【アメリカ留学】留学生が絶対に注意しなければならないこと ( 3 )

差別はどこにでもある

残念ながら、地域によってまだ人種差別の意識が残る人がいるのも事実です。なかには、授業中にペアを組む際に嫌な顔をされたり、ということも未だに起こってしまいます。もちろん、そのときは落ち込んでしまいますが、さまざまな人種や歴史が入り交じるアメリカにおいて、まだそのような考えが残ってしまっているのは仕方なのない面もありますし、多くの人は人種に対する差別的な意識を持つことはいけないとはっきり認識しています。もし差別的な場面に出くわしても「そういうこともある」と割り切る強さが大事です。

最大限楽しむためにも、安全には十分に配慮を

多くの日本人が憧れる国、アメリカ。現地での生活では日々新しい刺激や面白い出来事であふれているでしょう。しかし同時に、アメリカでの日常生活にはあらゆる危険が潜んでいることも心に留めておかなければなりません。分からないことだらけの異国の地では、日本にいるときよりも、何か起こってしまった際の不安は大きく、対処にも時間を要してしまうでしょう。そうしたことを未然に防ぐためにも、いつでも事故や事件に巻き込まれる可能性があることを覚えておきましょう。

留学に行ってみたい人へ 公式
日本最大級の留学総合サイト【School With】
・圧倒的多数の都市、学校から選べる!
・自分にあった留学先を審断してくれる!
スマ留
・賢くサクッと留学!
・割引キャンペーン多数用意!
MeRISE留学(ミライズ)
・フィリピン、セブ島で高品質な英語学習!
・大人も満足すること間違いなし!
カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】
・激選されたプログラムのみを紹介!
・現地でのサポートも無料で充実!
オーストラリア留学エージェントYAC Agency
・オーストラリア政府公認校!
・専任プランナーによる手厚いサポート!

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。