赤ちゃんのお七夜・命名式って何?スムーズに行う方法やポイントとは

子供が産まれると、今まで気にも留めなかった行事や、初めての行事が目白押しで、特に最初の1年は「初〇〇」というお祝いがどんどんやってきます。その中でもっとも早い時期のお祝いが、お七夜と命名式です。命名式は何となくわかるけれど、お七夜とは何だろう? と思われている方、どんな風にお祝いをしたら良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

今回はお七夜・命名式をスムーズにお祝いする方法や、ポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

お七夜って何?

そもそもお七夜とは何でしょうか? お七夜とは、産まれた日も含めて7日目に行うお祝いのことです。「まだ7日目なのにお祝い?」と思われるかもしれませんが、かつての日本では、産まれてすぐに亡くなってしまう赤ちゃんが少なくなかったため、出産後7日目を迎えられたということに感謝し、お祝いを行っていました。

また命名式は、法律上は14日以内に名前を決めて出生届を提出することになっていますが、一般的にはお七夜にお披露目をします。無事に出産ができたお祝いと、これからの健康を祈願する意味で行うのが、お七夜のお祝いです。

参考お七夜|Wikipedia

お七夜を行う時期はいつ?

赤ちゃんの行事は誰とやりましたか?

(参照元:赤ちゃんのお祝い行事、みんなどうした?|プレママタウン

お七夜は、子供が産まれて7日目に行う行事です。生まれた日から数えて、7日目に行うので「お七夜」といいます。近年ではママの入院が約1週間ということもあり、ママと子供の退院祝いを兼ねて、行うことも多いようです。ただし、子供もママも、7日目では体調が厳しいこともあります。

そんなときは無理をせず、命名書だけを書いたり、お宮参りまでにできれば問題ないくらいに考えて大丈夫です。6割近くの人が「やらなかった」とあるように、お七夜や命名式は基本的に身内だけのお祝いなので、無理をする必要はありません。

忘れてはいけないのは、出生届の期限です。出産後14日以内の提出が法律で決まっているので、命名式のお祝いとは別に、出生届はきちんと出せるように準備しておきましょう。

参考お七夜はする?しない?赤ちゃんと無理なくお祝いする方法としないときの工夫|KIDSNA

お七夜のお祝いってどんなことをするの?

お七夜のお祝いってどんなことをするの?
お七夜のお祝いは、特に難しいしきたりや細かいきまりはありません。子供が無事に産まれてくれたことに対する感謝と、これからの健康を願うものですので、状況によっては「やらなかった」というご家庭もあります。

ここでは一般的にお七夜のお祝いをする際の方法やポイントを4つご紹介します。

写真撮影

子供が無事に産まれてくれたことに感謝し、写真撮影を行うケースが多いです。産まれたばかりの子供はかわいくて、いくらでも写真を撮りたいものです。お宮参りやお食い初めのように、正装をして写真を残す必要はありません。できればパパとママも一緒に、記念に残るような写真が残せると良いでしょう。

退院と重なることも多いので、ベビードレスやおくるみにくるまれている状態でもOKです。まだまだ寝ていることが多いですが、記念に残るベストショットを撮ってあげてください。

参考お七夜をお祝いしよう!命名書や料理はいつ準備する?[調査]|cozre

記念の手形・足型をとる

出生時に、病院で記念として手形・足型をとってくれるところもありますが、祖父母への記念も含めて考えているのであれば、手形や足型をとって、記念に残しておきましょう。

スタンプのように簡単に取れるキットが販売されているので、とても簡単に取ることができます。近年ではフォトスタンドと一緒に飾れるタイプのものが人気です。自宅用の思い出グッズとしても、出産でお世話になったお互いの実家にも、ぜひプレゼントしてあげてください。

【手形 足形キット付&メール便送料無料】両手足形コルクウッドスタンド/ 手形 足型 赤ちゃん 記念 メモリアル 名入れ 内祝い 出産 両親 出産祝い 新生児 ハーフ バースデー 命名書 手形 ベビーフォトフレーム 100日祝い

