いよいよ保育園入園!絶対やっておくべき準備や入園式当日のポイント

いよいよ保育園入園!絶対やっておくべき準備や入園式当日のポイント

産休や育休を経て、いよいよ職場復帰……また、中には新しい生活に向けて、仕事を始める場合もあります。そんなときに始まるのが、子供の保育園生活です。親子で初めてのことばかりの保育園生活は、不安がいっぱいです。でも、事前の準備や情報収集を行えば、安心して保育園生活に臨むことができます。今回は、新しく保育園に入園する際の準備や、入園式のポイントについてご紹介します。

保育園の入園式の時期

保育園の入園式は、幼稚園や小学校の入園式・入学式とは少々異なります。保育園の入園の際は、必ず慣らし保育というものがあり、子供が少しずつ園の生活になれることができるよう、初めは短い時間からスタートします。その場合は、実際の入園は1週間ほど前になります。入園式を4月1日に行う保育園もありますが、担任の先生の紹介や、進級祝い、新しく入園したお友達の紹介などをかねて行う保育園が多いです。日にちも4月1日と決まっているわけではなく、働いている保護者に配慮して、4月最初の週末に行ったりすることもあります。また保育園では、途中入園のケースも多いので、そういった場合は改めて入園式を行うということはありません。

参考【体験談】保育園の入園式はいつ?ママ・パパ・子どもの服装は?|mamanoko

保育園の入園準備!注意したい5つのポイント

保育園の入園準備!注意したい5つのポイント
保育園の入園にあたっては、長い時間を過ごすことになる、保育園用の持ち物の準備が必要になります。準備するものは保育園の方針や年齢によってさまざまですが、ここでは、一般的に準備で注意したいポイントを5つご紹介します。

準備は早めに行おう

保育園の入園までに、園での生活を知るために、見学会や説明会を行うことが多いですが、入園が決まると園から準備してほしいもののリストが配布されます。デザインや大きさ、柄に至るまで細かい指定のある保育園もあれば、「家で使っている物で大丈夫」というフランクな保育園まで、実にさまざまです。ただし、余分に購入しなければいけないものなどが多いので、早めに準備を行う必要があります。特に4月からの入園の場合は、他の幼稚園や保育園の入園時期と重なるので、市販品が品薄になったりすることも考えられます。準備しなければいけないものについては、入園が決まり次第、できるだけ早めに準備を行いましょう。

保育園の説明会や見学で不明点を確認

保育園を決める際に、見学には必ず行くことになります。ほぼ入園が確定している保育園であれば、その際に園の生活に関する細かなルールや、準備しなければいけないものについての説明があるはずです。わからないことがあれば、できるだけその時点で確認をするようにしましょう。また、「わからないことがあれば、またご連絡しても良いですか?」と聞いておくことも重要です。担当の先生の名前や、電話をかけても良い時間帯なども併せて確認しておくと良いでしょう。実際に園に行けば、全体の雰囲気や、子供達がどのようなものを使っているかなども確認できます。見学や説明会は何度も行うものではないので、不明なことはその時点で確認をすることが必要です。

名前付けや製作には時間がかかる

保育園の準備でもっとも大変なのは、名前付けと製作です。洋服や靴、靴下、替えのおむつやタオルに至るまで、1つ1つ全ての持ち物に記名が必要です。また保育園によっては、スタイやバッグ、布団カバーなどを作らなくてはいけないこともあります。「保育園入園のタイミングでミシンを買った」という保護者が多いのも、これが理由です。近年ではお名前シールが一般的となってきていますが、持ち物全てに……というのは、本当に大変で、手間がかかります。特に年齢の小さい子供の場合は、持ち物が多くなる傾向があるので、早めにとりかかることが大切です。

参考嬉しい半面苦労も多い?入園準備!|ベネッセ 教育情報サイト

保育園入園に必要なグッズ

保育園入園では、新たに購入しなければいけないものが、たくさんあります。その中でも多いのが次に挙げる4つです。保育園の方針や年齢によって異なりますが、年齢の小さい子供の方が、準備するものは多くなります。具体的にどのようなものか、見ていきましょう。

オムツ・おしりふき

小さい子供の場合は、オムツとおしりふきが必要です。特に最初はまとめて持っていかなくてはいけないことも多く、オムツ1枚1枚に名前を書いていく必要があるので、大きな負担になります。有料で保育園のオムツを利用するケースもありますが、公立の保育園の場合は、家庭から持参することがほとんどです。また汚れたオムツを持ち帰る保育園の場合は、ビニール袋なども必要になります。

