0歳~7歳の子供は行事がいっぱい!各行事のまとめとポイントを紹介

0歳~7歳の子供は行事がいっぱい!各行事のまとめとポイントを紹介

子供が産まれると初めて体験する子供の行事がたくさんあります。年齢で迎えるもの、年中行事として行うものとさまざまですが、初めての行事はわからないことが多く、不安が大きいものです。下記の表を見てもわかるように、一人暮らしのケースでは、「行事の際に何かをする」と回答した人が56.2%なのに対し、子供と同居しているケースでは90.5%にのぼります。これは、子供が産まれることで、行事に取り組む姿勢が変化していることがわかります。


(参照元:「季節行事・年中行事」に関するアンケート|ティムスドライフ)

今回は0歳~7歳の子供が行う行事をまとめました。これから子供の行事を迎える際の参考にしてください。

その1・お七夜

子供が産まれて初めて行う行事がお七夜です。

お七夜とは、産まれた日も含めて7日目に行うお祝いのことです。無事に出産ができたお祝いと、これからの健康を祈願する意味で行います。赤ちゃんの名づけをこの日までに行い、お披露目するという命名式も併せて行います。

お七夜では、まだ産まれて7日目ということもあり、ママの退院祝いも兼ねて

  • 自宅で食事会
  • 写真撮影
  • 記念の手形や足型をとる

といったお祝いを行います。

お七夜は、産後7日目というスケジュールで行います。ママの体調を最優先で考え、季節や状況によっては無理に行う必要はありません。

赤ちゃんのお七夜・命名式って何?スムーズに行う方法やポイントとは

参考
お七夜|Wikipedia
お七夜をお祝いしよう!命名書や料理はいつ準備する?[調査]|cozre

その2・お宮参り

お宮参りの正式な時期は、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に氏神様へ参拝する行事です。

お宮参りとは、赤ちゃんの誕生をお祝いし、健やかな成長を祈る日本古来の行事です。お母さんの安産のお礼を含めて、土地ごとの守り神である神社に参拝を行います。

男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に氏神様へ参拝します。

  • お宮参りの祈祷
  • 食事会
  • 写真撮影

などを行う家庭が多いです。

お宮参りの時期やマナーなどは、地域によって大きな差があります。自分の住んでいる地域や、実家のしきたりなどを事前に調べた上で、お祝いの方法を決めるようにしましょう。

お宮参りのことが知りたい!お宮参りのポイントやマナーはある?

参考
赤ちゃんのお祝いごと(1)お七夜お宮参り|すくコム
お宮参り|便利わかりやすい【マナーとビジネス知識】

その3・お食い初め

子供が産まれて、100日経ったことをお祝いする行事です。

お食い初めは、赤ちゃんの健やかな成長を願って行われる、日本古来の伝統行事です。生後100日~120日頃に歯が生え始め、離乳食を始める時期であることから、子供が一生食べ物に困らないようにという親の願いを込めて行うものです。

一汁三菜の献立を用いて、赤ちゃんに食べさせる真似をします。また歯固め石という、お食い初めの道具を用意するのが特徴です。「子供が丈夫な歯を持って長生きできるように」という意味を込めて使われます。

(参照元:「生後1年以内の行事と出生時の思い出」に関するアンケート|ASKANET)

お食い初めは、非常に多くの人が行う行事です。赤ちゃんの成長を家族みんなでお祝いしましょう。場所や料理などは各家庭の状況に合わせて、さまざまな方法から選ぶことができます。

お食い初めの基本!スムーズに行うポイントまとめ

その4・初節句

男の子も女の子も、生まれて初めて迎える節句を、初節句と言います。子供の健やかな成長と、邪気を祓い無病息災を願う行事です。女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句にお祝いをするのが一般的です。

男の子の初節句では、兜や鎧、武者人形やこいのぼりなど、女の子の初節句では雛人形をを贈り、みんなでお祝いをします。また男の子の節句ではちまきや柏餅、女の子の節句では雛あられや菱餅など、独自のメニューを用意します。

