幼児教育教材の種類・特徴とは?子供に合わせた教材やおもちゃを選ぼう ( 3 )

幼児英語通信教育おすすめ

幼児英語通信教育おすすめ
最近ではバイリンガル、トリリンガルも珍しくありませんが、その多くは幼児期に複数の言語に触れることによって自然に覚えたものです。

幼児期は脳が柔軟で苦手意識などないなかでスポンジのように言葉を吸収します。できるだけ早くネイティブな英語に触れるためのおすすめの幼児英語通信教育を紹介します。

子供ちゃれんじ English

http://www2.shimajiro.co.jp/english/
1歳~6歳まで年齢に合わせた教材を定期的に送付してくれるため、興味関心が持続されやすいものとなっています。教材は2ヵ月に1回届けられるため、無理なく取り組むことができます。

中学校で触れる語彙よりも豊富な構成となっており、幼児期の柔軟な脳と敏感な耳でたっぷりと英語に触れることができます。ネイティブスピーカーの発音にこだわっているため、知らないうちに本物の発音を身につけることができます。

ワールドワイドキッズ

http://www.benesse.co.jp/wk/
幼児教育の専門家が日本人が幼児期に英語に浸る効果を徹底的に研究し誕生した英語体験教材です。英語を習得することだけでなく、楽しいストーリーやアートなど興味関心の高い動画コンテンツで生きた英語に触れることができます。

世界中に多くのファンをもつ玩具メーカーのオリジナル玩具や感性を豊かにする絵本なども届けられ、いつも子供はワクワクドキドキを感じることができるでしょう。

スピードラーニング・ジュニア

https://www.espritline.jp/sl/jr/
→ジュニアは小学生レベル 幼児向けは スピードラーニング・キッズ
→以下 キッズ で作成
幼児期は英語耳になるといわれる黄金期であり、いかに早く英語に触れたかがその後の英語学習に影響を与えることになります。聞き流すだけのキャッチフレーズで有名なスピードラーニングはそんな黄金期の幼児にぴったりのスピードラーニング・キッズを提供しています。

どんな場面でどの言葉を使うべきかが自然に理解できるようになるとともに親子で一緒に英語を楽しむことができます。異文化理解が得られることも大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ:子供に合った幼児教材を選ぼう

まとめ:子供に合った幼児教材を選ぼう
幼児教育は幼児教室や習い事だけで習得するものではありません。親や子の自由な時間に合わせて取り組むことができる幼児用教育教材は、興味関心を持続できるとともに経済的な負担も軽減することができます。

幼児教育教材には、学力重視のものだけでなく生活習慣や英語教育、早期教育などさまざまな種類があり、0歳からでも始められるものもあります。教材を活用するには、子供の発達段階ややる気、興味関心に合ったものをいかに選ぶかが大切です。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。