【最新版】高専の偏差値ランキング一覧!高専・学科別にご紹介!

「高専」はどんな学校?進路選択で知っておきたい高専の特徴と偏差値

進学先として「高専」という選択肢を考えた時に気になるのはその偏差値。「高専」では専門的な勉強をすることができますがその偏差値は学校によって様々。「高専」の偏差値はどのような傾向にあるのでしょうか? また今回は最新の「高専」偏差値一覧をご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

高専の偏差値は高い?

高専の偏差値は各高専や学科によって異なりますが、全57校のうち約半数が60以上であることから、高専の偏差値は平均よりも高い傾向となっています。偏差値50を下回る学科は全高専中3学科のみと非常に少なく、これらの学科を有する高専でも学科によっては偏差値60を超えているため、高専全体で見るとやはり偏差値は高いと言えるでしょう。

国立高専の場合には問題は全学校共通ですが、採点方法が学校や学科によって異なります。主な採点方法の違いとしては、「社会を受験科目として課さない」「科目ごとの傾斜配点」「内申点の配分」などが挙げられます。

このことから、受験科目や傾斜配点、内申点の配分などによって合格難易度が変わることが考えられます。高専の偏差値はたしかに高いですが、偏差値だけで判断せずに、学校ごとの採点方法や子供の得意不得意、内申点の状況を踏まえた上で対策をした方が良いでしょう。

それでは全国にある高専の偏差値をランキング形式で紹介します。