エンパワーメント、子育てではどんな意味?自立した子に成長する?

エンパワーメント、子育てではどんな意味?自立した子に成長する?

ビジネスの現場などでも耳にする機会の増えてきた概念「エンパワーメント」。子育てにも関係のある概念のようです。具体的にはどのような意味があるのか、どのように実践できるのかを紹介します。

エンパワーメントとは

英語の「パワー」という言葉と関係がありそうな「エンパワーメント」。この言葉には深い歴史的な背景があります。

公民権運動・男女同権運動などで有名になった考え方

エンパワーメント(empowerment)という英単語には、広義には「力を与える」という意味があります。そこから、社会的に「より力がない」「弱い」と考えられてきた人々を力づけ、本来持っている能力が開花するように働きかけることを指すようになってきました。

エンパワメントは,例えて言うなら,魚が獲れずに困っている村の人々に対して単に魚を与えるのではなく,自分たちで魚を獲ることが出来るように魚の釣り方を教えることである。

(引用元:個人をエンパワーするとは|プログラム評価ラボ 法政大学キャリアデザイン学部 安田研究室

弱い立場にある人たちには、差別や抑圧という問題が立ちはだかります。アメリカでの公民権運動や、世界的に広がった女性運動などで使われた結果、エンパワーメントには、「それまでの抑圧された立場から自ら立ち上がり、自分のために能力を開花させ、それによって生活や環境を変革していく」という意味が込められるようになりました。

各分野でのエンパワーメントの意味

現在では、エンパワーメントの概念は社会運動だけでなく、さまざまな局面で使われています。各分野での意味を調べました。

介護・福祉分野:自分の人生の主人公に

介護・福祉の分野において身体的・精神的に弱い立場にあるのは、介護や福祉を受ける側です。年齢や疾患・障害などの理由により、「これはできない」「やっても無駄だ」という思考に陥ってしまうことも。この分野では、エンパワーメントには「サービス利用者や家族が自発的に物事を決めて、自分の生活を自分でコントロールすることができるように手助けする」という意味があります。

子育て・教育分野:子供の潜在能力を引き出す

教育の現場でもエンパワーメントという概念が使われます。この場合は、社会的な弱さや抑圧というのは、大人対子供の力関係になります。大人が一方的に子供にものごとを教え込むのではなく、子供の持つ潜在能力を引き出すという考え方です。大人には正解が見えているけれども、あえて教えずに子供が試行錯誤しながら答えを見つけていく過程を重視します。

ビジネス・企業:権限を委譲し、成果をあげる

ビジネスの現場でのエンパワーメントは、「権限委譲」という意味合いが強くなります。これは、従業員の自主性とビジネスの成果との関係性と深く関係があります。背景には、部下は一方的に上司が命令したことをこなすのではなく、ある程度の裁量を持って自分の仕事ができたほうが成果が出るという考えがあります。上司は部下に裁量を与え、目標を達成できるように支援するという役割を果たします。

エンパワーメントを導入するとどうなる?

さまざまな分野におけるエンパワーメントについて紹介しました。それでは、実際にエンパーメントを導入すると、現場ではどのようなことが起こるのでしょうか。

エンパワーメントのメリット

実際にエンパワーメントを導入すると、以下のようなメリットが考えられます。

  • 意思決定のスピード化
  • 自分で考える力がつく
  • 本来の能力を発揮
  • 取り組んでいるものごとに対する責任感が増す
  • モチベーションが向上する
  • マネージメント能力が身に付く

例えば、温かい接客姿勢が人気のスターバックス。店舗では、アルバイト従業員にもエンパワーメントが行われています。接客に関しては細かなマニュアルがなく、アルバイト1人1人が自分で考えて接客をするのだそうです。

要は、あなたがお客様の立場になった時、やってほしいと思うサービスを提供しなさいという、ただそれだけなんです。つまり、接客はすべて自分次第。だから、スターバックスで働くのは面白いし楽しいと言って、長く働いてくれる人が多かったです

(引用元:なぜスターバックスで働きたくなるのか?人気と成長を支える人材育成|an report

従業員も働きやすく、客も笑顔になれるという良い循環がエンパワーメントによって生まれています。

エンパワーメントのデメリット

一方、デメリットがないわけではありません。例えば、個人が自分の判断だけで動くと、組織の考え方と齟齬が出てトラブルになる可能性もあります。上述のスターバックスでも、人事評価は複数人によって綿密に行われています。それに加えて、上からの一方的な評価にならないよう、アルバイトが直接店長に意見することも可能。きちんとした評価や価値観の軸が支援側にないと、エンパワーメントはうまく機能しません。

また、「自分で自由に決めてと伝えたから、あとは大丈夫」という考え方も禁物です。より弱い立場にいる人たちを支援するという前提を忘れずに、「どうしたら自分で決める力を持てるのか?」「足りないものは何か?」など常に考えなくてはいけません。

子育てで実践できるエンパワーメント

子育てで実践できるエンパワーメント
教育現場でも導入されているエンパワーメント。家庭の子育てでも実践できる取り組みはあるでしょうか。

導入時に気をつけるポイント

まず、どうしてエンパワーメントを導入したいと思ったのかを親が把握しておくことが重要です。 子育ち子育てエンパワメントに向けた発達コホート研究によると、導入時には以下のようなポイントに気をつけると良いとあります。

  第1ステップ もたらしたい成果は?
第2ステップ 現状の問題点あるいは課題は?
第3ステップ 背景は?
第4ステップ 問題点や課題、背景要因に影響を与える要因は?
第5ステップ 影響を与える要因を変化させる支援(戦略)は?
第6ステップ 根拠は?

