高校生は将来の夢や目標をどうやって見つけたらいい? ( 3 )

将来の夢や目標が定まらない人は?

ここまでご紹介した内容を踏まえても、将来の夢や目標が定まらないということもあるでしょう。そんなときは、少し視点を変えてみることが大切です。ここからは、夢や目標が定まらない人に向けて、したいことや考え方などを解説します。

少し先を見据えて進学先を選ぶ

将来の夢や目標が決まらない人は、少し先の将来を見据えて進学先を選ぶことがおすすめです。

大学への進学を考えている人は、留学や勉強など、入学後にやりたいことについて考え、大学を選ぶのも良いでしょう。また、企業に就職することを見据え、偏差値の高い大学に挑戦するのも良いかもしれません。

さまざまな選択肢があって、将来が開けていくような、少し幅を持たせた進学先を選びましょう。

やりたいことは趣味にすることも視野に

やりたいことは仕事ではなく趣味にすることも視野に入れていくと良いです。

やりたいことが必ずしも仕事になるとは限らないもの。やりたいことを趣味にし、仕事と切り離して考える人も世の中には多くいます。また、趣味が仕事になることで、辛くなることも時にあること。

趣味などを休日に楽しみ、平日は仕事を頑張るなど、趣味と仕事を切り離して考えると、将来の目標が定まっていくこともあるのかもしれません。

夢や目標は変わっていくことも

夢や目標は、変わっていくことがあるということを知っておきましょう。人間が成長するのと同じように、夢や目標も時に変わっていくものです。

高校生の今、明確な夢や目標が見つからない場合は、焦らず、ゆったりとした気持ちで構えていくのも良いでしょう。将来のために情報収集や行動することを怠らず、いつか夢や目標を見つけていけたらと、そんな気持ちでいるのも良いかもしれません。

まとめ

ここまで高校生に向けて、将来の夢や目標の見つけ方について解説しました。高校生のみなさんが夢や目標を見つけるのは、たやすいことではないかもしれません。こちらでご紹介した内容が、高校生のみなさんの将来の夢や目標を見つける際の参考になればと思っています。

参考

なりたい職業の見つけ方|高校生のための進学ガイド|マイナビ進学

将来の夢がない高校生に伝える、夢を見つけるための7つの思考法|キズキ共育塾

進路が決まらない!将来の夢がわからない人のための、やりたいことを見つけるヒント|塾講師のおもうこと。

【中学生・高校生】10代で読むべき!なりたい職業・進路の参考になるおすすめの本ランキング|G-ランキング

この記事をかいた人

izmix

izmix

【職業】 フリーライター 【経歴】 大学卒業後、大手進学塾にて勤務。その後、介護職などを経て、念願であったライターとなる。結婚し、現在は、二児の母。 【得意な分野】 教育、介護、就職、勉強の教え方、恋愛などなど。 【趣味】 読書、ピアノ 【将来の夢】 作家になる事とライターを続けていくこと。生きている限り、文章を綴って世の中に何かを発信し続けていきたい。