝉丸-梅-」はiPhone専用のアプリで、有名な百人一首読み上げアプリです。利用するには720円の料金が必要です。石川県のかるた協会が監修し、開発されたもので、対象年齢は4歳からとなっています。読み手はA級公認読手が行い、シンプルな操作が使いやすいと評判です。梅のほかのグレードとしては松(2,000円)と竹(1,400円)があります。松は梅の機能にはない札セット機能が追加されていて、苦手な札の部分練習などにも使用することができます。外部スピーカーを接続すれば、試合形式の練習にも使えるので、非常にコスパのいい便利なアプリです。

蝉丸-梅-のリンクはこちら

②「百首読み上げ」(iPhone/無料)

「百首読み上げ」もiPhone専用のアプリですが、何といっても最大のメリットは無料でダウンロードできることです。検索キーワードで抽出した句だけを詠んだり、初心者モードの設定ができたりと、無料でもさまざまな機能が使えます。ボーカロイドが読み手となり、「上の句だけ聞いても下の句が分からない」という初心者のために、下の句まで続けて読み上げてくれる機能もあるので、競技かるたを始めたばかりのときに活用できるアプリです。スピーカーに繋げれば、子供と2人でかるたを楽しむことができます。

百首読み上げののリンクはこちら

③「ありあけ2」(Android/有料)

「ありあけ2」は有名な百人一首読み上げ機「ありあけ」のアプリ版です。機能が改良され、「ありあけ」ではできなかった札選択が可能になっています。家庭モードや競技モードなどを選択できるので、レベルに合わせた練習を行うことができます。また、あいうえお順・和歌のジャンル・決まり字などを設定して読み上げをすることも可能です。読み上げは専任読み手の吉川氏。ちなみにインストールの料金は少し高めの設定で、3,000円となっています。iPhoneユーザーが使えないのは少々残念ですが、「ありあけ」本体は高価で手が出ないというAndroidユーザーにはおすすめのアプリです。

ありあけ2のリンクはこちら

④「わすらもち」(Android/無料)

「わすらもち」はAndroid専用のアプリで、覚えた句を非表示にする暗記モードが搭載されています。画面に表示されている句にはフリガナが振られているので、初心者の方が百人一首を効率的に覚えるには最適のアプリです。歌の意味を知りたいときには、長押しタップすることで簡単にネット検索もできます。SDカードや内部のストレージにある音声ファイルを読み手として使用できる機能は、とても画期的なものです。

わすらものリンクはこちら

2・音声ダウンロード

読み上げ方法の1つに、PCサイトからのダウンロードも利用できます。自宅などで練習をする場合、PCを持っていれば、無料で利用することができます。ぜひ役立ててみてください。

①「左大臣.com」から

「左大臣.com」は、歴史や古典作品の解説や朗読CDを販売しているサイトです。以前はCD-ROMで百人一首の読み上げを販売していましたが、現在はオンライン版に移行しており、有料版もありますが、スマートフォン・PC・タブレットで百人一首のすべての句を無料でダウンロードすることもできます。ランダムに再生することで、競技かるたの練習を行うことができます。また観賞用として利用している人も多く、百首一気にダウンロードができるパターンと、一句ずつ好きなものをダウンロードするパターンがあります。

左大臣.comの公式HPはこちら

②「NHKアーカイブス」から

「NHKアーカイブス」とは、NHKの番組を制作するための素材や、データベースなどを保管している仕組みや施設などの総称です。「NHKアーカイブス」では、百人一首の読み上げ機能があり、画面上に百首が番号順に表示されています。自分の必要な句だけをダウンロードするのも良し、百首すべてをダウンロードして、練習に使用するのも良し……元NHKのアナウンサーが読み上げを行っています。こちらも無料で利用できるので、とても便利です。

