職務経歴書は手書きとパソコン作成どちらが高評価?採用担当者の本音

職務経歴書を手書きとパソコンで作成するのとでは、どちらが就職に有利になるのでしょうか。当記事では、まず職務経歴書の項目別に、採用担当者の評価ポイントをおさえた書き方をご説明します。そして、手書きとパソコン作成のメリット・デメリットを踏まえ、「転職成功者」「採用担当者」「就職活動支援業者」の3者の立場から、手書きとパソコン作成のどちらを推奨するかという本音を、各種アンケート調査結果を基に検証します。

おすすめ転職サイトはこちら 公式
DYM就職
・学歴や経歴に不安があっても大丈夫!
・経験豊富なキャリアアドバイザーが内定まで徹底サポート!
・無料で応募書類の添削から面接対策まで対応!
リクルートエージェント
・転職支援実績NO1!
リクナビNEXTから求人を探すことも可能!
doda
・転職者満足度NO1!
・優良大手企業もズラリ!!
ミイダス
・精度の高い市場価値診断!
・専用アプリでスマートに就活を!

もくじ

職務経歴書とは?項目別の評価ポイントをおさえて書こう

職務経歴書を作成する際は、採用担当者の目線を常に意識し、企業のニーズに合わせて応募者の魅力を伝えることが大切です。

職務要約

職務経歴の要点を書きます。詳細な職務経歴を採用担当者にきちんと読んでもらえるかどうかを左右する「導入文」となるので、気を抜かずに書きましょう。

採用担当者が評価するポイント 内容・書き方
  • 自社の求める能力があるか
  • 自社に合う人物像か
  • 職務経歴(詳細)を読むかを判断する
  • 3~4行程度で簡潔にまとめる
  • 事実ベースで書く
  • 転職回数に応じて読みやすい構成を練る

職務経歴

職務経歴の詳細を書きます。面接でよく質問される項目なので、キャリアの棚卸しをしっかりと行い、数値を使いながら具体的な内容を綿密に書きましょう。

採用担当者が評価するポイント 内容・書き方
  • どんな役割を任されていたか
  • どんな成長をしたか
  • どんなスキルを身につけたか
  • 自社での職務の適性を判断する
  • 職務に関わった期間
  • 所属部署(異動など)・役職(昇進など)
  • 具体的なプロジェクトや業務内容
  • 成績・受賞歴
  • 応募企業に合った能力をアピールする
  • レイアウト(キャリア式・編年体式)はアピールポイントに合わせて選ぶ

生かせる知識・スキル

資格や免許以外に、仕事や研修で得た経験やスキルを書きます。採用担当者がさまざまな視点から応募者の人物像を描く判断材料となるので、特殊な経験でなくとも仕事に生かせる能力があればアピールしましょう。

採用担当者が評価するポイント 内容・書き方
  • 語学力
  • コミュニケーション能力
  • パソコンスキル
  • ビジネススキル
  • ビジネススマナー
  • 仕事や研修などで得た経験・知識
  • 具体的な業務内容
  • 能力を生かした場面
  • 読んだ人がイメージできように詳しく書く

資格・免許

資格や免許を書きます。保有している資格などがなければ「特になし」と書いても構いません。資格はプラス評価になりますが、資格がないからといってマイナス評価にはなりません。勉強中の資格がある場合は、プラス評価につながりますので、その旨を書きましょう。

採用担当者が評価するポイント 内容・書き方
  • 持っている資格・免許によってこれまでどのような仕事をしてきたか
  • 入社後にどのようなキャリア形成をしたいか
  • 取得もしくは勉強中の資格・免許・検定など
  • これまでのキャリアや応募職種と関連した資格を書く。持っている資格たくさん列挙すれば良いわけではない

自己PR

自己PRでは、職歴・スキル・資格などの欄で書ききれなかったアピールポイントを比較的自由に書くことができます。自己PR欄は資格欄とは異なり、「特になし」と書いてはいけません。そのため、自分の興味のあることや長所、生活習慣など、躊躇わずにアピールしましょう。

採用担当者が評価するポイント 内容・書き方
  • 人柄・性格
  • 入社に対する意欲
  • 企業・仕事内容の理解度
  • 企業風土との相性
  • ストレスの発散方法
  • 趣味・興味のある事柄、長所、習慣など
  • 自分が書きたいことを主張するのではなく、応募企業で生かせる内容かどうかを吟味して書く

志望動機

志望動機は、書類審査の合否を左右する重要な項目です。履歴書にも志望動機欄はありますが、職務経歴書の方が内容を多く書くことができます。そのため、職務経歴書の志望動機は、履歴書の二度手間と思わずにしっかり書くようにしましょう。

採用担当者が評価するポイント 内容・書き方
  • 企業風土との相性
  • 数ある企業の中から自社を選んだ理由
  • ほかの応募者との差別化
  • 自分の持っているスキルや経験
  • 自分の経歴が企業で生かせると考えた根拠
  • 自分を採用した場合の企業側のメリット
  • 企業独自のPRポイントを捉えて具体的に書く
  • 仕事に対する本気度や責任感を伝える

参考

https://cocoiro.me/?p=88613&preview=true

退職理由・転職理由

前職を退職した理由と、応募企業に転職したい理由を書きます。転職回数が多い場合、採用担当者によってはマイナスイメージを持たれることがあります。しかし、転職歴は正直に申告しましょう。転職理由に自分の仕事選びの軸がぶれていないことや、キャリアアップのための選択であったことなど、プラス評価につながるようなアピールをすると良いでしょう。

採用担当者が評価するポイント 内容・書き方
  • 入社後早く辞めてしまう可能性
  • 仕事のストレスへの耐性があるか
  • 特定分野でプロとして即戦力になるかどうか
  • 退職理由は正直に、けれど前向きに書く
  • 退職理由と転職理由は一貫性を持たせる
  • 応募企業のニーズに合わせて転職理由を書く