【女の子の初節句】どんなことに気をつければ良い?失敗しないためのポイント

【女の子の初節句】どんなことに気をつければ良い?失敗しないためのポイント

赤ちゃんが誕生すると、次々と行うお祝いの行事が出てきます。一般的に、お宮参り、お食い初めに続いて行うのが初節句です。初節句は男の子と女の子では、お祝いする時期が異なります。初めてのことばかりで、どんなことをすれば良いのかわからないと悩む人も多いはず……今回は、女の子の初節句にフォーカスして、失敗しないための基礎知識やポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

初節句とは

初節句とは、子供が生まれて初めて迎えるお節句のことで、子供の健やかな成長と厄除けを願う行事です。女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句にお祝いをするのが一般的です。日本には古来から「五節句」と呼ばれる節句があります。「節」には季節の節目という意味があり、五穀豊穣や子孫繁栄、無病息災などを祈願して、神様にお供え物をする風習がありました。3月3日は桃の節句、別名「上巳の節句」と呼ばれ、女の子の誕生と成長をお祝いする日とされてきました。

参考
初節句はいつ何をする? お祝いとお返し マナーや相場 | All About

初節句の時期について

お宮参りやお食い初めは「生後何日」という赤ちゃんに合わせた行事ですが、初節句だけは暦に合わせた行事になっています。正式には生後初めての節句に初節句のお祝いをすることをいうのですが、初節句が生後1ヵ月から3カ月に満たない時期に来てしまう場合は、翌年に持ち越してお祝いをすることもあります。

  • 娘が2月生まれだったので、初節句のお祝いは翌年に。頂いた雛人形だけ飾った。
  • ちょうど体調を崩してしまったので、お祝い自体を翌年にした。

など、筆者の先輩ママ達も赤ちゃんの月齢や体調に合わせて柔軟に対応しています。

参考
『五節句』とは?いつなの?その意味や由来について|ジャパンカルチャーラボ

初節句のお祝いの方法は?

初節句のお祝いの方法は?
初節句のお祝いの方法はさまざまです。子供の成長のお祝いと、厄払いを兼ねた行事ですが、地域によっては決まりがあったりすることもあります。ここでは一般的な女の子の初節句のお祝い方法をご紹介します。

食事会をする

初節句のお祝いは、双方の実家の祖父母を招いて行うことが多いです。初節句は身内でのお祝いなので、多くの人を招待する必要はありません。お祝いに出席してくれた祖父母への感謝をこめて、ホテルや料亭で食事会をしたり、自宅に招いておもてなしをすることが一般的です。筆者の友人のママ達は

  • 子供が1歳に近かったので、遠方から来てくれた両親と一緒に、料亭で食事をした。
  • 久しぶりの外食だったので、少し奮発してホテルで食事をした。
  • 祖父母が来れなかったので、赤ちゃんと3人で自宅でごちそうを作って食べた。

など、出席者や日取り、予算に合わせて、みんな工夫をしているようです。

雛人形を飾る

女の子の初節句で、最も多くの人が準備をするのが雛人形です。初節句ともなると、どちらかの祖父母が贈ってくれたりすることもあります。雛人形は日本古来から、お守りやお祓いの意味をもつ人形だといわれています。雛人形は早めに飾って早めに片付けるという風習があります。お祝いだからといって、いつまでも飾っておくのはタブーです。

写真撮影をする

赤ちゃんの行事では、多くの家庭が写真撮影を行います。日頃のスナップ写真でも記録に残すことはできますが、現在ではスタジオを借りて、赤ちゃんだけの写真や、家族の集合写真を取ることが多いです。スタジオでの撮影は天候に左右されず、なかには衣装のレンタルなどもパックでついている特典などもあるので、どのタイミングで写真撮影をするのかを決めましょう。当日行うケース、後日改めて行うケースなど、状況によってさまざまな方法があります。

お詣りをする

初節句は両親と祖父母の身内だけのお祝いで十分ですが、土地の守り神である氏神様にお詣りをして、ご祈祷をしてもらうケースもあります。絶対に行わなくてはいけないというものではないので、その土地の風習や、嫁ぎ先の慣わしに準じて行ってください。

初節句の雛人形について

女の子の初節句……お祝いとして雛人形を飾るのは、もっともポピュラーな方法です。

誰が準備するの?

