【男の子の初節句】五月人形やお祝いの方法などの豆知識

【男の子の初節句】五月人形やお祝いの方法などの豆知識

初節句……子供が生まれて初めて迎えるお節句は、通常のお節句よりも特別な意味を持ちます。子供にとって初節句なら、パパやママにとっても初めてのことばかりで、「これで良いのか? 」と不安が大きくなります。今回は初めて男の子の節句を迎える際に、知っておきたいポイントや豆知識をご紹介します。ぜひ参考にして、素敵な初節句にしてください。

初節句とは

初節句とは、子供が生まれて初めて迎えるお節句のことで、子供の健やかな成長と、邪気を祓い無病息災を願う行事です。女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句にお祝いをするのが一般的です。日本には古来から「五節句」と呼ばれる節句があります。「節」には季節の節目という意味があり、五穀豊穣や子孫繁栄、無病息災などを祈願して、神様にお供え物をする風習がありました。5月5日は端午の節句、別名「菖蒲の節句」と呼ばれ、男の子の誕生と成長をお祝いする日とされてきました。

初節句の時期について

お宮参りやお食い初めは「生後何日」という赤ちゃんの月齢に合わせた行事ですが、初節句だけは暦に合わせた行事になっています。正式にいうと、初節句は「赤ちゃんの生後初めての節句にお祝いをすること」をいうのですが、初節句が生後1ヵ月から3カ月に満たない時期に来てしまう場合は、翌年に持ち越してお祝いをすることもあります。端午の節句は5月5日です。そのため、2月から4月に生まれた男の子の場合は、翌年1歳を迎えてからのお祝いでも問題はありません。
参考
『五節句』とは?いつなの?その意味や由来について|日本文化研究ブログ

初節句のお祝いの方法は

初節句のお祝いの方法は
初節句のお祝いの方法はさまざまです。子供の成長のお祝いと、厄払いを兼ねた行事ですが、地域によっては独特な決まりや風習があることもあります。基本的には自分の住んでいる地域の慣わしに沿って行いますが、ここでは一般的な男の子の初節句のお祝い方法をご紹介します。

食事会をする

初節句のお祝いは、パパ・ママ双方の実家の祖父母を招いて行うことが多いです。初節句は身内でのお祝いなので、多くの人を招待する必要はありません。お祝いに出席してくれた祖父母への感謝をこめて、ホテルや料亭で食事会をしたり、自宅に招いておもてなしをすることが一般的です。

  • お祝いをいただいたので、せめてものお礼と思って実家の両親たちとホテルで食事をした。
  • パパの実家に招いてもらった。みんなで食事をごちそうになり、初節句のお祝いをしてもらった。
  • 自宅で料理の準備をするのが大変だったので、通販でお祝い膳を予約して利用した。

それぞれ自分達の状況に合わせて、お祝いの席を設けていることが多いようです。

五月人形を飾る

男の子の初節句で、最も多くの人が準備をするのが五月人形です。五月人形には「立派に成長してほしい」という願いと「男の子を厄から守る」という2つの願いが込められています。兜・鎧・武者など、勇ましいイメージがありますが、力強く厄を祓ってほしいというメッセージが込められているのが五月人形なのです。

写真撮影をする

赤ちゃんの行事では、多くの家庭が写真撮影を行います。日頃のスナップ写真でも十分に記録を残すことはできますが、現在では写真スタジオを予約して、正装した赤ちゃんの写真を撮影したり、家族みんなの集合写真を取ることが多いようです。写真スタジオでの撮影は季節や天候に左右されず、中には衣装のレンタルなどもパックでついている特典などもあるので、どのタイミングで写真撮影をするのかを決めておきましょう。お祝いの当日に行うケース、後日改めて行うケースなど、各家族の状況によってさまざまな方法があります。

お詣りをする

本来、初節句は両親と祖父母の身内だけのお祝いで十分です。ただし地域や風習によっては、その土地の守り神である氏神様やお宮参りをした神社にお詣りをして、お祓いやご祈祷をしてもらうケースもあります。嫁ぎ先の実家の慣わしや、住んでいる地域によって異なるので、お詣りをどうするかは相談をして決めましょう。

参考
どうする初節句のお祝い|第784回|ハッピー・ノート.com

初節句の五月人形について

男の子の初節句で、お祝いとして一番に考えられるのが、五月人形です。甲冑や鎧、兜飾り、金太郎の武者人形など、勇ましく強いイメージのある物が一般的です。五月人形についてのポイントはどのようなものなのか、3つピックアップしてご紹介します。

誰が準備するの?

