お食い初めの基本!スムーズに行うポイントまとめ

お食い初めで失敗したくない!スムーズに行うポイントまとめ

赤ちゃん誕生から100日目頃、離乳食を始めるタイミングで行う行事、それが「お食い初め」です。初めての子供の場合、お食い初めという行事は聞いたことがあっても、何をどうすれば良いのかわからないということもあります。お食い初めは赤ちゃんにとって一生に一度の行事です。今回は、初めてのお食い初めを失敗をしないためのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

お食い初めとは

お食い初めとは、赤ちゃんの健やかな成長を願って行われる、日本古来の伝統行事です。生後100日~120日頃に歯が生え始め、離乳食を始める時期であることから、子供が一生食べ物に困らないようにという親の願いを込めて行うものです。無事に生後100日を迎えられたお祝いも兼ねているといわれています。お食い初めでは、実際に料理を用意しますが、まだこの頃の赤ちゃんは食べることができないので、食べさせる真似だけをします。

お食い初めは各地域によって呼び方が変わることもあります。

  • 百日祝い(ももかいわい)
  • 真魚初め(まなはじめ)
  • 箸ぞろえ・箸祝い・お箸初め
  • 歯固め

呼び方は異なりますが、赤ちゃんの健やかな成長と、初めて食べ物を口にするお祝いという意味を込めて、行われる行事であることに変わりはありません。現在ではおよそ70%近くの家庭がお食い初めを行っています。家族みんなで赤ちゃんの健やかな成長をお祝いをしてあげたいものです。

(参照元:「生後1年以内の行事と出生時の思い出」に関するアンケート|ASKANET

お食い初めの献立の意味とは?

お食い初めには献立がある程度決められています。それぞれ意味のある献立になりますので、1つ1つ見ていきましょう。

お食い初めの主なメニュー

焼き魚

お食い初めの焼き魚は鯛を利用することが一般的です。「めでたい」という語呂合わせや、魔よけの「赤」、身は「白」という紅白の色合わせから、お祝い膳には欠かせないといわれています。この際の魚は、尾頭付きであることが多いですが、地域によっては有頭エビや金頭(ほうぼう)などの魚を用いることもあります。

吸い物

吸い物には良縁を願う意味があります。二枚貝を利用することが一般的で、「ピッタリと合う伴侶に巡り合えるように」という願いを込めます。またおっぱいや哺乳瓶を吸う力が強くなるようにという目的もあります。具材には貝(ハマグリ)を用いることが多いですが、旬の野菜である筍などを利用し、「すくすくと育ってほしい」という気持ちを込めることもあります。

煮物

煮物はエビや高野豆腐、レンコンなどを用います。

  • エビ:長寿を願う
  • 高野豆腐:精進料理では邪気を払うといわれている
  • レンコン:先を見通せる

それぞれ意味を持つものなので、縁起物として準備します。また里芋(子宝に恵まれる)、昆布(よろこぶの語呂合わせ)などを用いる場合もあります。

香の物

香の物はつぼ椀ともよばれるメニューで、紅白なますやタコの酢の物などを利用します。紅白なますは色がおめでたいことから、タコは「多幸」の語呂合わせで用いることが多いです。地方によっては、歯固め石の代わりに、タコを使用することもあります。

赤飯・白飯

ご飯は魔よけの「赤」が含まれる赤飯を用意することが多いです、中には季節の炊き込みご飯や白飯を利用することもあります。「赤」は古くから魔よけや成長を守るという意味があります。病気や災難に遭わないようにという願いが込められています。
参考お食い初めの献立・メニュー|お食い初め.jp

お食い初めで知っておきたいマナー

初めてのお食い初めはわからないことばかりです。ただし、最低限のマナーは知っておきたいものです。ここでは5つのポイントに絞って、お食い初めの基礎知識をご紹介します。

食べる順番はある?

お食い初めの時期は、赤ちゃんはまだ固形物を食べることができません。そのため、食べさせる真似をしますが、食べさせるメニューには順番があります。

  1. ご飯
  2. お吸い物
  3. ご飯
  4. お魚
  5. ご飯
  6. お吸い物

という順序が一般的です。香の物や煮物はご飯⇒お吸い物の後に行います。ある程度お料理を食べさせる真似ができたら、歯固めの石に箸をつけ、赤ちゃんの口に付けてあげましょう。歯固めの石を直接口に持っていくことは避けてください。

参考生後100日!お食い初め基礎知識(マナー、やり方、準備)|EPARK

献立は一汁三菜

一汁三菜とは、汁物とおかず三品の献立を指します。一般的なお祝い膳の基本は、この一汁三菜といわれています。お食い初めのメニューは、魚・香の物・煮物・吸い物の一汁三菜になっています。大人の理想的な献立ともいわれていますので、食事の基本として覚えておくと良いでしょう。

食べさせる人は誰?