(引用元:エンパワメント科学:新たな実践知の展開に向けて|子育ち子育てエンパワメントに向けた発達コホート研究

子供にエンパワーメントが必要だと思ったのはどういう場面だったでしょうか。習い事なのか、学習なのか。夢中になっている好きなものについてでしょうか。どんな風に成長してほしいと思ったでしょうか。具体的に書き出すなどして、上記の6つのステップについて検討してみましょう。

自分で考え、挑戦できる子供へ

小学校から行われている道徳教育は、子供のエンパワーメントに非常に関連の強い科目です。「正しさ」や「人間関係」などについて学ぶことで、自分で考え、判断する力を育てることが授業の主眼だからです。しかし、道徳の授業現場では常に「正解」が求められ、それ以外の考え方を排除するようなこともしばしば起こってしまうそうです。

ある小学校では、子供たちが周りの空気を読んで萎縮してしまうのではなく、もっと自分の考えを深めることができるような取り組みをしました。具体的には、SNSでのやりとりを題材に、「なぜ人は他人を嫌な気持ちにさせるような書き込みをしてしまうのか?」について考えたそうです。このとき、大切にしたことは3点。

  1. 「空気を読まず、自分が思ったことは自由に表現して良い」ということを丁寧に子供たちに伝えること
  2. 授業の題材になるSNSは、子供たちの提案を採用したこと
  3. 子供たちが意見を言うときは、結論だけでなく「なぜ」「どうして」そう思ったのかという過程の部分を重視したこと

この3点はエンパワーメントを導入する親の参考になります。まず子供に権限を与えた上で、題材も押しつけでなく、子供の関心があるものを選ばせること。上手にできるようになるという結果だけでなく、どうやってそれを達成するのかを一緒になって考えて取り組むこと。一方的に与える学習や体験より、ずっと時間や体力・気力が必要な取り組みです。その結果、子供たちは自分で考え、未知のものにも挑戦することができるようになります。

上記の道徳の授業では、SNSのコメントに対して「良い」「悪い」という単純な判断だけではなく、自分で問題を発見して考えることのできた子供はクラスの約半分ほどだったそうです。もっと子供の自発力を引き出すには、長い目で何回も取り組みを繰り返すことが必要そうです。

親にもエンパワーメントが必要

子供のエンパワーメントについて考えてきましたが、忘れてはならないのは、親にもエンパワーメントが必要だということです。子育ての悩みや課題に相談相手がいること、実際に頼れる支援施設などがあることはとても大切です。

エンパワーメントについて研究している専門家は、人間の集まりの中で構成員がそれぞれお互いに仲間をエンパワーメントする「コミュニティ・エンパワーメント」が必要だと提唱しています。行き詰まったり、悩みが出てきたときは、公的機関の専門家に相談したり、子育てサークルなどに参加したりすると、エンパワメントしてくれる相手に出会えるかもしれません。

まとめ:エンパワーメントで良い循環を作ろう

1人1人が持つ潜在能力を引き出し、開花させるエンパワーメントについてまとめました。自分で考えて行動できる子供に育てるには、ときに信じて任せることも必要です。

また、子供のような社会的弱者だけでなく、誰もがときには抑圧を感じ、自分の人生をうまく自分でコントロールできないという感覚を持つ可能性があります。エンパワーメントはそのような立場に置かれた人のための概念です。エンパワーメントの考え方を元にして、お互いに自立した良い循環を作っていきましょう。

参考
エンパワーメント|BIZHINT
エンパワーメント|介護保険介護福祉用語辞典
エンパワーメント MBA用語集|グロービズ経営大学院
情報モラルにおける保護主義からの脱却:エンパワーメントを目標とした道徳授業へ|弘前大学学術情報リポジトリ
コミュニティ・エンパワメントー当事者主体のシステムづくりー|筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室
子育てにおける親の内的資源 -外的資源が限られた地域における親の内的資源の探索-|関西大学学術リポジトリ子育てで実践できるエンパワーメント

この記事をかいた人

akahoshitomoka

piggiesagogoクロシェター・ライター。 オリジナルの編み物作品の作り方を販売しながらライターもしています。守備範囲はハンドメイドから不動産まで。三浦半島が好きです。