一般的に雛人形は、母方の実家から贈るものだといわれています。以前は嫁ぐと同時に、嫁ぎ先の両親と同居をするケースが多く、母方の祖父母は孫になかなか会うことができなかったため、孫に会う口実として、初節句の雛人形を贈るという風習があったようです。ただし現代ではそのような堅苦しい風習に則るのではなく、もっと柔軟に対応している家族が増えてきています。

選ぶときのポイントは?

住んでいる家の住宅事情を第一に考えて、雛人形の大きさを決めましょう。近年人気のあるのは、お殿様とお姫様が一対になっている「親王飾り」です。七段飾りなどはとても華やかですが、置くスペースがないというのが現実です。新しくそろえる場合は、どのくらいの大きさなら飾ることができるのかを考えて、決めてください。また子供によっては、お雛様を怖がることもあります。どのような雛人形を選ぶのかは、実際に目で見て決めることも大切です。

お下がりでも問題ない?

女親にとっては、自分の雛人形を子供に……と考えたり、嫁ぎ先で義姉妹のお人形を上げるといわれたりすることもあります。ただし、古来から人形は、持ち主の代わりに厄を受けるものとされています。そのため、できれば一人に一つの雛人形を持つことが望ましい、お下がりなどは縁起が悪いといわれてきました。しかし、一人一つというのは現実的ではありません。現在では特にお下がりだからといって、問題ということは言われていないようです。

参考
女の子の初節句。雛人形どっちの親が用意?母親のお下がりでも平気? | お役立ち情報一括サイト【役立ったドットコム】

女の子の初節句の料理

女の子の初節句には、適したお料理があります。1つ1つ意味を持つ料理になりますので、献立の参考にしてください。

尾頭付きの魚(鯛)

赤という色は、邪気を払う色とされており、尾頭のついた鯛は、お祝いの席には欠かせないメニューといっても過言ではありません。写真を撮る場合なども非常に映えるので、尾頭のついた鯛を焼いてメニューに加えるのが一般的です。

参考桃の節句とお食い初めに、鯛の尾頭付き|朝日新聞DIGITAL

ちらし寿司

ちらし寿司自体に、何か意味を持つということではなく、色合いが綺麗で見栄えがすることや、「寿」という字が入っていることから使われているようです。また具のレンコンは「先を見通せる力」、エビは「縁起の良い食べ物」、豆は「健康でマメに働ける」というように、具に縁起を担いだり、語呂合わせをしているといわれています。

ハマグリのお吸い物

ハマグリのお吸い物は、ひな祭りの料理の中でも代表的なメニューの1つです。二枚貝が合わさるには、大きさがピッタリと合う必要があります。そのため、将来素敵な伴侶が見つかりますようにという願いが込められています。

菱餅

菱餅は緑・白・ピンクの3色のお餅で、ひし形をしていることから菱餅といわれています。形が心臓に似ていることから、親が娘の健康を願うという意味が込められています。

雛あられ

ピンク・黄色・白・緑の4色のあられです。この4色は「四季」を表しており、四季=1年間を通して幸せに過ごせるようにという願いが込められています。

白酒

白酒はもともと「桃花酒」というお酒が飲まれていました。この「桃花酒」は邪気を払う効果のある薬膳酒とされていたようです。白酒はアルコールが入っているので、赤ちゃんにはアルコールの入っていない「甘酒」を用意することが一般的です。

参考女の子の初節句!お祝いの仕方や料理は?いつ何をする?|mamanoko

初節句の衣装

初節句のお祝いに着る衣装はどんなものが良いのでしょうか? 女の子の初節句は3月3日、季節は春でもまだまだ肌寒い日が続くころです。初めてのことでわからないことだらけ……という人は、ぜひ参考にしてください。

マナー違反はない

女の子の初節句で着る洋服には、マナー違反というものはありません。お祝いをする場所や出席してもらう人に合わせていれば、絶対NGというものはないので、安心してください。ただし、写真撮影をする場合や、神社にお詣りをする場合などは、ある程度の正装=スーツやワンピースなどが好ましいかもしれません。赤ちゃんの服装に関しては、次にあげる和装か洋装かを決めてあげましょう。

【和装】被布を着せる

被布という衣装は、着物の上から着る羽織のようなものです。ベストのような形になったもので、小さいころにしか着れません。最近ではロンパースなどで被布と同じような柄やイメージを出せるものもあります。赤ちゃんに和装をさせてたいと考えるのであれば、被布を着せるのが一般的です。

