TOEIC®の満点は何点?満点のレベルや勉強法も紹介

TOEIC®テストの満点は990点であることはよく知られていますが、なぜ切りの良い1,000点ではないのかご存じでしょうか。当記事では、TOEIC®テストの満点が990点である理由をご説明します。さらに、TOEIC®テストで満点を取るのがいかに価値があることなのかをデータとともにご説明します。そしてこれから英語の学習を始めようという方に向けて、TOEIC®満点取得者の勉強法やおすすめの英語検定を目的別にご紹介します。

TOEIC®テストのスコアと英語レベル

TOEIC®試験を運営するIIBC(一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会)が作成したTOEIC®スコアとコミュニケーション能力レベルとの相関を表した表を、簡単にまとめたのが、次の表です。

【TOEIC®テストスコアのレベルと評価】

TOEIC®スコア(点) レベル 評価
860~990 A
  • 経験の範囲内であれば専門外の分野に関しても、十分な理解とふさわしい表現ができる。
  • 語彙・文法・構文を正確に把握している。
  • 英語を母国語としている人々のレベルではないが、流暢にコミュニケーションできる。
730~855 B
  • 通常の英会話が完全に理解できる。
  • 語彙・文法・構文上の誤りがあるが、意思疎通や業務の妨げになるレベルではない。
  • 応答が早い。
470~725 C
  • 通常会話は要点を理解できる。
  • 基本的な語彙・文法・構文は身についている。
  • 表現力は不足している。
  • 応答に支障はない。
220~465 D
  • ゆっくり、繰り返し、言い換えをしてもらえれば、簡単な会話は理解できる。
  • 語彙・文法・構文が不足している。
  • 身近な話題ならば応答できる。
10~215 E
  • 簡単な英会話も理解できない。
  • 単語を並べるだけで、実質的なコミュニケーションができるまでに至っていない。

参考

「上場企業における英語活用実態調査」報告書|TOEIC,P12

つまり、TOEIC®スコア990点とはテストの満点で、ネイティブに近い英語力を持っている証となります。

TOEIC®満点は990点!なぜ1,000点ではないの?

なぜTOEIC®満点は990点であって、切りの良い1,000点ではないのでしょうか。まず、TOEIC®テストの問題内容を知り、その上で1,000点でない理由を考えましょう。

TOEIC®の問題内容と問題数

TOEIC®の問題内容と問題数をまとめたのが次の表です。

【TOEIC®の問題内容と問題数】

セクション 問題内容 問題数
Listening Part1 写真描写問題 6問
Listening Part2 短文応答問題 25問
Listening Part3 長文会話問題 39問(3×13問)
Listening Part4 長文説明問題 30問(3×10問)
Reading Part5 短文穴埋め 30問
Reading Part6 長文穴埋め 16問(4×4問)
Reading Part7

(注)

  • 1つの長文読解
  • 複数の長文読解
  • 29問
  • 25問
合計問題数:200問

(注)Reading Part7は、細かく分けると次のような問題構成になっています。

  • シングルパッセージ:1つの文章を読んで、2~4つの設問に答える。
  • ダブルパッセージ:2つの文章を読んで、5つの設問に答える。
  • トリプルパッセージ:3つの文章を読んで、5つの設問に答える。

参考

テストの形式と構成|TOEIC

TOEIC®は1問5点の配点なので、合計問題数が200問あることから、本来なら1,000点満点であることが分かります。そこでより深くなるのが「TOEIC®満点は990点」の謎です。

Q:なぜTOEIC®満点は990点なの? A:相対評価だから

TOEIC®の点数は1問5点といわれていますが、これは絶対的なスコアではありません。

TOEIC®はテストごとに標準偏差を算定しています。これは、全受験者のスコアが平均点からどのくらいの範囲でばらついているのかを表す数値で、スコアの分布によってTOEIC®テストの難易度が分かります。この標準偏差をもとにスコアを計算することになるため、正解数がそのまま点数になるわけではないのです。

つまり簡単にいうと、TOEIC®のスコアは偏差値なのです。

TOEIC®が相対評価点を採用しているのは、開催されるテストごとの結果に公平性を保つためです。そして、TOEIC®の満点が990点なのは、相対評価のために計算したスコアのずれを補正するために10点幅を持たせたことに起因します。

TOEIC®が相対評価点を採用していることから、難易度の低かった回は全問正解でも990点を取れなかったり、反対に難易度の高い回は数問不正解でも990点を取れることがあります。