NHKアーカイブスの公式HPはこちら

③「百人一首 ワンダーランド」から

「百人一首ワンダーランド」は東京書籍株式会社の提供する、無料の百人一首読み上げシステムです。東京書籍株式会社は教科書などを作っている会社です。「百人一首ワンダーランド」最大の特徴は、読み手が大人用と子供用に分かれているところです。大人の読み手バージョンは一般社団法人全日本かるた協会A級公認読手によるもので、百首全部を一括ダウンロードする方法と、一首ずつ分けてダウンロードできる方法の2種類があります。

百人一首 ワンダーランドの音声ダウンロードはこちら

④「百人一首ガイド」から

「百人一首ガイド」は百人一首の句を1つずつイラスト付きで説明しているサイトです。もちろん音声のダウンロードも可能で、連番一覧・作者50音順から検索することも可能です。読み上げの音声には、歌の番号・作者が読み上げられていて、琴の演奏がBGMで流れています。風流な雰囲気を楽しみながら、百人一首に親しむことができるでしょう。

また、イラストをクリックすると、現代語訳・歌の解釈・作者とプロフィール・雑学・豆知識が詳しく載っています。百人一首に興味を持ち始めた子供には、非常に親しみやすいサイトです。

百人一首ガイドの公式HPはこちら

3・AIスピーカーを使う

AIスピーカーとは、人工知能を搭載することによって人の言葉を理解し、音声アシスタント機能を持つスピーカーのことです。天気やニュースの読み上げ、家電製品の操作、インターネット上での買い物までできる最先端の機器です。スマートフォンなどにも同様に機能がありますが、タップしたりする操作が必要。AIスピーカーの場合は、音声のみで対応ができるのです。

AIスピーカーをお持ちのご家庭なら、AIスピーカーの音声サービスで百人一首を読み上げてもらうことも可能です。2018年2月の毎日新聞では、実際に1月度の音声サービスランキングで、百人一首の読み上げが18位から6位に順位を上げたと報じられました。このことから正月にAIスピーカーを読み手として、百人一首かるたを楽しんでいる人が多くいることが分かります。音声だけで対応してくれるので、子供でも利用することができます。日本の伝統文化と最先端の技術が融合しているのは非常におもしろい傾向であると言えます。お正月だけではなく、普段の練習の際にもぜひ活用してみてください。

created by Rinker
Amazon
¥11,340 (2019/06/24 19:33:07時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

百人一首は通常のかるたとは異なり、知識や経験が必要な競技です。試合のときだけやっていても、上達は望めません。早く上達をしたいのであれば、歌を覚えるのはもちろんのこと、読み手が読み上げた札を取るという一連の流れに慣れる必要があります。そのためにはやはり地道な練習や訓練が大切なのです。

「ありあけ」は非常に有名な読み上げ機ですが、自宅の練習用には少々高価です。もっと気軽に楽しみたいという方は、ぜひスマートフォンのアプリや無料のPCサイトなどを使用してみてください。無料のものでも十分雰囲気を味わうことができますし、暗記をサポートしてくれる機能などもついています。

また家庭で子供と一緒にかるたを行う際にも、読み上げアプリやAIスピーカーなどを使うことで、よりいっそう雰囲気を味わうことができます。百人一首と言うと通常のかるたよりも少々ハードルが高く感じられますが、堅苦しく考えず、気軽に百人一首かるたに親しんでみてください。

参考
アマゾンエコー・正月は家族でAI 百人一首が人気上昇|毎日新聞
かるたの「読み手」日本一の高校生「選手が取りやすいように」発声を工夫|高校生新聞ONLine
蝉丸 -梅-|App Storeプレビュー
百首読み上げ (Shuffle 100) |App Storeプレビュー
百人一首読み上げ「わすらもち」|Google Play
小倉百人一首 音声つき|左大臣どっとこむ
百人一首読み上げソフトまとめ |NAVERまとめ
「ありあけ2」|Google Play
百人一首|NHKアーカイブス
ありあけ|株式会社マウビック
百人一首ワンダーランド|東京書籍
小倉百人一首読み上げサイト|百人一首ガイド

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)