幼児教育に英語は必要?メリット・デメリットをそれぞれ知っておこう

幼児教育に英語は必要?メリット・デメリットをそれぞれ知っておこう

2020年に開催される東京オリンピックをきっかけとして、国内ではさらなる外国人観光客の増加やグローバル化が考えられます。これからの日本人にとって世界中で最も話されている言語である英語は、理解するだけでなく生きた会話の中で使う能力が不可欠となることでしょう。

早期に学力や才能を引き出す幼児教育は広く知られているところですが、なかでも脳や耳の仕組みに大きく関係する言語は、就学前までに触れた方がいいとされています。そこで、英語は幼児教育に必要なのか、そのメリットやデメリットについて解説します。

幼児教育で英語を習わせるメリット

幼児教育で英語を習わせるメリット
言語を習得するのなら早ければ早い方がいいと言われます。これは、人間の脳が8歳~13歳で発達を停止してしまうことによるもので、特に言語能力に関してはそれが顕著に表れます。この時期を過ぎると新しい知識を習得することが徐々に難しくなり、特に言語習得には時間を要するようになります。

また、耳が感覚器官として完成されるのは3歳頃とされており、幼児期は大人には聞き分けられない発音を聞きとったり、耳から入った言葉をそのまま口に出したりすることができる黄金期であるとも言われています。そこで、幼児教育で英語を習わせるメリットについて説明します。

英語の授業がスムーズに受けられる

受験英語はできても実際の英会話はできないと指摘されることが多い日本人。根本的な英語教育が見直され、理解する英語から使える英語への変換が図られようとしています。中学校に入ってから英語を履修することが当たり前の時代とは違い、現在では小学校高学年に外国語活動が設定されています。

2020年からは小学校高学年に教科としての英語が登場し、外国語活動は中学年へと前倒しされることが決まっています。幼児教育で早期に英語に取り組むことによって、こうした英語教育の前倒しにも柔軟に対応することができ、授業もスムーズに受けることができます。

大人よりも英語の音が聞き分けられる

幼児期は英語耳になれる最適な時期であり黄金期であるともいわれています。人間の耳は9歳~10歳くらいになると音を聞き取り発音する能力がピークを迎えるとされており「臨界期」と呼ばれています。この頃までに英語教育を受ければ、先入観なく正確に英語を聞きとったり話したりすることができるようになります。

日本語と英語には共通点がほとんどなく日本人にとって英語は習得しにくい言語です。日本語にはラ行しかありませんが、英語では同じような発音でもR、Lの違いがあります。大人になってからではなかなか聞き分けができないものであっても、幼児期に習得することによって明確に聞き分けられるようになります。

異文化コミュニケーションに役立つ

幼児向けの英語教材には、子供の興味関心を高めるために人気のキャラクターなどを使うとともに日常生活のなかで使用する英語が頻繁に出てきます。日本とは全く異なる欧米人の生活や行事などに触れることができ、知らない間に異文化を理解することができるでしょう。

英語に自信がつくと外国人と話してみたくなるものです。幼児期の英語教育が外国人とコミュニケーションを図るために有効となり、物おじせずに話しかけられるようになります。また、日本人が苦手とする豊かな顔の表情やジェスチャーなどの非言語とよばれるコミュニケーションも自然にできるようになるでしょう。

幼児教育で英語を習わせるデメリット

幼児教育で英語を習わせるデメリット
言語の習得は大人になってからはなかなか難しく、英会話学校などに通っても途中で挫折してしまうことが少なくありません。一方で、英語に対する苦手意識や抵抗感もない幼児期に、日本語と同じような感覚で英語に触れることによって自然に習得することができるようになります。

学校で履修する前に英語を習得することができる、ネイティブな発音を習得できるなど、さまざまなメリットもありますが、その反面、母国語である日本語がおろそかになったり、思考力が育たなかったりするデメリットもあると言われています。幼児教育において英語を習わせるデメリットについて考えてみましょう。

ダブルリミテッドになる可能性がある

日本人にとっての「ダブルリミテッド」とは、第二言語として学ぶ英語だけでなく、第一言語、母国語とする日本語も中途半端な学習となってしまうことで、読み書きが十分にできなくなることを意味します。耳のいい幼児は抵抗もなく英語に触れることができますが、だからといって誰もがバイリンガルやトリリンガルになれるというものでもありません。

海外にバイリンガルが多いのは言語に共通性を多く見いだせるからであって、構造を異にする日本語と英語では明確に区別して習得しなければならないため同じレベルでの習得は難しいとされています。その結果、日常生活のなかで自然に身につくはずの日本語と英語が混同し、どっちつかずになってどちらの言語も使いこなせなくなるおそれがあります。