エプロン・タオル

ミルクだけの時は不要ですが、保育園で給食やお弁当を食べる際には、エプロン(スモックの場合もある)やスタイ、手洗い用のタオルなどが必要になってきます。特に離乳食が始まった時期から、1人食べの練習をする2歳くらいまでは、とにかく汚してくるので、洗い替えが何枚も必要になります。保育園の指定があれば良いのですが、中にはタオルを利用したスタイなどを製作しなければいけないケースもあるので、注意しましょう。

着替え・パジャマ

お昼寝のときに着るパジャマや、汚れたり、汗をかいたりしたときに使う着替えは必需品です。筆者の場合は、息子が2歳児クラスのとき、毎日上下で3セット用意していました。当然次の日には足りない分を持っていかなくてはいけないので、着替えに関してはとにかく枚数が必要です。パジャマは夏用と冬用、2種類あると安心です。意外と困るのが下着です。トレーニングパンツも通常の下着も、保育園に持っていく用の枚数が必要になるので、通常の状態よりは多く購入しなくてはいけないことになります。

昼寝用布団・シーツ・カバー

昼寝用の布団やシーツ・カバーが必要な保育園も多くあります。園によっては布団を園で用意してくれることもありますが、ほとんどの場合はセットで購入するか、シーツやカバーを指定の大きさで製作することになります。お昼寝布団のセットは、3月~4月になると、非常に品薄になります。人気のキャラクター物や手ごろな価格の物は品切れになってしまうので、早めに購入しておきましょう。

参考保育園・幼稚園の入園準備で、予想外にお金がかかったものは?|マイナビニュース

予防接種を受けるスケジュールを

保育園は集団生活です。そこで気をつけなくてはいけないのが感染症対策です。保育園入園の際に、年齢によっては予防接種を受けていることが条件のケースもあるので、スケジュールを立て、子供の体調を見ながら予防接種を受ける段取りを行いましょう。かかりつけの小児科医を作っておき、先生に保育園入園する旨を伝えて相談に乗ってもらうことをおすすめします。

●麻しん:1歳前に入園する場合には、9か月を過ぎたら接種を勧めます。(これは定期接種とはならず、有料)
*ただし、追加接種も必要になります。1歳以上の児で未接種の場合は、すぐに接種を。
●MR混合(麻しん・風しん):平成18年4月より 1期・12~24か月未満 2期・5~7歳(小学校入学前の1年)
●風しん:1歳以上の児で未接種の場合は、接種計画を建て接種をMRワクチンが定期接種に組み込まれ変りましたの                  で、かかりつけの医師と調整してください。
●三種混合(百日咳、ジフテリア、破傷風):3か月以上の児で未接種の場合は、接種計画を立て接種を。
●結核(BCG):6か月未満の児は接種を。
●ポリオ:機会があれば接種を。
●日本脳炎:6か月以上の児で未接種の場合は、接種計画を建て接種を。
*新しいワクチンの登場、まだ遅れそうですので、かかりつけの医師と調整してください。
●水痘(みずぼうそう):家庭の事情などを考慮に入れ決めよう。共稼ぎか、兄弟の人数など考慮に入れて。
●流行性耳下腺炎(おたふくかぜ):家庭の事情などを考慮に入れ決めよう。共稼ぎか、兄弟の人数など。
●インフルエンザ:なんのために接種するのか、時期、効果を検討して決めよう。
●その他:B型肝炎、肺炎球菌などかかりつけの医師と相談してください。

(引用元:保育園に入る前に予防接種を考えましょう|日本保育園保健協議会

家庭でやっておきたい保育園入園の準備5つのポイント

保育園の準備は、物品だけではありません。保育園生活をスムーズに行えるように、各家庭でも環境を整える準備を行う必要があります。生活習慣などは短時間ではできないことです。入園に向けて、少しずつ早い段階から準備するようにしましょう。

保育園グッズの置き場を確保しよう

保育園に通うようになると、いろいろと持ち物が増えます。今までの生活では不要だったものや、余分に準備してあるもの、毎日必要となるバッグや制服・着替えなどが増えるので、それらをまとめておいておけるスペースを確保しましょう。一か所にまとめてあると、足りないものが一目瞭然でわかりますし、忘れ物が少なくなります。