昔からこいのぼりや五月人形は、嫁入り道具の1つと考えられていました。そのため、節句飾りは「母方の実家から贈るものだ」という傾向があります。ただし現代ではそのような堅苦しい風習に則るのではなく、もっと柔軟に対応している家族が増えてきています。双方の両親が一緒に購入したり、パパとママで準備したり、五月人形を買う資金をお祝いとして頂くなど、その家族ごとに話し合って決めていることが多いです。

選ぶときのポイントは?

住んでいる家の住宅事情を第一に考えて、五月人形の大きさを決めましょう。飾る場所やしまっておく場所を確保する必要があります。近年人気のあるのは、飾り台となる箱の中に人形をしまえる「収納飾り」です。新しくそろえる場合は、どのくらいの大きさなら飾ることができるのか、しまう場所がどうなのかを考えて、決めてください。大きさは実際に見てみないとわからないことが多いです。できれば実際に店舗などで見て、決める方が確実かもしれません。

お下がりでも問題ない?

古来から人形は、持ち主の代わりに厄を受けるものとされています。そのため、できれば一人に一つの五月人形を持つことが望ましい、お下がりなどは縁起が悪いといわれてきました。パパのために購入した五月人形を飾ったりするのは問題ありません。ただし、できれば初節句用に1つ新品を購入し、「一緒」に飾ることが望ましいとされています。

参考
五月人形(鎧兜)選びの基礎知識|All About

男の子の初節句の料理

男の子の初節句には、代表的なお料理があります。1つ1つ意味を持つ料理になりますので、献立の参考にしてください。

ちまき

ちまきは古来の中国で、邪気を祓うものとされていました。その風習が日本に伝わり、現在では端午の節句の定番料理となっています。ちなみに関東よりは関西方面の方がポピュラーなようです。

柏餅

柏餅をくるんでいる葉っぱの柏は、新芽が出るまで古い葉っぱが落ちない木です。「次の子供が生まれるまで親は死なない」という子孫繁栄を願って、端午の節句には欠かせないメニューです。

鰹・鰤

鰹(かつお)は「勝つ」の語呂合わせから、鰤(ぶり)は出世魚であることから、立身出世を願って、初節句の料理として好まれています。

筍(たけのこ)は旬の野菜であることと、スクスクと育つ様子から、子供にも大きく健やかに育ってほしいという願いを込めて、メニューに取り入れられることの多い野菜です。

ケーキ

赤ちゃんの月齢にもよりますが、デザートとして出席者の人と一緒に食べることができるメリットがあります。お祝いのケーキで人気なのは、子供の好きなアニメをモチーフにしたものや、写真を使ってデコレーションできるものなどです。お祝いの席を華やかにするメリットもあるので、用意してあげられると良いでしょう。

お寿司

お寿司は「寿」という字が入っていることから、お祝いの席にはよく用いられるメニューです。その他にも赤飯や季節の野菜を使った炊き込みご飯などでも大丈夫です。近年では「手毬寿司」が食べやすくて人気を集めています。
参考
初節句男の子だとお祝いの仕方は?料理メニューは?お返しは?|闘う嫁のマナーノート

初節句の衣装

初節句のお祝いに着る衣装はどんなものが良いのでしょうか? 男の子の節句は5月5日前後に行うことがほとんどです。初めてのことでわからないことだらけ……という人は、ぜひ参考にしてください。

マナー違反はない

男の子の初節句で着る洋服には、マナー違反というものはありません。お祝いをする場所や、出席する人達が方向性を合わせていれば、絶対NGというものはないので、安心してください。ただし、写真撮影をする場合や、神社にお詣りをする場合などは、ある程度の正装=スーツやワンピースなどが好ましいかもしれません。赤ちゃんの服装に関しては、次にあげる和装か洋装かを決めてあげましょう。

【和装】被布を着せる

被布という衣装は、着物の上から着る羽織のようなものです。ベストのような形になったもので、小さいころにしか着れません。最近ではロンパースなどで被布と同じような柄やイメージを出せるものもあります。赤ちゃんに和装をさせたいと考えるのであれば、被布を着せるのが一般的です。

