人望の厚い人に共通するコミュニケーション力とは? 鍛えられるもの? ( 2 )

コミュニケーション能力を鍛えるメリット

コミュニケーション能力が長けている人には、「相手の話をきちんと最後まで聞く」「相手の気持ちをくみ取ることができる」「話が分かりやすく明快」「例え話がうまい」「相手を楽しませることができる」といった共通する特徴があります。

良好な人間関係を構築できる

初対面の人にも好印象を与えることができます。コミュニケーション能力の高い人は、「どうすれば相手が快適でいられるか?」と常に考えながら会話の流れ、次の質問、リアクションを考えているのです。

やりがい・充実感を得られる

転職を考える人の理由の大半は「職場の人間関係」によるもの。しかし、良好な人間関係が築けるようになると業務内容に注力できるようになります。職場の雰囲気や上司との関係といったことに振り回されずに済むため、自分の目の前にある仕事にフォーカスできるのです。そのため、組織の成長に貢献できる実績や成果を上げられるようになります。

手段と目的を整理できる

コミュニケーション能力の高い人は、「報連相」を徹底しています。「何を」「いつ」「どのタイミングで」「誰に」伝えるのかがルーティンになっているのです。そのため、自分の意思や考えをうまく言語化する能力が自然と身についています。

「報連相」はコミュニケーション能力を鍛える1番の方法?

ビジネスにおいて必要最低限のマナーである「報連相」は、具体的には下記のとおりです。

報告:上司から指示された業務の進捗や結果を伝える

連絡:自分が持っている情報を上司や仕事の関係者に共有すること

相談:業務を進める上で困っていることや問題を上司やリーダーに相談し、判断・指示を仰ぐこと

目的が明確になる

「報連相」を徹底することで、人に分かりやすく伝える力が鍛えられます。また、目指すべき目標と手段・目的を明確にすることができるのです。つまり、限られた時間の中で最大の成果を発揮できるようになります。

また、「報連相」をきちんと行うことで相手との認識のずれによる方向性の違いを正すことにもなるのです。「自分はAだと思って進めていたけれど実はBだった」といように、言葉足らずだったり、理解力不足が故にどこかで誤解が生じてしまうことは意外とあるもの。

作業を進めていく上で発生したミスや手違いをリカバーすることができるのも、「報連相」によって相手とのコミュニケーションを密に取れているからこそです。

5W1Hで内容を具体化する

「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」を常に意識した思考力が身につきます。5W1Hを習慣化することで、人に分かりやすく話をするというトレーニングにもなるのです。