食事会

食事会といっても、子供はまだ1ヵ月もたっていません。お七夜のお祝いは、自宅かどちらかの実家で行うことが多いので、祖母に簡単な食事を作ってもらったり、テイクアウトのものやケータリングを利用したりすることが多いようです。

ママは出産後すぐの身体なので、食事の準備を「やらなければいけない」と決めつけることだけはやめてください。無理があるなと感じたら、簡素にしたり、夫婦だけのお祝いでも全く問題ありません。

場所

自宅またはママの実家で行うのが一般的,お七夜,

(参照元:お七夜をお祝いしよう!命名書や料理はいつ準備する?[調査]|cozre

お七夜をお祝いする場所は、自宅が最も多く、里帰り出産のためにママの実家がそれに続いています。やはり退院直後ということもあり、外出したりすることは極端に少ないです。事情があって入院が長引いている場合などは、病院でお祝いしてくれることも多いので、看護師さんに相談してみましょう。

自宅で行うメリットは、季節や天候に左右されないということです。またママの実家であれば、ママはリラックスした状態で、過ごすことができます。各家庭の状況や、ママの負担の少ない場所を選んであげてください。

お七夜・命名式のポイント

時期的にバタバタするお七夜と命名式ですが、ここではお七夜・命名式を行う際に、ぜひ押さえておいて欲しいポイントをまとめました。知っておきたい豆知識もあるので、参考にしてください。

ママの体調を最優先に

お七夜と命名式は、厳密にいうと産後7日目です。ただ体調によってはママがまだ入院中ということも考えられますし、退院していたとしても、大事にしなければいけない時期です。7日目ということにとらわれず、各家庭の状況に合わせて、お祝いをするようにしましょう。

ちなみに筆者の場合は、帝王切開で出産したため、7日目はまだ入院していました。体調が優れなかったので、私の回復を待ってみんながお祝いをしてくれたのを覚えています。ただ出生届は生後14日までに提出する必要があるので、名前だけは決めてしまいましょう。お祝いはママの体調と相談してからでも遅くはありません。

名づけは誰が行う?

基本的に、名づけは「誰かが行わなくてはいけない」ということはありません。

Q5,名付け,赤ちゃん,

(参照元:名付け〜赤ちゃんの名前はいつ・誰が決める?【妊娠・出産・育児お悩みアンケート】|cozre

以前はパパの実家の決まりがあったり、代々受け継いでいる漢字を一文字使用するなどといったこともありましたが、近年ではパパとママで決めることが多く、9割以上の人が夫婦で名前を決めているようです。名づけの本を参考にしたり、姓名判断などを利用することもありますが、最終的に決めているのは、やはりパパとママということになります。子供の名前を考えるのは、とても楽しい時間です。パパとママで一番だと思う名前を考えてあげてください。

命名書は誰が書くの?

もともと、お七夜は父親の実家が主催して行っていた慣わしがあります。そのため、父方の祖父が名付け親となり、命名書も祖父が書くというのが一般的とされてきました。しかし現代では、そこまで厳密に昔の風習に則って行うことは少なくなってきています。出産後ママが自分の実家にいることも多いので、わざわざ父方の実家に行くことも難しいです。名づけは夫婦で行うことが多いので、命名書はパパが書くことが増えてきており、出産前から名前を考えているケースがほとんどです。

参考お七夜・命名式とは?お祝いの日の数え方やお祝いの方法まとめ |赤ちゃんの部屋

命名書の正しい書き方とは?

命名書には正式な書き方と略式の書き方があります。これは各家庭や地域によっても差があります。ここでは一般的とされる命名書の書き方をご紹介します。

正式な命名書の書き方

oshichiya1(参照元:本当にわかりやすい!『命名書』の書き方|cawaiku

上記が正式な命名書の書き方になります。

  1. 子供の名前
  2. 父の名前
  3. 母の名前
  4. 続柄
  5. 子供の生年月日
  6. お七夜の日付
  7. 命名した人の名前

これらを三つ折りにした「奉書紙」というものに書き、神棚に供えるとされていました。しかし現代では、神棚がない家庭が非常に増えてきたこともあり、簡素化した略式のものを利用する家庭が増えてきています。筆を用意して書くのは少々緊張しますが、とても良い思い出になるので、頑張って正式の命名書にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

