税金作文の書き方は?わからないときは身近な税金からエピソードを探そう

国税庁が募集する「税の作文」などの税金作文。長期休暇などの課題として提出を指示され、毎年書き方に悩む子供も多いそうです。大人にとってはやや負担というイメージが強い税金ですが、子供にはあまり接点がありません。どのようにすれば税金作文を書くことができるのか、まずはきっかけ作りについて解説します。

税金作文の書き方が分からない!

税金作文について悩む子供は少なくありません。作文が苦手な子供はもちろんですが、普段身の回りのことに関する作文なら特に苦労せずに書ける子供でも難しさを感じるようです。理由の一つには、税金に対しての知識・経験の乏しさがあるでしょう。

税について関心を持ち、理解することが目的の作文

子供を対象にした税金作文は、税金について専門的な立場から考察することを求めるようなものではありません。税金作文を募集している国税庁はこのように解説しています。

これは、将来を担う中学生の皆さんが、身近に感じた税に関すること、学校で学んだ税に関すること、テレビや新聞などで知った税の話などを題材とした作文を書くことで、税について関心を持ち、正しい理解を深めていただくという趣旨で実施しているものです。

(引用元:令和元年度 中学生の「税についての作文」各大臣賞・国税庁長官賞受賞者発表 税の学習コーナー|国税庁

大人でも所得税や住民税が天引きになっていると、自分がどのくらい税金を払っているのか実感を持ちにくいものですが、子供であればなおさらです。まずは税金について関心を持つこと、関心を持てるようなきっかけを探すことから始めましょう。

まずは身近なところから税金について調べてみよう

税金が生活者にとって非常に身近なものであるのは少し調べてみれば分かりますが、そのことに気づかずに生活している子供は少なくないでしょう。身近な税金について調べる方法は幾通りもありますが、ここではまず「自分の家庭」から始めてみることをおすすめします。

うちではどんな税金を払っている?

我が家ではいったいどんな税金を払っているの? この疑問に答えるには大人の手伝いが必要です。消費税以外の税金を自分で支払ったことがある子供は多くないでしょうから、普段払っている税金について解説してあげてください。

消費税

2019年10月に増税されたばかりの消費税は、子供にとって最も実感が湧きやすい題材かもしれません。キャッシュレス決済による割引も同時に導入されて話題になりました。ただし、18歳未満はキャッシュレス決済をほとんど使えませんので、「大人と比べて不公平だ」と感じている子供もいるかもしれません。そういう実体験から調べ始めると、作文に具体性が増すでしょう。

どうして8%と10%の消費税があるのか? 増税と一緒に始まったキャッシュレス決済の割引はいったい誰が負担しているのか? どうして増税したのか? など、さまざまな観点から掘り下げてみましょう。

所得税

給与所得者のほとんどは、給与の支払時に所得税が天引きされています。年末調整で戻ってくる人もいれば、逆に支払わなければいけない人もいるでしょう。また、住宅ローンなどのために確定申告をしている人は、のちに還付金が口座に振り込まれます。

このような一連の流れは子供には馴染みのないものです。「具体的な家庭の収入の話を子供にしたくない」という家庭もあるかもしれません。その場合はモデルケースを使って解説してあげると良いでしょう。

また、国税ではないため国税庁の税金作文にはそぐわないかもしれませんが、給与から天引きされる税金には住民税もあります。所得税と合わせると家計にとってそれなりの負担となることが分かりますので、参考までに解説してあげると良いでしょう。

参考

税率・税負担等に関する資料 | 財務省

贈与税や相続税

子育て世帯にもそう遠くない未来に関係してくる可能性があるのが贈与税や相続税です。すでに子供の学費関連で、NISAや学資保険について実親と相談したことがある人もいるかもしれません。子供や孫への資金提供も金額によっては贈与税が発生するため、ある程度の知識は欠かせません。

また、相続によって不動産などを取得すると相続税が発生しますが、高額な相続税を払うために相続した不動産を売却するといった事例も珍しくありません。これも子供には経験のないものですから、具体例を出して説明してあげてください。

参考

相続した不動産を売却して相続税を納税するには?| 【小田急不動産】