赤ちゃんに食べさせる真似をする人を「養い親」といいます。「養い親」は長寿にあやかるといった点から、出席している人たちの中で、最高齢の人が行うのが一般的です。男の子なら男性が、女の子なら女性が行うことが習わしですが、もし夫婦だけで行う場合は、父親が「養い親」になります。「養い親」の膝の上に赤ちゃんを抱っこして食べさせるのが習わしとなっています。

服装はどうする?

赤ちゃん

正式には和装が一般的です。お宮参りで使った衣装を利用することや、実家から送られた小袖を利用することもあります。ただし、お食い初めの頃の赤ちゃんは、おむつ替えやよだれの問題があります。汚れてしまうことを考えて、写真撮影だけを和装にしたり、椅子に座らせて着物を上からかけるだけというケースも増えてきています。少しフォーマルなロンパースや和装風のカバーオールなどで代用しても問題はありません。一度きりの行事で、購入を考えてしまう場合は、レンタルなどを利用することもできます。赤ちゃんに負担の少ない服装を選んであげましょう。

大人

大人の服装に関しては、お食い初めを行う場所で使い分ける必要があります。外で行う場合は、基本的に正装することがマナーだといわれています。ただし、着物は避けるべきです。授乳がしづらいことや赤ちゃんを抱っこしにくいというデメリットがあるからです。授乳服のフォーマルワンピースが人気を集めていますが、買うことをためらうのであれば、レンタルを利用してみましょう。とにかく、無理のない服装を選んでください。また出席してくれる両親なども、できればスーツなどの正装をお願いしましょう。写真を撮ることが多いので、できれば出席者の服装をある程度統一すると、見栄えの良い写真が取れるからです。

お祝い返しはどうすれば良い?

お食い初めでは、基本的にお祝い返しは不要です。食事に招いて一緒にお祝いをすることお返しとなるからです。万が一、お食事に招けなかった方からお祝いをいただいた場合は、「内祝」として、頂いた金額のは1/3を目安にお返しをしましょう。また祖父母から食器などのお祝いをいただいた場合は、写真をフォトフレームにいれて渡すと非常に喜ばれます。

お食い初めに必要なものとは?

お食い初めに必要なものとは?
お食い初めには必要なものがあります。男の子と女の子によって用意するものが異なり、またお食い初めならではのものもありますので、注意しましょう。できるだけ前もって準備することをおすすめします。

お食い初めに必要な食器

男の子の場合

男の子のお食い初めには、朱塗りの漆器を使用します。またお箸は柳の白木で、先端が細くなっているものを使用します。お膳には紋がついているものを使用し、お椀には鶴や松などの絵が描かれているものが良いといわれています。

女の子の場合

女の子のお食い初めに使用する漆器は、男の子とは異なり、外側が黒塗りで内側が朱塗りの漆器を使用します。お箸やお膳などは男の子と同じです。

お食い初めで使う歯固め石って何?

歯固め石の意味

歯固め石とは、「子供が丈夫な歯を持って長生きできるように」という意味を込めて使われる、お食い初めの道具の1つです。お膳に直接載せるので、驚く人もいるかもしれませんが、決して直接口に入れるということではなく、親の願いを込めて使用するものです。地域によっては石ではなく、梅干しやアワビなどを代用するところもあります。

歯固め石の入手・返却方法

正式には、お宮参りをした神社にお願いをして、借りてくることになります。また、近所の氏神様の境内から拾ったり、河原から持って来たりという方法もあります。石を熱湯消毒し、乾かしてから使用します。使用後は、元の場所に戻すのが慣例となっています。近年ではインターネット通販で購入するケースも増えてきています。

歯固め石の選び方

石の個数は1~3個が一般的です。色や形に決まりはないので、持ち帰りやすく、お膳に載せることのできる大きさのものを選ぶとよいでしょう。女の子の場合は漆器が黒塗りなので、白っぽい石、男の子の場合は漆器が朱塗りなので、黒っぽい石を選ぶことが多いようです。
参考お食い初めの石の意味や歯固め・石の個数は?|お食い初め.jp

お食い初めの方法はどうする?

