お手玉の作り方をタイプ別にご紹介!おすすめの中身や縫い方は?

お手玉の作り方をタイプ別にご紹介!おすすめの中身や縫い方は?

お手玉は日本伝統の遊びの1つとして、年代を問わず親しまれてきたものです。しかし、デジタルゲームが子供に人気の昨今、お手玉で遊ぶ子供を見かけることはとても少なくなりました。

お手玉にはいろいろな遊び方があり、形や中身もさまざまです。小さな子供でも安心して遊ぶことのできるお手玉は、受け継がれていくべき遊びであり、見直されるべきものでしょう。今回はお手玉の作り方について、詳しくご紹介します。簡単に作ることができるものばかりですので、ぜひお子さんと一緒に楽しみながら作ってみてください。

【タイプ別】お手玉の作り方

お手玉には大きく分けて4つのタイプがあります。ここでは各タイプ別に、お手玉の作り方をご紹介します。

俵型

俵型のお手玉は、比較的簡単に作ることができるので、初心者の方にもおすすめです。

  • 布(縦10センチ・横16センチ・あまり伸びないタイプの生地)
  • 中身(お米や小豆・乾燥トウモロコシなど)

の4つを用意するだけでOKです。

  1. 布を裏側を出して半分にし、端を縫い合わせる。
  2. 筒状の上の部分を縫い、糸を引っ張って絞る。
  3. 生地を折り返す。
  4. 開いている方の口の部分に糸を通しておく。
  5. 半分ぐらいまで中身を入れる。
  6. 通しておいた糸を引っ張り口を絞る。
  7. 出ている布を内側に織り込み、中身が出てこないように外側から縫い合わせる。

工程も非常に簡単で、ミシンなども必要ありません。学校の家庭科の授業で習ったという人もいるくらいですから、特別な技術も必要ありません。

布地は和柄のものや、ちりめんなどを使用すると和風に、コットンなどを使用すれば洋風に作ることができます。端切れの布を合わせて作ることもできるので、お好みのお手玉が簡単にできるでしょう。

座布団型

座布団型のお手玉はとても持ちやすく、形もかわいらしいことから人気のあるタイプです。俵型よりは少し難しくなりますが、布の合わせ方を間違えなければ、簡単に作ることができます。

  • 布(4.5センチ×9センチのものを4枚)
  • 中身(お米や小豆・乾燥トウモロコシなど)

を用意します。布は2枚ずつ柄を変えると、出来上がりがかわいらしくなります。あまり伸び縮みしない生地がおすすめです。

  1. 2枚ずつ中表にした布をL字型に合わせる。
  2. 重なっている部分の辺を縫い合わせる。
  3. 上の生地を持ち上げて、立体的になるように辺と辺を縫い合わせる。
  4. もう1枚の同じように縫った布と合わせる。
  5. 1か所だけ縫い合わせずに中身を入れる。
  6. 中身がこぼれないように口の部分を縫い合わせる。

中身を入れるときには、じょうごを使うとこぼさずにうまく入れることができます。俵型より工程は多いですが、座布団型のお手玉は日本のお手玉の会の国際公認規格となっていて、競技用のお手玉として指定されています。本格的なお手玉づくりにぜひ挑戦してみてください。

かます型

かます型とは、きんちゃくのように上の口の部分を絞った形のお手玉のことです。見た目も可愛らしく、端切れの布でできるのでおすすめです。

  • 布(9センチ×22センチ)
  • カラーの糸
  • 中身(お米や小豆・乾燥トウモロコシなど)

用意するものはこれだけです。

  1. 布を中表に半分に折って両端を縫い合わせる。
  2. 口の部分を3センチ折り返して上から2センチくらいのところを縫い合わせる(糸は両端10センチほど残しておく)
  3. 布をひっくり返して中身を詰める。
  4. 残しておいた糸を引っ張り口を絞る。
  5. カラーの糸や紐などで口を縛る。

中身は40グラム未満にすることがポイント。小さめのサイズなので、小さい子供にも扱いやすい大きさです。中身をドライフラワーなどにすれば、匂い袋として香りを楽しむこともできるアレンジが可能な形です。

まくら型

まくら型のお手玉は、見た目は座布団型に少し似ています。ただし使う布の枚数が少ないので、座布団型よりは簡単に作ることができます。座布団型はハードルが高いという方は、ぜひチャレンジしてみてください。

  • 布(20センチ×10センチ)
  • 中身(お米や小豆・乾燥トウモロコシなど)