【男の子の初節句】五月人形やお祝いの方法などの豆知識

【女の子の初節句】どんなことに気をつければ良い?失敗しないためのポイント

初節句は、両方の実家も一緒にお祝いすることの多い行事です。誰がどんなお祝いをするのか、当日の予定はどうするのかなど、できるだけコミュニケーションを取りながら、打ち合わせを行うことが大切です。

参考0歳~7歳までの子供にお祝いしてあげたい7つの年間行事イベント|Smile Kids Basic

その5・初正月

赤ちゃんが産まれて初めて迎えるお正月を、初正月といいます。初正月は、江戸時代から続く、日本の伝統的な行事です。昔は「新しい年を迎えると1つ歳を取る」という、数え年という考え方が一般的だったため、正月は非常に意味のある行事として、盛大にお祝いをしていました。年の節目としての意味合いもあり、華やかな飾りを飾る風習があります。

昔は子供が無事に1歳を迎えられることができずに、命を落とすことも珍しくありませんでした。その名残から、前の年の12月10日までに生まれた子供は、初正月として、男の子は破魔弓、女の子は羽子板を飾り、無事に正月を迎えられたお祝いをします。

初正月は地域ごとの風習が異なる行事の1つです。実家や住んでいる地域で、どのようなお祝いをするのかを事前に調べておく必要があります。また、帰省の機会の多い時期なので、どこで行うのかという場所の選定もすることがポイントです。

初めてのお正月!素敵な思い出にするための豆知識

参考初正月とは?|羽子板・破魔弓の橋本屋

その6・初誕生

その6・初誕生

初誕生とは初めての誕生日、つまり1歳の誕生日のお祝いの行事です。

初誕生とは子供が無事に1歳の誕生日を迎えられたことと、これからの健康を願って行うお祝いです。初誕生ならではのお祝いの方法があり、2歳以降のお誕生日では行わないのがポイントです。

初誕生のお祝いでは、一升餅というお餅を用意し、「一生食べる物に困らないように」という願いを込めて、子供に背負わせたり、踏ませたりする慣わしがあります。また「筆」「財布」「そろばん」などを並べ、子供がどれを選ぶかによって将来を占う「選び取り」も独特な風習です。

初誕生は、親子にとって、とても記念になる行事です。プレゼントを工夫したり、写真撮影や手形・足型の作成など、今後思い出に残るようなお祝いを考えてあげましょう。

特別な1歳の誕生日!初誕生日ならではのお祝いってどうやるの?

参考
1歳の誕生日「初誕生祝い」って何をすればいいの?|cawaiku
「1歳の誕生日」は特別!?「一升餅」「選び取り」とは #今さら聞けない基礎の基礎|ママスタセレクト

その7・七五三

七五三は、7歳・5歳・3歳に行う子供の成長を祝う、日本古来の年中行事の1つです。女の子は7歳と3歳、男の子は5歳(地域によっては3歳と5歳)にお祝いをする行事です。七五三の時期は11月15日ころで、土地の氏神様(神社)などに「七五三詣で」を行うのが一般的といわれています。

一般的には11月に近所の氏神様や、有名な神社に「七五三詣で」を行います。また記念として写真撮影を行う家庭がほとんどで、食事会などを行うケースも多いです。

七五三は数え年で行うか、満年齢で行うかが大きなポイントです。子供の成長度合いを見て、いつ七五三のお祝いをするのかを考えておく必要があります。

初めての七五三!成功のポイントや失敗しないためのチェックリスト

参考七五三|フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事をかいた人

Rie Kato

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライター。専門学校生と小学生の男の子の育児真っ最中! 保険・転職・子育て・ビジネスマナーなど経験を基にしたジャンルを得意とする。インタビュー記事が書けるようなライターになるのが目標。