親子で一緒に楽しもう!凧揚げの作り方や高く飛ばすコツを紹介

凧揚げはお正月の風物詩の1つです。昔は広い原っぱや河原などで凧揚げを楽しむ子供がたくさんいました。しかし現在では生活環境の変化により、凧揚げができるような場所がなかったり、スマートフォンやゲームの台頭により家の中で遊んだりすることが増えてきたため、以前のような光景はなかなか見かけなくなりました。

お正月とはいえ、天気が良ければ子供には外で思い切り遊んでほしいものです。そこで今回は、親子で一緒に楽しめる凧揚げについて、現在の流行りや由来、手作りの凧の作り方や凧揚げのコツなどを詳しくご紹介します。凧揚げは子供だけの遊びではありません。ぜひ昔を思い出して、親子一緒に楽しんでみてください。

凧揚げは中国から伝わる遊び

日本の凧のルーツは、中国から伝わったという説があります。5~6世紀ごろの中国では、古くから凧を占いや軍事用の伝達に利用していたといわれています。日本に伝わったのは平安時代でしたが当初は貴族の遊びとして取り入れられていました。戦国時代には敵陣までの距離を測ったり、遠くへ放火する兵器などの軍事目的に利用されていたこともあります。

凧揚げが日本のお正月の遊びとして広く伝わったのは、江戸時代の後半。このころからようやく庶民の遊びとして認知されてきたのです。『立春の季に空に向くは、養生のひとつ』ということわざがありますが、これは『暦の上で春になる立春に、外で空を見上げると健康にいい』という意味があり、お正月の遊びとして凧揚げが取り入れられるようになったといわれています。

凧揚げには4つ種類がある

一概に凧といってもいろいろな種類があります。

  1. 角凧:日本では最も一般的な凧。長方形や正方形で和紙などを原料に作られている。
  2. ゲイラカイト:NASAの元技術者が開発したプラスチックフレーム+ビニールの凧。昭和40年代に爆発的な人気を誇った。
  3. 連凧:小さな凧をいくつも連ねて作られている凧。単体の凧よりも風にのって揚げることができる。
  4. バイオカイト:流体力学や航空機力学を応用した凧。重量が軽いことで微風でも高く揚げることができる。

このほかにもスポーツカイトなど、新しい凧が開発されています。子供の年齢や体力に応じて、どの凧を使うか検討するのも楽しいかもしれません。

自宅で簡単にできる凧揚げの作り方

凧は自宅で簡単に作ることができます。手作りというとなんとなくハードルが高く感じられてしまいますが、特別なものを用意する必要はありません。どの家庭にもあるもので作ることができるので、ぜひ子供と一緒にオリジナルの凧を作ってみてください。

軽い素材を用意しよう

凧を作るときに必要なものはとてもシンプルです。ただし忘れてはいけないのは『軽い素材を選ぶ』ということ。凧本体の素材としては、

  • 不織布
  • ビニール袋(レジ袋でもOK)
  • 半紙

などが適しているといえるでしょう。特にビニール袋はどの家庭にもあるものです。色つきのものや、スーパーのロゴの部分などを活かして作るのもおもしろいでしょう。また無地の部分に子供に絵を描かせるのもいいかもしれません。このほかに必要なものは

  • マジック
  • はさみ
  • 凧糸(普通の糸でもOK)
  • 楊枝
  • 型紙を作る長方形の紙

などです。あらためて購入しなくてはいけないものがあまりないので、ぜひ一度手づくり凧に挑戦してみてください。

ビニールに印をつけてカット

凧を作るにはまず最初に型紙を作ります。

  1. 作りたいと思うサイズを決めて、長方形の型紙を準備する。
  2. 縦に3等分に折る。
  3. そのまま横に4等分に折る。
  4. 12等分された紙の上1/3の部分と残り2/3の部分に線を引く。
  5. 余分な部分を切り取る。→これで型紙が完成。
  6. 型紙をビニールにセロハンテープなどで固定する。
  7. マジックで型紙の形をビニールに描く。
  8. ビニールを型紙の形に切り取る。

型紙を折るときに注意したいのは、出来上がりがアンバランスな形にならないよう、きっちりと折ることです。もちろん線を引くときは定規を使用して曲がったりしないようにしましょう。

また型紙をビニールに貼るときは、きちんとセロハンテープやビニールテープで固定してください。またあまり力を入れて書いてしまうと、ビニールが寄れてしまったり、途中でずれてしまったりすることがあります。少しでもずれてしまうときちんとした形の凧ができません。小さい子供と一緒に作る場合は、親が手伝ってあげるのがいいでしょう。

