主婦が稼ぐための方法を知りたい!どんな仕事が向いている? ( 3 )

主婦が稼ぐときの注意点

主婦が稼ぐときに気をつけなければいけない点もあります。アルバイト・パート・在宅ワーク、すべての仕事における注意点とはどのようなことでしょうか?

安心・安全であることが前提

まず、最も重要な点は『安心・安全』であることです。

主婦をターゲットにした求人の中には詐欺まがいのものもあり、見極めが必要です。

  • 1日で〇万円稼げる在宅ワークを紹介!
  • ブログだけで旦那の収入を超える!
  • スマホだけで月収〇万円!

など、派手な誘い文句が掲載されている求人には十分注意しましょう。

スキルも求められず、簡単に短時間で高額な報酬が得られる仕事はないと考えるべきです。

時給や報酬には相場というものがあります。相場を大きく超えるような仕事であれば、

  • どんな仕事なのか
  • 仕事を始める前に用意しなくてはならないものはないか
  • 特別なスキルが必要なのか

などをきちんと確認しましょう。少しでも危ないと感じる求人には応募しない方が賢明です。

扶養範囲内で働くのか?収入をチェック

配偶者の扶養に入っている人は、年収次第でどうなるのかということを理解しておきましょう。

年収 メリット
103万円未満
  • 所得税・社会保険料がかからない
  • 配偶者控除が適用される(配偶者の年収による)
130万円未満
  • 健康保険料・厚生年金の本人負担がない
  • 配偶者特別控除が適用される(配偶者の年収による)
150万円未満
  • 厚生年金に加入するため将来の年金受取額が増える
  • 配偶者特別控除が適用される(配偶者の年収による)

参考

扶養内のボーダーラインはいくらまで?103万円、130万円、150万円で何が変わる?|派遣コラム【スタッフサービス】

また、勤務先によっては家族手当・住宅手当が支給されるところもあります。それらも配偶者の年収額次第で廃止になる可能性もありますので、だいたいどのくらいの年収をベースにすれば良いのかをしっかり確認しておくことがポイントです。

まとめ

市場には、主婦が働くニーズが多くあります。ただし、なかには詐欺まがいの商法があることも事実なので、しっかりと見極めることが大切です。

自分にできること・稼ぐ金額・配偶者の収入状況などをきちんと把握した上で、最適な働き方を見つけられるような就職活動を行いましょう。

参考

家族と税|国税庁

在宅ワーク・副業で主婦が月収10万円を目指すには?実際いくら稼げるの? |しゅふJOBナビ

自宅で5万稼ぐ主婦急増!おすすめの仕事や仕事探しのポイントを解説します!|在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

【2019年最新版】主婦が稼ぐ方法15選!誰でも月収10万以上稼げるやり方をご紹介!|コールシェア

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)