子供の遠視って放っておくどうなるの?原因や治療法が知りたい!

子供の遠視って放って置くどうなるの?原因や治療法が知りたい!

「子供が遠視かも……」

そんなときは早期に発見して適切な対処をすることで、目の発達機能を正常に近づけることができます。当記事では、そんな子供の遠視の原因と治療法について紹介します。

子供の遠視について

子供の目は機能が発達途上にあるため、この時期に視力が悪くなる要因があると、視る機能の発達が妨げられてしまうと言われています。その要因の1つとして挙げられるのが遠視です。遠視は早期に発見して適切な対処をする必要があります。今回は遠視の原因と治療法について紹介します。

遠視の症状

遠視の具体的な症状としてはどのような点が挙げられるのでしょうか。遠視になると、遠くの景色も近くの景色もぼんやりとして見えるという症状が出ます。小さい子供の場合はそれが当たり前だと思っていることが多く、検査をするまで判明しづらいのが現状です。

しかし、目は常にピントを合わせようとするため、頭が痛くなったり、集中力が続かなかったりといった症状が出ることもあるそうです。

子供の遠視は弱視や斜視につながる?

遠視の場合はピント合わせをしようとするため、内斜視になる可能性も否定できません。また、子供の生後間もない視力は母親の顔がやっと見える程度ですが、その後さまざまな物を見ることで網膜が鍛えられ、視力が発達していきます。しかし、遠視がある場合は物がぼけて見えているため、網膜に刺激が伝わらず、視力が十分に発達しない「弱視」といわれる状態になってしまうこともあります。

子供の遠視はどうやって発見できる?

遠視による弱視は、適切な治療さえ行うことで視力の回復が期待できます。そのためには遠視の早期発見と早期治療が大切になるので、乳幼児健診や3歳児健診、就学時の健診をしっかりと受診することが大切です。特に片方だけ弱視がある場合などは、視力測定でないと判定が難しいため、定期健診を受けることによって子供の遠視の早期発見につながります。