骨と紐を付ければ完成

次に骨と紐をつければ、いよいよ凧の完成です。

  1. 左右天地均等にまっすぐな骨をつける。
  2. 凧の長さ=骨の長さの2倍の糸を左右両端の部分につける。(楊枝などで固定してもOK)

紐は凧糸がベストですが、ビニール袋の場合は素材が軽いので、凧糸がなければ普通の糸でもOKです。長さをまちがえてしまうと、うまく凧が揚がらなくなります。紐の長さには注意が必要です。

また骨はまっすぐなものを選んでください。ストローや竹ひごなどが適していますが、L字型に曲がるストローしかない場合は、曲がる部分を切って使用しましょう。このときもあまり重さのある物は使用しないでください。余ったビニールで足をつけることも可能です。たったこれだけの工程で手作りの凧を作ることができます。

凧揚げはネットで購入することも可能

凧は自宅でも簡単に作ることができますが、市販品をネットで購入することも可能です。近年では凧揚げの人気があまりないことから、一般的な店舗では限られたものしか手に入れられないということもあります。

その点ネットなら、さまざまな種類から好きなものを選ぶことができるので、子供の好きなキャラクターや新世代の凧など、どんな凧を購入するか検討してみてください。

キャラクターが描かれた凧

ポケモンやワンピース・プリキュア・アンパンマンや戦隊ヒーローなど、子供の好きなキャラクターが描かれた凧は子供にとってもなじみやすいものです。自分の好きなキャラクターカイトであれば、凧揚げに対する興味も出てくるはず。実際に空に浮かんでいる凧に喜ぶはずです。いろいろな種類が販売されているので、子供の好きなキャラクターカイトをぜひ試してみてください。

created by Rinker
オンダ
¥648 (2019/05/23 21:45:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アガツマ(AGATSUMA)
¥1,580 (2019/05/23 21:45:42時点 Amazon調べ-詳細)

鳥の形をした凧

本物の鳥が空を飛んでいるように見える凧をスカイカイトといいます。スカイカイトはヨーロッパ発祥のおしゃれな凧で、一般的な凧揚げとは揚がり方がまったく異なります。まるで本物の鳥が空に羽ばたいているように見えると近年人気を博しています。簡単に風に乗せることができ、墜落もしにくいので、初めて凧揚げをする小さなお子さんでも楽しめるアイテムです。

飛ばしやすいソフトカイト

ソフトカイトはポリエステル生地で作られた新しいタイプの凧です。従来の凧のような骨組みがないので、骨が折れてしまう心配もありません。初心者でも安心して楽しむことができます。また、コンパクトに折りたたむことができるので、持ち運びにも便利です。パラシュートと似た構造で、空気を取り込むことでカイトが膨らみ、フワリと空中に飛び上がります。面倒な組み立ても必要ないので、子供から大人まで簡単に飛ばすことができます。

自由にコントロールできるスポーツカイト

凧を揚げるだけではなく、思い通りに操作してみたい人にはスポーツカイトがおすすめです。スポーツカイトはもともとヨーロッパなどで広く普及しているもので、世界選手権が行われています。最近では日本国内でも大会が開かれるほど人気が高まってきています。

従来の凧とは異なり、操作が少々難しいので、初心者の人はうまく飛ばせるようになるまで少し時間がかかります。

手作り凧のキット

手作り凧は自宅にあるもので作ることも可能ですが、あらかじめセットになったキットが通販で販売されています。作り方などの説明書も添付されているので、作り方に迷うことも、材料がそろわないということもありません。市販品を買うよりも自分で作ってみたい、子供と一緒にオリジナルの凧を作ってみたいという人は、手作り用のキットを購入することをおすすめします。

created by Rinker
池田工業社(Ikeda Kougyo-sha)
¥540 (2019/05/24 12:58:36時点 Amazon調べ-詳細)

凧揚げを高く飛ばすポイントやコツ

凧を高く飛ばすには、ポイントやコツがあります。ただやみくもに走り回っていても、風や場所を選ばなければ高く飛ばすことはできません。ここでは凧揚げをするときに、高く飛ばすことのできるポイントやコツをご紹介します。