中身に、アイロンビーズやペレットなどを使用することもできます。

  1. 布を中表に半分に折り、右側を5センチほど残して縫い合わせる。
  2. 布を表に返し中身を半分くらいまで入れたら縫い代を中に織り込む。
  3. 開いている入り口をかがり縫いで縫う。
  4. 対角線上に隅を縫い合わせる。

1枚の布で簡単に作ることができ、見た目もとてもかわいらしいお手玉です。遊び用だけではなく、飾り用にしても素敵です。

座布団型お手玉のミシンでの作り方

お手玉を作るときは手縫いでも作ることができますが、「手縫いは苦手」「ミシンを使い慣れている」という方向けに、ミシンでの作り方をご紹介します。今回は座布団型のお手玉の作り方です。

  • 布(横4.5センチ×縦9センチ)を4枚

1つのお手玉につき4枚の布を使用します。2枚ずつ柄の違う布を使うと、でき上がりがかわいらしくなります。柄×無地の組み合わせがおすすめです。

  1. 2枚の布を中表にして縦と横に置き右上の角を合わせる。
  2. 右端の重なっている部分を縫い合わせる。
  3. 針を落としたまま押さえ金を上げて下側の布を90度回転させる。
  4. 布の端を縫い合わせる。
  5. 再度下の布を90度回転させる。
  6. 2つ同じ形のものを作る。
  7. 2つの布を合わせ片方を折るようにして縫い合わせる。
  8. 表に返して中身を入れる。
  9. 口を縫い合わせる。(ここは手縫いでかがり縫いなど)

中身を入れるときは開いている口の部分が小さいので、紙で作ったじょうごなどを使うとスムーズにできます。手縫いよりもしっかり縫い合わせることができますが、生地のサイズが小さいので注意が必要です。ミシンの糸をカラーにすると、さらにかわいらしさがアップします。

お手玉作りにおすすめの素材(遊び用)

お手玉には遊び用と飾り用があります。遊び用のお手玉は、形や重さなど扱いやすいものがおすすめです。

  • 重さは40グラム未満:小さな子供でも扱える重さ。
  • 生地は伸び縮みしないもの:コットンや着物地がおすすめ。
  • 中身はペレットなど:音を楽しむのであれば小豆がベスト。ペレットは手芸店で購入が可能。

着物地は昔からお手玉に使われている布で、手触りも抜群です。中身は感触の良いもの・音のきれいなものなど、いろいろな素材を入れることができます。小豆・ペレット・貝殻などがありますので、お好みに合わせて選んでみてください。

お手玉作りにおすすめの素材(飾り用)

お手玉は日本各地で民芸品としても取り扱われているので、飾り用としてもさまざまな種類があります。

  • ちりめんや和柄など和風の生地を使用しているもの。
  • 日本古来のモチーフを利用しているもの。
  • ある程度の大きさがあり、見栄えのするもの。

がおすすめです。昔話にちなんだものや、フクロウなど縁起の良い動物をあしらったもの、干支や獅子舞などをモチーフにしたものなどに人気があります。民芸品ということもあり、和室や玄関などに飾っておくと和の雰囲気が出るのでピッタリです。

お手玉の中身と重さ

お手玉の重さは40グラムまでがベストです。これは各地共通で、卵1個よりもやや軽いぐらいの重さになります。中身はさまざまなものがあり、それぞれ特徴があります。

  • 小豆:最も一般的なもの。手に馴染みやすい。
  • 乾燥トウモロコシ:江戸時代から使われている。感触は若干固め。
  • 巻貝:沿岸の地域や沖縄地方で使用されることが多い。音が特徴的。
  • 茶の実:中国のお手玉によく使用される。大豆より少し大きめ。
  • フクビ:ハワイのお手玉に使用される。花の実でひまわりの種に似た形状。
  • 球型ペレット:近年では最もポピュラーなもの。腐ったり虫食いの心配がない。手芸店で購入が可能。
  • 足袋のコハゼ:使わなくなった足袋のコハゼを使う。金属的な音が特徴。
  • しじみの貝殻:日本海側の地域でよく使われる。沖縄では小石と一緒に入れ、音を楽しむ。
  • 数珠玉:川辺に自生している植物。江戸時代から使われているが、近年ではあまり使用されていない。固い。
  • 丸大豆:小豆よりも小粒。虫を防ぎ香りをよくするために、煎って使用する。
  • そば米:食用にできない小粒のお米。サラサラとした音が特徴的。

昔の人が身近にあるものでお手玉を作っていたことや、地域性が出ていることが分かります。植物や食べ物などは腐敗や虫食いの心配があることから、近年ではペレットに人気があります。手芸店で簡単に購入ができるので、利用することが増えてきています。

お手玉遊びの子供へのメリットとは?

