「人権」をテーマにした作文の題名のつけ方とは?書き方も一緒に紹介 ( 3 )

参考:人権関連の作文コンテストの概要

こちらの章では、日本国内で開催されている人権関連の作文コンテストをピックアップします。

コンテスト名 主催 対象者 補足事項
全国中学生人権作文コンテスト 法務省

全国人権擁護委員連合会

中学生 都道府県単位(北海道については札幌・函館・旭川・釧路の各地方法務局単位)で地方大会を実施。地方大会で選ばれた優秀作品が中央大会(全国大会)表彰作品として決定する
人権問題に関するエッセイ 一般社団法人
人権問題研究協議会
不問 ペンネームで出展も可能

参考

全国中学生人権作文コンテスト|法務省

第2回『人権問題に関するエッセイ』募集|公募ガイド

まとめ

「人権」をテーマにした作文の題名のつけ方のポイントは、本文を書いてから題名をつけたり、本文からキーワードを洗い出したりすることです。ほかにも過去の作文コンテストの入賞作品をチェックすると、題名のつけ方のヒントが得られるでしょう。

また、作文を書くときに自分の身のまわりにある人権問題をテーマに選ぶと、本文の執筆だけでなく、題名決めもスムーズにいきます。今回の記事を参考にしながら、読み手にインパクトを与える人権作文の題名を考えてみてください。

参考

中学生人権作文コンテスト| 広島県人権啓発活動ネットワーク協議会

「男女格差、世界121位」になぜかイラつく男たちが続出。原因はメディアの呪いにあった?|Business Insider Japan

再び医科大学・医学部の入試差別問題について―異質な問題は区別して考えるべきである|ハフポスト

治部れんげ ジェンダー教育は家庭内の男女平等から (1/2) |日経DUAL

環境白書|環境省

この記事をかいた人

オダルミコ

オダルミコ

都内在住のライター。子育て・教育・ライフスタイル・働き方を中心に心をこめて執筆をしています。ライティングを通して、知識が増え、視野が広がることに生きがいを感じています。プライベートではティーンエイジャーの娘と息子の母です。