略式的な命名書でもOK

oshichiya2
(参照元:本当にわかりやすい!『命名書』の書き方|cawaiku

略式の命名書の書き方は上記の通りです。

  1. 子供の名前
  2. 父の名前
  3. 母の名前
  4. 続柄
  5. 子供の生年月日

略式の命名書は「半紙」に書きます。ただ、保存をしていくつもりであれば、本物の半紙ではなく、「命名紙」といわれる厚手の紙に書くことをおすすめします。また近年では、字の苦手な人のためにプリンター対応の商品や、代筆のサービスなどもあります。直筆ならではの温かみも良いですし、プロの腕前を堪能できるものも素敵です。どの方法を選ぶかは、パパとママが相談して、負担が少なく、思い出に残るものを選んでください。

参考本当にわかりやすい!『命名書』の書き方|cawaiku

先輩ママの体験談から学ぼう

筆者は2人の男の子を育てています。友人達とはさまざまな情報交換を行って、いろいろな状況の生の声を聞くことができます。ここでは、お七夜や命名式に関する筆者の友人たちの体験談をご紹介します。ヒントになるものがあれば、ぜひ参考にしてください。

  • 退院はしたものの、とても体調が悪くお七夜のお祝いはできなかった。お姑さんに「昔は床上げをしたら多少具合が悪くても動いたもんだ」などと言われ、お七夜ができなかったことをずっと根に持たれた。(30代・男の子ママ)

年代の差なのかもしれませんが、しきたりの違う家へ嫁ぎ、嫌な思いをしてしまったケースです。

  • 私と旦那で名前を考えていたが、孫が生まれると急に旦那の父親が「自分が決めることになっている」と言いだした。何とか話をして遠慮してもらったが、名づけにずっと不満を持たれていた。(20代・女の子のママ)

父方の実家とのコミュニケーションがうまく取れていなかったことが原因のようです。

  • 体調が悪いのに、旦那の両親がうちの実家まで押しかけてきた。お祝いしたいのはわかるけど、迷惑以外の何ものでもなかった。(30代・男の子ママ)

事前に里帰り出産を伝えていたにも関わらず、お七夜のことについてきちんと打ち合わせていなかったことが原因になってしまったと後悔していました。その他にも

  • 命名書が1枚しかなかったのに、失敗してしまった。(20代・男の子ママ)
  • お七夜のお祝いをしなかったら、旦那の親に怒られた。(20代・女の子ママ)
  • 代筆を頼んでいたら、旦那に「俺の字じゃだめなのか」と怒られた。(30代・女の子ママ)
  • 難しい漢字ではあったけれど、旦那の親に書いてもらった命名書の名前が間違えていた。(20代・女の子ママ)

など、コミュニケーションの不足が原因で、各家庭ごとにちょっとした失敗談があったようです。

出産前は何かと忙しくなりますし、特に出産した後は入院をすることになるので、細かい打ち合わせなどは難しい状況になります。入院までの間に、出産からお七夜までの段取りや準備を行っておくと良いでしょう。事前に話をしておくことで「こんなはずじゃなかった」ということは避けられるはずです。また必ずしも行わなくてはいけない行事ではありません。地域や年代によっては認識が異なることも考えられるので、事前にコミュニケーションを密に取っておくことがポイントです。

【まとめ】お七夜・命名式をスムーズに行うポイントとは?

【まとめ】お七夜・命名式をスムーズに行うポイントとは?
お七夜・命名式をスムーズに行うポイント……それは、ママや子供の体調を優先することを、予め決めて、家族に伝えておくことです。祖父母にとって、孫の誕生はとても嬉しいものです。お祝いを進んでしたいと思ってくれることも多いはずです。ただし、出産の状況などを考えて、必ずできる行事とは確約できないことを身内には伝えておきましょう。

また出産をどこで行うのか、ということも大切なポイントです。退院後、ママがどこにいるかによってお祝いの方法や場所が変わります。家族で情報を共有し、準備できる物は準備をして、状況に合わせて柔軟に対応してもらえるように、話をしておくことをおすすめします。一生に一度の思い出に残る行事です。くれぐれも無理がないようにしてください。

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)