お食い初めにはさまざまな方法があります。それぞれの家族の状況や赤ちゃんの体調、季節などに応じて、自分達に合った方法を選択しましょう。

自宅でのんびり

お食い初めの頃の赤ちゃんは、まだまだお世話に手がかかります。急に機嫌が悪くなったり、お腹を空かせてしまったり、おむつの問題などもあります。慣れない場所で家族が緊張したりすることで、赤ちゃんにも緊張が伝わってしまうことも……。自宅に双方の両親を招いて、手作りの料理でお祝いをするというスタイルが、近年では人気を博しています。この時に注意したいのは、料理です。何もかも自分でと思うと、とても負担になってしまいます。義実家などに相談し、各家庭で分担するのも1つの方法です。

宅配を利用する

宅配のお料理を利用する家庭も増えています。一汁三菜のメニューに加え、食器(漆器や離乳食用の食器)がセットになったものもあります。冷凍で日持ちのするタイプもあり、一流料亭の味を気軽に楽しめる物が人気です。金額も5,000円程度から選ぶことができますので、料理に自信がない、疲れていて準備がままならないというときには、宅配を利用することも選択肢として考えてみるのも良いでしょう。

ちなみに筆者は、長男のお食い初めのときに、宅配を利用しました。準備をするのも大変、義実家や実家の両親も遠方から来るということから、自宅で行うことを決めました。夜泣きで疲労困憊だったのを理由に、宅配で準備をしようということになったのです。漆器と歯固め石の付いたセットで、料金は20,000円弱……味も見栄えも申し分なく、双方の両親にも褒めてもらえるような内容でした。本来なら自分で準備をと考えていましたが、なかなかできないのが現実でした。冷凍だったので、仮に日にちがずれてしまっても問題はありません。試食はできませんが、とても良い内容だったので、ぜひおすすめしたい方法の1つです。

お店の利用も増えている

近年では、お店を利用し、外食でお祝いをするケースも増えてきています。産後で大変な時期だからこそ、負担を大きくしたくないという場合には、準備や片付けがいらないことは大きなメリットの1つです。現在、お食い初めのお祝いができるところでは、

  • 個室での食事が可能
  • お祝い膳のメニューがある
  • ベビーベットやクーファンを準備してくれる
  • 写真撮影のサービスがある

といった特典があります。子育てで大変な時期は、なかなかゆっくり食事をすることもできません。負担を減らすだけではなく、気分転換にもなると人気を集めています。基本的に予約制のことが多いので、事前に定休日や金額、サービスを調べておくことが必要です。

お食い初めのとき義実家への配慮は?

お食い初めのとき義実家への配慮は?
赤ちゃんのお祝いごとには、父方・母方双方の実家も参加することが多いです。ましてやお食い初めは赤ちゃんが誕生してから初めての行事……双方の実家への配慮も必要になります。子育てで一番バタバタしている時期ではありますが、当日をスムーズに行うためにも、義実家への配慮は忘れないようにしましょう。

早めに連絡をする

お食い初めは生後100日~120日の間に行うことの多い行事です。まず優先したいのは、赤ちゃんの体調です。日にちをある程度決めておくことは必要ですが、体調によってはスケジュールの変更も考えられます。いくつか候補を上げて、双方の実家が出席できる日取りをピックアップしておきましょう。

希望をきちんと聞く

各家庭や地域によって、しきたりが異なる場合などがあります。嫁ぎ先のしきたりを優先するのが通常ですが、あまりこだわらないという家庭もあります。事前にお伺いを立て、どのようなお祝いをすれば良いのかを聞いておくことが重要です。また、地域によってはお祝い膳を母方の実家から送るという風習のあるところもあります。双方の実家から希望を聞いて、偏りのない配慮をすることがポイントになります。

当日は義実家を立てる

義実家とのお付き合いはとても難しいものです。生活習慣や価値観の違いはあって当たり前ですし、結婚して時間の経っていない夫婦の場合などは、特に義実家との付き合いが浅いので、付き合い方がわからないということも考えられます。自分の両親に頼りたいのはやまやまですが、当日はできるだけ義実家を立てるような心遣いをしましょう。赤ちゃんがメインの行事ではありますが、孫が可愛いのは双方の実家にとって同じ気持ちです。夫婦と赤ちゃんだけではなく、みんなに気持ちよくお祝いしてもらえるように、できるだけ義実家を立てる配慮が必要になります。

【まとめ】お食い初めを成功させるコツとは?

お食い初めのお祝いをする家庭は、全体の8割にのぼります。赤ちゃん誕生後の初めてのお祝い事として、家族みんなの願いを込めた機会を設けているということです。正式なお食い初めにはさまざまなしきたりや慣例があります。ただし、何が何でもその通りにしなくてはいけないということではありません。例えば、食器などはこれから使用する離乳食用の食器を使用したり、赤ちゃんの体調が悪ければ、120日を過ぎてしまっても問題はないのです。「健やかに食べる物に困らず成長してほしい」という本来のお食い初めの目的が達成できれば良いという気持ちで、柔軟に対応することも必要です。赤ちゃんも家族みんなもリラックスした状態でお祝いができるようにしたいものです。

参考
お食い初めのやり方 | 自宅でも安心の準備や順番 – お食い初め.jp
お食い初めの基礎知識!やり方・準備・レシピ・儀式|AllAbout

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)