1歳の子供と一緒に楽しめるおすすめの絵本10選を紹介

1歳の子供と一緒に楽しめるおすすめの絵本10選を紹介

子供の絵本の読み聞かせによる教育効果は、脳科学の研究でも実証されています。事実、2017年に鳴門教育大学の研究紀要「絵本の読み聞かせがその後の人生に及ぼす影響」でも、絵本の読み聞かせとその後の人生は密接に関連しているという調査結果が報告されているのです。

これは鳴門教育大学大学院の学校教育研究科が、某教員養成系大学に在籍している18~22歳の大学生および大学院生293名(男性69名、女性223名)に、絵本の読み聞かせ経験の有無,読み聞かせてくれた人、読み聞かせの時期について調査したものです。

さらに、絵本の読み聞かせの影響について、「あなたの人生にとって絵本の読み聞かせの経験は、なんらかの影響を与えていると思いますか?」というこの質問に対して「はい」と回答した人に、その理由を記述してもらうというもの。

調査の結果、絵本の読み聞かせ経験があると回答したのは274名で、そのうちの197名が「ポジティブな影響があった」と回答しているのです。

ポジティブな影響があったと答えた中で高い数値を示していたのが、「選好性」30.4%、「読み聞かせの継承」18.5%、「学習効果」12.4%の3つでした。

つまり、幼いころに読み聞かせの経験があった人の多くに、好みに応じて自分で判断する力や、過去の経験をもとに物事を判断する学習能力が自然と身についているのです。この結果から、生後間もない時期からの子供への読み聞かせがいかに重要なのかが見てとれます。当記事では、子供の今後の人生に大きな影響を与える、1歳児への読み聞かせにおすすめの絵本をご紹介しましょう。

1歳の子供にはどんな本を選ぶべき?

1歳の子供にはどんな本を選ぶべき?
1歳になると、大人や周りの人の話す言葉を少しずつ理解できるようになることから、動物のイラストがたくさん使われた絵本がおすすめです。また、お風呂や歯磨き、洋服の着替えというように、自分が日々経験している生活動作をイメージできる絵本も良いでしょう。

とはいえ、兄弟がいるかどうか、祖父母と暮らしているかどうかといった生活環境によっても、子供の成長スピードや言葉の理解力は異なります。1歳になる前に「犬=ワンワン」「猫=ニャンニャン」という具合に、対象物と言葉を結びつけて考えられる子供もいます。