【アメリカ留学】留学生が絶対に注意しなければならないこと

【アメリカ留学】留学生が絶対に注意しなければならないこと

アメリカでの留学生活を想像すると、毎日楽しく刺激にあふれたものを想像するでしょう。しかし、そこはアメリカ。日本ではあまり考えにくい、海外ならではの危険がたくさん潜んでいます。1人で行動し生活できる年齢とはいえ、実際に気が緩んだり、注意が十分でなく、事件や事故に巻き込まれてしまう学生がいるのは事実です。親としても、自分の子供をアメリカに送り出すとなると、その危険性について心配するのは当然です。今回は、アメリカでの留学生活において注意しなければいけないことを6つ紹介します。

留学に行ってみたい人へ 公式
日本最大級の留学総合サイト【School With】
・圧倒的多数の都市、学校から選べる!
・自分にあった留学先を審断してくれる!
スマ留
・賢くサクッと留学!
・割引キャンペーン多数用意!
MeRISE留学(ミライズ)
・フィリピン、セブ島で高品質な英語学習!
・大人も満足すること間違いなし!
カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】
・激選されたプログラムのみを紹介!
・現地でのサポートも無料で充実!
オーストラリア留学エージェントYAC Agency
・オーストラリア政府公認校!
・専任プランナーによる手厚いサポート!

夜は1人で出歩かない

アメリカでは、昼間は日常の光景でも、夜になると違う雰囲気に様変わりしてしまうことあります。アメリカでは町中でホームレスの人を目にする機会も多く、人の住む地域と危険な地域が隣り合っているということもあるため、夜に1人で外を歩くことはできるだけ避けたほうが良いです。
また、ニューヨークのマンハッタンなど、アメリカの主要な観光地では深夜まで賑わっている地域もあります。しかし、1歩細い道を入れば人の数は減り、ホームレスや薬物中毒者を目にすることもあります。夜遅くに遊びに出かけたり、留学中に観光したりする際には、必ず人通りの多いところを通り、友人と一緒に歩くか、車を利用するようにしましょう。

話しかけてくるのは”フレンドリー”な人だけはない

アメリカ人の国民性は、一般的に明るくフレンドリーとされています。街に出ると、その国民性ゆえに、知らない人に「あなたのTシャツ素敵ね!」といきなり言われたりすることもあります。また、アメリカでは、「スモールトーク」と言って、相手に敵意がないことを示すために気さくに話しかける意識や習慣があります。たいていの人は、そうしたなんでもない理由で気軽に話しかけてくれることがほとんどですが、なかにはそうでない人もいるのが事実です。お金を求めてきたり、差別的な言葉をかけたりする人に遭遇することもしばしばあります。怪しい人だと思ったら、何を言われても無視して通りすぎましょう。