お手玉遊びの子供へのメリットとは?
日本古来のお手玉には、遊ぶことで大きなメリットが得られます。デジタルゲーム主流の現代では、体を使ったりすることが減ってきているため、お手玉遊びのメリットが見直されています。

幸せホルモン「セロトニン」が増える

「セロトニン」とは神経伝達物質の1つです。精神の安定に深いかかわりがあり、精神のバランスを安定させる役割を持ちます。「幸せホルモン」などと呼ばれることもあります。この「セロトニン」が不足すると、睡眠の質が低下する、感情の抑制がしにくくなる、依存症になりやすくなるなどの弊害が出てきます。

お手玉遊びには脳の血流を良くする効果があります。またリズム運動なので「セロトニン」の分泌が増えるという大きなメリットもあるのです。リラックス効果や不安の軽減にもつながるので、子供は遊びながら精神の安定を得ることができるでしょう。

脳を活性化できる

お手玉を取るときには必ず目を動かします。そのことで後頭葉の視覚領域が動くと言われています。

またお手玉遊びをするときには手を動かすので、前頭葉の運動野が刺激されます。リズムを取ったり歌を歌ったりしながらお手玉を行うことで、前頭葉をはじめとする脳の血流を改善する効果があるのです。

  • 片手でお手玉を投げては取るを繰り返す。
  • 慣れている人は利き手と逆の手で挑戦してみる。
  • お手玉の数を増やしてみる。

「これは難しい」「できないかもしれない」と感じる瞬間が大切。そのときの脳への刺激はとても大きい証拠なのです。このお手玉の効果は子供だけではなく、認知症やうつ病の患者さんにも取り入れられているほどです。

力覚や運動感覚を養える

近年では子供の運動不足が懸念されています。お手玉は一見家の中でするおとなしい遊びと思われがちですが、実は体のさまざまな部分をつかった遊びだといわれています。特徴的なのは、歌に合わせて行うという点です。

  • 歌を歌う。
  • お手玉を投げる。
  • 投げたお手玉を見る。
  • 次のお手玉を投げて同時に投げたお手玉を受ける。

この一連の動作一緒にを行うことで、運動感覚を養うことができます。一定の動作を継続して行うこと、安定した力でお手玉を操作することは運動感覚を養うのに最適なのです。また力覚とは、触覚情報に関する感覚のことで、物体と接触したときに人が感じることのできる感覚のことをいいます。

お手玉を触る・投げる・取るという動作の中で、この力覚も養うことが可能なのです。

おわりに

お手玉遊びは伝統的な遊びというだけではなく、さまざまなメリットもあることが分かります。形状や遊び方に堅苦しいルールがあるわけでもありません。手軽にいつでも遊ぶことができ、年齢や場所も選びません。昔はおばあちゃんにお手玉を教えてもらったという人も多くいましたが、核家族化が進行している現代では、なかなか3世代のつながりも希薄になりつつあります。

お手玉は身近にあるもので簡単に作ることができます。ミシンや本格的な材料がなくても、オリジナルで十分なのです。手作りのおもちゃで子供と遊ぶのも悪くありません。ぜひお手玉作りにチャレンジして、子供と一緒にお手玉遊びで楽しんでみてください。

参考
伝承あそびと運動感覚|鳥取短期大学研究紀要
お手玉の中に入れる材料|日本のお手玉の会
集中力をより高めるには、脳の静と動のコラボレーションが大切!!|シルバメソッド
お手玉がもたらす効果って?|フィジカルパーク
お手玉のおすすめ人気ランキング10選|mybest
お手玉の作り方、俵型なら手縫いで簡単。練習方法も合わせてご紹介|handmade by. cue
簡単手作り お手玉の作り方・タイプ別《ハンドメイドレシピ》|NAVER
お手玉(座布団型)を作る【1】|Sayuri*Ha ~雑多なハンドメイド記録~
幸せホルモンと呼ばれるセロトニンとは?|セロトニンラボ
ティッシュ呼吸法・ひざの運動・お手玉遊びで脳の異なる領域を同時に刺激しよう!|365カレッジ

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)