早寝・早起きの習慣をつけよう

保育園に行くためには、朝ご飯を食べ、トイレを済ませておくことが望ましいです。年齢の小さい子供も、ミルクを飲ませたり、着替えをさせたりと、準備には思ったより時間がかかることがあります。そのため、入園が決まったら、できるだけ早寝・早起きの生活リズムを付けてあげましょう。急な生活リズムの変更は、子供にとっても負担になります。期間を長めにとって、少しずつ慣らしてあげることが望ましいです。

保育園までの通園手段を決めよう

保育園に通う手段は決まっていますか? マイカー・徒歩(ベビーカー)・自転車・公共交通機関など、手段はさまざまです。送迎を考えて、自分の通勤時間を計算しなくてはいけません。交通渋滞や朝のラッシュなど、弊害があることも考えられます。できれば、入園前の同じ時間に、どのような状況なのかを予め試してみることをおすすめします。

哺乳瓶に慣れておこう

母乳育児をされてきた家庭にとって、子供が哺乳瓶に慣れていないと、保育園ではとても大変です。ミルクや哺乳瓶に慣れていない場合は、徐々に慣らしていってあげることが重要です。ミルクを保育園に持っていくことになるので、どのミルクがあっているのか、哺乳瓶はどのようなものを持参するのかなども、併せて考えておく必要があります。

入園式当日・注意したい5つのポイント

入園式当日・注意したい5つのポイント
入園式のある保育園の場合は、保護者も出席することがほとんどです。その際に注意したいポイントを5つピックアップしました。一生に一度の入園式です。「失敗した!」なんてことにならないように、ぜひ参考にしてください。

保護者の服装は園の雰囲気に合ったものを選ぼう

保護者の服装は、その保育園の雰囲気や式の目的に合わせて選びましょう。ちなみに筆者の子供の保育園は、

  • 子供も保護者も普段着でお願いします。正装は不要です。

という園でした。進級式も兼ねての入園式だったので、保育参観のようなアットホームな雰囲気で行っていました。ただし、園によっては、「子供も保護者も正装で」ということもあります。その際は派手すぎるものは避け、清潔感のあるものを選んでください。また年齢の小さい子供の入園の場合は、服も靴も動きやすいものにしましょう。

参考:【保育園入園式の服装】子供/母親/父親の服選びのポイント|マーミー

子供は制服の有無を確認しよう

入園式の子供の服装は、保育園によって違います。制服や指定の園服がある場合は、決められたものを着用すればOKです。小さい子供や、保育園の制服・園服がない場合は、フォーマル着用から普段着まで、実にさまざまです。まず制服や園服の有無を確認しましょう。ない場合は、どんな服装で出席すればいいのかを、園に確認してください。

非常識な行動は慎もう

入園式には、たまに非常識な行動を取る保護者がいます。

  • 大きな声で式の間中おしゃべりをしている
  • 撮影禁止の場所でビデオや写真を撮っている
  • 式の最中に写真撮影のため子供の名前を呼ぶ
  • TPOをわきまえない服装で参加している

これは実際に、筆者の保育園にいた非常識な保護者です。写真やビデオなど、自分の子供が可愛いのはわかりますが、入園式はみんなで作るものです。周りの人から迷惑がられるような行動や、常識を疑われるようなことは控えなくてはいけません。また近年ではSNSの問題もあり、大勢の人が写っている写真の掲載が禁じられている保育園もあります。無用なトラブルを生まないためにも、非常識な行動は慎みましょう。

先輩ママや先生に事前確認を!

保育園が定める方針は、園によって様々です。

  • 入園式は子供も親も普段着で。
  • 子供は制服。親はフォーマルな服装で。

これは保育園の規模や子供の年齢によっても異なります。みんながフォーマルなのに自分だけ普段着だったり、またその逆……なんてことになると困ってしまいます。保育園から特に指定がなかった場合は、保育園の先生や先輩の保護者に確認してみましょう。

先生への挨拶はきちんと行おう

どんな保育園でも、日中お世話になるのは保育士さんたち先生です。自己紹介も兼ねて、きちんと挨拶をしましょう。注意してほしいことや何か伝えたいことがあれば、担任に別途挨拶をすることも必要です。

【まとめ】保育園入園は新しい生活のスタート!子供と一緒に成長しよう

保育園の入園は親子共々、新しい生活のスタートになります。わからないこと、不安なことも多いですし、忙しい毎日になりますが、保育園生活はかけがえのないものです。「子供と一緒に成長を楽しもう」という余裕を持てるように心がけて、親子で一緒にがんばりましょう。

参考
http://www.nhhk.net/health/03_01.html

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)