【洋装】ベビードレス

着物は少々窮屈、汚したら困る、普段着られないのにもったいない……など、和装ではなく、洋装で考える場合は、ベビードレスを選ぶのが一般的です。お宮参りやお食い初めの時の衣装を同じにしたりすることもあります。ベビードレスは着る機会の少ない洋服ですので、お祝いの際に活用するのも賢い方法です。

月齢に合わせた衣装を選ぼう

初節句は暦に合わせた行事なので、赤ちゃんの月齢はさまざまです。そのため、準備する衣装も赤ちゃんの月齢に合わせる必要があります。お食い初めやお宮参りと近い日程であれば、ベビードレスを使えることもありますし、1歳前後であれば、着物を着ることも考えられます。堅苦しいルールやマナーはありません。赤ちゃんに無理のない衣装を選んであげることがポイントです。

失敗しないためのポイントとは?

失敗しないためのポイントとは?
先輩ママ達の中には、いろいろな経験や失敗をしている人がたくさんいます。ここで筆者の友人の先輩ママ達の体験談をご紹介します。ぜひ失敗しないためのポイントとして押さえてください。

  • 神社に予約をしていたので、子供の体調が少し悪かったが強行突破してしまった。その後完全に体調を崩してしまい、苦い思い出となってしまった。
  • 両方の親がサプライズで雛人形をプレゼントしてくれた。雛人形が2つになってしまい、旦那とどうしようかかなり悩み、結局1つを返品してもらう羽目になってしまった。
  • 写真撮影のときの服装を前もって打ち合わせしていなかったので、片方の両親は正装、片方の両親はカジュアルな服装になってしまい、後々もめた。
  • 子供の成長が早く、お食い初めやお宮参りで使った洋服が着られなくなってしまった。試着をしていなかったので、急遽購入することになり、出費がかさんでしまった。
  • 初節句の頃の写真スタジオがあんなに混んでいるとは思わなかった。ギリギリの時間配分で行ったので、子供の機嫌が悪くなってしまい、あまり良い写真が取れなかった。
  • 雛人形をどっちの祖父母が用意するかでもめた。風習の違う実家だとわかっていたが、うまく調整することができず、何となくしこりが残ってしまった。
  • 料理を作ろうと張り切っていたが、バタバタし、失敗してしまった。せっかくお互いの両親に来てもらったのに、料理も出さず、帰ってもらうことになってしまった。
  • 準備を始めるのが遅かった。料亭やホテルの予約が取れず、写真撮影も同じ日にはできずに、改めて家族に集まってもらわなければいけなかった。もっと早く準備していれば……。
  • お互いの家の風習が違った。初節句を豪華にお祝いしたい旦那の両親と、「できる範囲で十分」と考える私の両親に差がありすぎ、私の両親がへそを曲げて出席してくれなかった。
  • 神社がとても混んでいた。交通渋滞に巻き込まれ、食事の予約をしていたホテルに1時間近く遅れて着くという事態になってしまった。
  • 旦那の両親から贈ってもらった雛人形を子供が怖がって見ようともしなかった。飾ってある部屋には怖がって入れなかった。

皆一生懸命にやっていたにもかかわらず、ちょっとした手違いで「こんなはずじゃなかった」という経験をしているようです。先輩ママ達が言っていたのは「早めに動くにこしたことはない」「双方の家との話し合いをきちんとしておくべき」ということでした。育児でバタバタする毎日ではありますが、できるだけ早めに準備をすること、両方の両親とよく話し合い、どんなお祝いをするのかを密に話し合うことが重要です。

【まとめ】初節句を素敵な思い出にしよう

女の子の初節句は、健やかな成長を願い、厄を祓う意味が込められています。正式なルールに則って行おうと肩肘張ってしまうと、とても大変な思いをしてしまうことにもなりかねません。お祝いをしてあげるという気持ちがあれば、どんな形式でもNGということはありません。まずは赤ちゃんの体調や月齢を第一に考えましょう。そして、双方の両親とよく話し合い、いつ頃、どんな形式でお祝いをするのかを話し合ってください。子供のお祝いは一生記憶に残る素敵な思い出です。多少の失敗は笑ってすますくらいの余裕を持って、楽しい記念日になるようにしたいものです。

この記事をかいた人

ryukeimommy

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライターです。 子育てと仕事の両立に悩みながら、フリーライターとして活動中。 大学生と小学生の息子に支えられ、日々奮闘中です。