行政書士の難易度や合格率は?キャリアアップにつながる資格24選

申請書類作成の専門家である、行政書士。キャリアアップするために挑戦したいけれど、取得するのは難しいのでしょうか。当記事では、行政書士試験の難易度をデータ分析をもとに解説し、法律を取り扱うほかの6つの資格と難易度を比較をします。さらに、働きながら取りやすい資格を9つ、時代の変化とともに注目され始めた資格を9つご紹介します。

行政書士の難易度ー働きながら取るのは容易ではない

行政書士は行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受けて官公署に提出する書類の作成を行うのが主たる業務です。近年の高度情報社会において複雑多様化するコンサルティングを含む許認可業務を請け負うことも増えているため、行政手続きの専門家として位置づけられつつあります。

社会的期待値が高い行政書士の難易度について、一般財団法人行政書士試験研究センターが公表している、行政書士試験における最近10年間の試験結果の推移を見てみましょう。6.6~15.7%と合格率に幅があるところを見ると、年によって難易度が異なる様子がうかがえます。しかし、10年間の平均合格率が10.29%と低いことから、決して簡単な試験ではないことが分かります。

参考

最近10年間における行政書士試験結果の推移|一般財団法人行政書士試験研究センター

行政書士の合格率を分析ー年代別・男女別・都道府県別

行政書士の合格率の傾向を、年代別・男女別・都道府県別に分析してみましょう。一般財団法人行政書士試験研究センターが公表している平成30年度行政書士試験実施結果を基に考えていきます。

年代別の受験者数と合格率

年代別の行政書士試験受験者数・合格者数・合格率をまとめたのが次の表です。

属性 受験者数 合格者数 合格率
10歳代 553人 56人 10.1%
20歳代 6,778人 1,112人 16.4%
30歳代 9,223人 1,483人 16.1%
40歳代 10,524人 1,307人 12.4%
50歳代 8,004人 760人 9.5%
60歳代以上 4,023人 250人 6.2%
合計 39,105人 4,968人 12.7%

(注)合格率は、合格者数を受験者数で割り、小数第2位を四捨五入しています。

最近3年間における行政書士試験の受験者・合格者の属性|一般財団法人行政書士試験研究センターより筆者作成)

上記表より、40代の受験者数が最も多いことが分かります。ただし、40代というと中間管理職層として社内での仕事量が増える年齢層であるためか、合格率が高くないのも特徴です。

就職活動を始める前の学生や、就職したばかりの若手である20代は受験者数が少ないものの合格率が高くなっています。将来を見越して行政書士資格がキャリアアップにつながると考える、意識の高い方が受験していると考えられます。

男女別の受験者数と合格率

男女別の行政書士試験受験者数・合格者数・合格率をまとめたのが次の表です。

属性 受験者数 合格者数 合格率
男性 28,049人 3,661人 13.1%
女性 11,056人 1,307人 11.8%
合計 39,105人 4,968人 12.7%

(注)合格率は、合格者数を受験者数で割り、小数第2位を四捨五入しています。

平成30年度行政書士試験実施結果の概要 (2019.1.30)|一般財団法人行政書士試験研究センターより筆者作成)

上記表より、圧倒的に女性より男性の方が多いことが分かります。合格率も男性の方が高く、よりキャリアアップに熱意があることがうかがえます。

都道府県別の受験者数と合格率

都道府県別の行政書士試験受験者数・合格者数・合格率は下記参考にまとめられていますので、ご覧ください。

参考

平成30年度行政書士試験/都道府県別試験結果一覧|一般財団法人行政書士試験研究センター

上記参考をもとに、受験者数と合格率のランキングを作成したのが次の2つの表です。

【行政書士試験受験者数の多い・少ない都道府県ランキング】

受験者数の多い順位 受験者数の少ない順位
順位 都道府県名 受験者数 順位 都道府県名 受験者数
1 東京都 9,122人 1 鳥取県 97人
2 大阪府 3,302人 2 高知県 157人
3 愛知県 2,625人 3 福井県 165人
4 神奈川県 2,364人 4 秋田県 171人
5 埼玉県 1,744人 5 山梨県 178人

【行政書士試験合格率の高い・低い都道府県ランキング】

合格率の高い順位 合格率の低い順位
順位 都道府県名 受験者数 順位 都道府県名 受験者数
1 東京都 15.7% 1 青森県 8.1%
2 滋賀県 14.2% 2 島根県 8.2%
3 大阪府 13.9% 3 宮崎県 8.7%
4 兵庫県 13.8% 4 徳島県 8.8%
5 埼玉県 13.5% 5 富山県 8.9%

受験者数が突出して多い東京都は、2016年に中小企業庁が公表した企業数、常用雇用者数、従業者数についても、日本で最も多い都道府県です。埼玉県は東京都のベッドタウンとも言われ東京都内の企業に勤務する人も多いことから、ランキング上位に食い込んでいると見られます。

合格率の高い都道府県は、大都会や大都会に通勤している人が多い地域という傾向から、行政書士試験をキャリアアップにつなげようとする意識が強いと考えられます。

参考

都道府県・大都市別企業数、常用雇用者数、従業者数(民営、非一次産業、2016年)|中小企業庁