公園や河川敷といった広い場所で飛ばす

凧揚げをする際には、気をつけなくてはいけないことがあります。

  • 電線や木などの障害物がないか。
  • 人混みから離れているか。
  • 小さな子供が遊んでいないか。
  • サッカーなどの練習をしていないか。
  • 線路や交通量の多い道路に面していないか。

このように凧揚げをする場所は事前に確認をしておく必要があります。広い場所がなかなか見つからない現代では、広い公園や河川敷では子供連れの家族が遊んでいたり、サッカーなどの練習をしていることもあります。衝突などによる思わぬ事故やけがを防ぐためにも、大人がきちんと場所を選んであげることがポイントです。

公園や河川敷などが一番いいのですが、中には『凧揚げ禁止』という場所もあります。近所で凧揚げができる場所があるかどうか、事前にチェックしておくことも必要になります。

風が少し吹いていること

凧は本来風の力を利用して揚げるものです。凧を持って走っているだけでは高く飛ばすことはできません。そのため、無風の状態では高く飛ばすことはとても難しいです。反対にあまりにも強風の場合は、凧が引っ張られて子供が糸を持った手を放してしまったり、引きずられてしまう危険性もあります。

自分たちのいる場所では微風でも、凧が高く挙がった状態になれば、上空は地上よりも風が強いので、ぐんぐん上昇します。そのため、風は微風くらいの状態で行うのがベストでしょう。凧揚げに適した風の状態であるかを一緒にいる大人が常に確認してあげてください。もし、風が強くなるようなことがあれば、中止した方が安全です。
また曇っているとせっかく上がった凧が見えないことがあるので、できれば晴れた日に行うのがおすすめです。

背中に風が当たる状態で凧を持ち上げる

凧を揚げるときは、晴れている日がいいでしょう。そして少し風があるのが望ましいです。場所が決まったら、まず風の吹いてくる方向を見極めましょう。

  1. 自分の背中に風があたるような向きになる。
  2. 風が吹くのを待つ。
  3. 風が吹いてきたら凧を高く持ち上げ、風に乗せるように手を放す。
  4. 糸を繰り出す。

このようにすれば、走り続けなくても凧は高く揚がります。勢いよく挙がると紐を持っている手をけがすることがあるので、注意が必要です。また一人でできない場合は、大人が手伝ってあげましょう。

  1. 大人が凧を水平に持ち、両手を上げて凧を持ち上げる。
  2. 凧を揚げる子供は糸巻きを持つ。
  3. 5メートルくらいの間隔をあけ、一緒に走り出す。
  4. 風に乗るタイミングがつかめたら、凧を持っている人は手を放す。

この介助を行えば、小さい子供でも上手に凧を揚げることができます。糸巻の調整ができない場合なども手伝ってあげてください。

【まとめ】凧揚げを親子で楽しもう

凧揚げは大人にとってはとても懐かしい遊びですが、子供にとっては普段あまり馴染みのない新しい遊びです。最近では、お正月に凧揚げをする風習が失われつつあります。広い場所などがなくなってしまったことも原因の1つですが、親世代が昔の体験を忘れてしまっていることも考えられます。

糸巻を引っ張れる年齢になれば、凧揚げは十分に楽しめます。また自分ではできない子供でも、親が凧を揚げている姿を見るだけでも楽しいものです。市販品で新しいタイプの凧を楽しむのも良し、自分たちで作ったオリジナルの凧を使ってみるのも良し……凧揚げの楽しさを親子で感じてほしいと思います。

日本古来の伝統の遊びが失われつつある昨今、お正月にはぜひ親子で凧揚げを楽しんでみてください。きっと親子の楽しい思い出ができるはずです。

参考
お正月の遊び③ 凧揚げのルーツはなんと中国の盗賊!|ニッポン放送
凧の上手なあげかた|日本の凧の会
子供と一緒にできる!凧揚げの簡単な作り方・遊び方|CAMP HACK
凧揚げするならこの公園。メジャー5選+穴場4選 [横浜でお正月2016年]|asobii
凧のおすすめ人気ランキング10選【角凧・スポーツカイトも!】|mybest
凧名人の「よく飛ぶ凧」のつくり方ガイド!子どもと手作り!|子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」
凧揚げのコツ!上手にあげるには? |知的な日々の過ごし方

この記事をかいた人

Rie Kato

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライター。専門学校生と小学生の男の子の育児真っ最中! 保険・転職・子育て・ビジネスマナーなど経験を基にしたジャンルを得意とする。インタビュー記事が書けるようなライターになるのが目標。