【洋装】ベビードレス

着物は少々窮屈、汚したら困る、普段着られないのに購入するのはもったいない……など、和装ではなく、洋装で考える場合は、ベビードレスを選ぶのが一般的です。お宮参りやお食い初めの時の衣装を利用したりすることもあります。ベビードレスは着る機会の少ない洋服ですので、お祝いの際に活用するのも賢い方法です。
参考
初節句におすすめ!男の子に着せたい衣装|まめまメモ

月齢に合わせた衣装を選ぼう

初節句は暦に合わせた行事なので、赤ちゃんの月齢はさまざまです。そのため、準備する衣装も赤ちゃんの月齢に合わせる必要があります。お食い初めやお宮参りと近い日程であれば、ベビードレスを使えることもありますし、1歳前後であれば、着物を着せることも考えられます。堅苦しいルールやマナーはありません。赤ちゃんの月齢に合った、無理のない衣装を選んであげることがポイントです。

体験談から探る。成功させるポイントとは?

成功させるポイントとは?
筆者は男の子2人を育てています。子供が小さいころからの友人もたくさんいますが、皆最初の子供の初節句では、さまざまな経験をしています。ここでは先輩ママの失敗談や成功の秘訣をピックアップし、成功させるポイントとしてご紹介します。

時期

  • 細かいマナーを知らずに、4月生まれの息子の初節句をその年にやってしまった。
  • 節句の時に、レンタルや写真撮影があんなに混むとは思わず、好きな柄の着物を借りることができなかった。
  • ゴールデンウィークを利用してお祝いをしたが、どこに行くにも大渋滞で、予定通り動けなかった。
  • 1年遅れで初節句をやった。1歳を過ぎていたので、素敵な着物を着たり、美味しい食事を食べることができて良かったと思っている。

料理・食事

  • 自宅にパパとママの両親を招いて、お祝いをした。もともと料理が苦手ではあったが、あまり皆に食べてもらず、とても落ち込んだ。
  • 通販で冷凍のお祝い膳のセットを購入した。味はどうか不安だったが、とてもおいしく、普段作れないようなメニューもあって、大人気だった。
  • 食事会をセッティングしたが、初節句のお客でとても混んであり、満足のいくサービスが受けられず残念だった。
  • いろいろ準備が大変だったので、最初からお姑さんにお願いした。嫌がられるかと思ったが、相談したことが嬉しかったらしく、とても気持ちよく協力してくれた。

お詣り

  • 時期的にとても混雑していた。まだ5ヵ月くらいだったので、思った通り、お詣りの後に息子は体調を崩した。感染症には注意しなくてはいけないと肝に銘じた。
  • 神社へのアクセスが悪く、駐車場も少なかった。前もって下見をしておくべきだと反省した。
  • 人気のある神社にご祈祷をお願いしたら、初穂料が異常に高かった。
  • お詣りの神社にカメラマンさんに同行してもらった。祈祷の様子や家族の写真などがきちんとした形で残ったので、とても良いサービスだと思った。

服装

  • 自分の実家とパパの実家に服装の打ち合わせをしていなかった。お姑さんはスーツ、実家の母は着物で来てしまい、「事前に言ってくれれば私も着物で来たのに」とお姑さんを怒らせる羽目になった。
  • 赤ちゃんの成長が早く、お食い初めで来た洋服が着れなくなってしまった。事前に確認をしていなかったので、前日に慌てて買うことに。

五月人形

  • パパの親とママの親、双方から「プレゼントしたい」といわれ、なかなか折り合いがつかなかった。結局こいのぼりと五月人形を分けて購入してもらった。
  • パパの親が買ってくれた五月人形はあまりにも立派なものだった。何とか飾ることはできたが、収納ができずにとても困った。
  • 「大きなものは要らない」というリクエストを前もって話していたら、とてもかわいらしいキャラクターの五月人形を探してプレゼントしてくれた。とても子供が気に入っている。

【まとめ】初節句を素敵な思い出にしよう

初節句には、特にこれといったルールはありません。ただし、地域によっては細かいしきたりがあったり、その地域特有の慣わしがあったりします。基本的にわからないことがあれば、嫁ぎ先のお姑さんに確認するのも良い方法です。赤ちゃんの健康を願う行事です。肩肘張らずに、みんなで協力し合いながら良い思い出になるように準備を行いましょう。あくまでも主役は赤ちゃんです。赤ちゃんの体調や月齢を優先して、ぜひ素敵な思い出を作ってください。

この記事をかいた人

ryukeimommy

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライターです。 子育てと仕事の両立に悩みながら、フリーライターとして活動中。 大学生と小学生の息子に支えられ、日々奮闘中です。