思考力を先に伸ばした方が良い

幼児期の早期に英語教育を行うと、英語であることを意識したり抵抗を感じたりすることなく、感覚的に自然に身につきます。しかし、英語で論理的に思考するという活動はなしに感覚だけで会話をすることが多くなるともいわれています。

自分の力で考える思考力を必要としないまま英語が使えることによって、言語以外の分野でも思考することが苦手になる可能性もあります。母国語である日本語を使って論理的思考をする能力を先に伸ばしてから英語に取り組んだ方がいいという考え方もあります。

日本の習慣や文化が根付かない

昔の人は、欧米人が土足で家の中に入る習慣があることだけでもひどく驚いたものです。日本人と外国人では基本的な生活習慣や食事、考え方などが違っていて当然です。しかし、最近では生活様式や食習慣なども欧米化によってほとんど変わらないものとなり、ただでさえ日本に古くから伝わる習慣が薄れつつあります。

幼児期から英語教育のなかで欧米の習慣を当たり前のものと捉えるようになると、日本の習慣が定着しにくくなるという懸念もあります。また、これから先も継承していかなければならない日本の文化に関する理解も不十分となり日本人としての自覚が薄れる可能性もあると考えられます。

口コミ評価が高い英語教材・DVD3選

口コミ評価が高い英語教材・DVD3選
幼児をターゲットとした英語教材には、さまざまなバリエーションに富んだものがあります。学校で履修する英語の授業とは全く異なり、見るだけ、聞くだけを繰り返すだけで自然に英語や英会話が身につくことをねらいとしている教材が数多くあります。

幼児向けの英語教材では、聴覚だけでなく視覚に訴えて映像と音声を一緒に楽しませることが大切です。そこで、ネットなどの口コミ評価が特に高い英語教材・DVD3選を紹介します。

子供の英語学習・英会話学習プレミアムセット

子供の英語学習・英会話学習プレミアムセット/DVD、本、絵本、フラッシュカード、歌のCD、アルファベット練習帳など教材のフルセット/聞く・話す・読む・書くの基本をマスター。Dino Lingo
日本人の子供が日本語を自然に覚えるように、母国語を英語とする国や地域では幼い頃に英語を習得します。この教材は、現地の子供が英語を覚えるのに近い環境を与えることによって英語を自然に習得することを目指したものです。

映像を流すだけで刺激を与え無意識に覚えられるだけでなく、フラッシュカードはゲーム感覚で記憶力の鍛錬にも有効です。ポピュラーな同様や自然に単語を覚えることができるチャンツなどバリエーションに富んでいるため飽きることなく楽しく取り組むことができるでしょう。

Goomies ENGLISH FOR KIDS 幼児英語 DVD グーミーズ

【0-7歳】Goomies ENGLISH FOR KIDS 幼児英語 DVD グーミーズ
0歳児から小学校低学年の児童を対象とした英語教材です。英語の勉強だからと身構えることは一切なく、ただDVDをかけ流すだけで英語や英会話を自然に身につけることができます。子供が興味関心を示す童話や歌を何度も繰り返すことで、英語が自然に耳に入るようになり脳に記憶されていきます。

歯磨きや食事、トイレやお風呂など日常生活のシーンが多く使用されていることから、DVDを離れて家の中でスムーズに応用することができます。楽しいダンスや歌を一緒にするだけで抵抗もなく自然に英語を身につけることができるでしょう。

CatChat for BABIES 0歳からの聞き流し英語

CatChat for BABIES 0歳からの聞き流し英語 [DVD]
子供が好きな猫のチャットなど、オリジナルのキャラクターを使った楽しい英語教材です。シリーズのなかで最も年齢の低い0歳児を対象としてもので、繰り返して聞き流すことで脳に刺激を与え、脳のなかに英語の部屋をつくることを目的としています。

文字をキャラクター化したアニメや通常スピードと2倍速の連続聞き流しによって右脳を刺激します。また、赤ちゃんの脳の発達によい影響を与える手遊び歌や指遊び歌も収録されていて、親子で楽しく英語に触れることができます。

まとめ:英語を幼児教育に取り入れる利点を知っておこう

英語を幼児教育に取り入れる利点を知っておこう
小学校に就学する前までに行う幼児教育のなかでも特に注目されているのが英語教育です。感覚器官としての耳が完成するのが3歳頃、脳の発達が止まるのは8歳~13歳頃、などといわれています。そのため、幼児期は柔軟な脳がスポンジのように知識を吸収したり、大人でも聞き分けが難しい発音を聞き取りそのまま離したりすることができる最適な時期なのです。

母国語である日本語の習得と並行して行うことなど、注意すべきことはありますが、幼児教育に英語を取れ入れるメリットを十分に理解しておくことが大切です。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。