【奨学金の種類と条件】今さら聞けない子供の奨学金とは?

奨学金の種類と条件!今更聞けない奨学金とは?あなたに合った奨学金はこれ!

子供の進学について考えると、奨学金の制度を受けようかな? と考える保護者も多いです。しかし、奨学金の名前はわかっていても、具体的な種類や条件が分からない方も多いでしょう。ここでは、今さら聞けない奨学金について種類や条件、返済方法などを分かりやすく解説していきます。

奨学金とは

奨学金とは
奨学金とは、地方自治体や国、民間団体などが、学生に資金援助をし、学業を手助けする制度です。奨学金には、貸与と給付の2種類があり、貸与はいずれ返金しなければならない奨学金です。給付は返す必要のない奨学金のことをいいます。

経済的な事情を考えると、学校選びも難しいと考える方もいるかもしれませんが、どんな学生でも奨学金を受けることで平等に学ぶ機会を与えられます。

仕組みについて

奨学金の仕組みについてはご存知ですか? 奨学金とは、大学進学の際に一時的に学費を借り、就職後に働いて返していくという認識が一般的でしょう。確かに日本にある奨学金のほとんどが貸与型です。つまり、修学を促すことを目的とし、学費のために一時的に借金する仕組みが奨学金だと理解してください。奨学金をもらって無料や格安に進学できる仕組みではありません。

また、銀行などのローンよりも利子は少な目になっています。奨学金によっては無利子のタイプも存在しますし、給付型の奨学金制度も存在します。

誰が利用するのか

奨学金を利用するのは保護者ではなく、進学をする子供です。奨学金はまだ学生の子供に借金を背負わせる結果につながります。親が返すものではないということを最初に認識しておくといいでしょう。奨学金は高校や大学、短期大学や、専門学校に進学する際に受けることが可能です。

いつから申し込みできるのか

奨学金は中学校や高校の在学中から申し込みを行う方法と、進学してから申し込む方法の2種類が存在します。奨学金を高校在学中から予約することによって、学費や生活費のプランが立てやすくなるメリットがあります。奨学金には審査がありますから、予約型奨学金を申し込むことによって、入学後に審査に落ちて困るというケースが少なくなります。

奨学金の種類によっては申し込める時期が異なりますので、自分が使いたい奨学金制度について事前に調べておく必要があります。