高校生は将来の夢や目標をどうやって見つけたらいい?

将来の夢や目標が定まらず、悩んでいるという高校生も多いのではないでしょうか? 将来の夢や目標を見つけるには、好きなこと、得意なことを書き出してみる、憧れている人について考えてみるなど、いくつかの実践したいことがあります。今回は、高校生に向けて、将来の夢や目標の見つけ方を解説します。

高校生が将来の夢や目標を見つけるには

では早速、将来の夢や目標の見つけ方について見ていくことにしましょう。高校生のみなさんは、ぜひ参考にしてみてほしいと思います。

好きなこと、得意なことを書き出してみる

将来の夢や目標を見つけたいなら、まず、好きなこと、得意なことを書き出してみましょう。好きなことや得意なことは、今熱中していることから、過去に好きだったこと、現在得意なことまで、思いつく限りに書いていきます。すぐに職業には結びつかないと思えるものでも、どんなものにヒントが隠されているか分からず、自分でも気づかなかった新たな可能性に出会えることも。

下の例のように書き出したら、そこからさらに、付随する職業について調べていくと良いです。

<例>

好きなこと

  • 漫画
  • 映画
  • 洋楽を聴く

得意なこと

  • ピアノを弾く
  • お菓子作り
  • 整理整頓

好きなことや得意なことに関連する職業

  • 音楽関連の仕事
    • 作曲家、作詞家
    • ピアノ調律師
    • コンサートスタッフ
    • イベント制作スタッフ
    • 音楽教師
    • 音楽雑誌の記者
  • お菓子に関連する仕事
    • パティシエ
    • ショコラティエ
    • 和菓子職人
    • カフェ店員
    • お菓子販売員
    • お菓子、スイーツの商品開発

将来やりたくないことを書き出してみる

今度は反対に、将来やりたくないことを書き出していきます。一見、無意味なようにも見えるこの作業も、夢や目標を見つけるための大きなヒントになります。

書き方は、思いつく限りにやりたくないことを書き出し、そこからどのような仕事がしたくないのかを具体化していくと良いです。下に例がありますので、参考にしてみてください。

将来やりたくないこと

  • 運動が苦手 → 業務で運動することがない仕事
  • 都会では暮らしたくない → 地元にある企業や地方に支社がある企業を選ぶ

将来送りたい生活について書き出してみる

将来送りたい生活について書き出してみることも、夢や目標を見つけるのに効果的です。書き方は漠然としたものでも構わないので、頭の中のイメージを言葉にして書いていきます。

例えば、

  • 海外で生活をしてみたい → 海外支社のある企業に勤める
  • 好きなファッションにずっと関わる生活がしたい → ファッションライターになる

など、将来送りたい生活や憧れる生活を仕事に結びつけていくと、夢や目標につながるヒントになるでしょう。

憧れている人について考えてみる

憧れている人について一度考えてみましょう。下の例のように、どんな仕事をしている人なのか、どのようなところに魅力を感じるのかなど、自分が憧れている人について考え、深掘りをしていくことで、将来なりたい自分の姿が見えてくることも。

高校の先輩

  • 自分の理想
  • 夢を仕事にしているところがかっこいい

行きつけの楽器店のスタッフ

  • 音楽に詳しく、仕事を楽しんでいる姿が魅力

適性診断を参考にする

夢や目標を見つけるためには、適性診断を参考にするのもおすすめです。高校生は適性診断をすることで自己分析ができ、夢や目標のヒントになるものが見えてくることも多いはず。下記のサイトのように簡単に診断できるものや高校生向けのものもありますので、参考にしてみてください。

高校生向けの適性診断

適職・適学チェック|Benesse マナビジョン

適職診断|アクセス進学