考える力を鍛えるにはどうすればいい?幼児・小学生向けの方法をご紹介!

考える力の鍛えるにはどうすれば良い?幼児・小学生向けの方法!

考える力がないと困難にぶつかったときに自分で乗り越えることができません。考える力を鍛えるのは、子供にとってとても大切なことです。子供の考える力を鍛えるためにはどうしたらいいのか? と悩む親に向けて、年齢別の鍛え方と参考になる書籍をご紹介します。

幼児の「考える力」を育てる家庭での取り組み

幼児の「考える力」を育てる家庭での取り組み
子供の考える力を鍛えるには、家庭での取り組みが重要です。「鍛える」というと少し厳しい印象を持ってしまいがちですが、「育てる、育む」と考えてみましょう。これは親の接し方がとても重要になり、毎日の生活を通して少しずつ実践することが大切です。

五感を使った体験をさせる

幼児は日々成長していきます。いろんなことを経験してそれをぐんぐん吸収していきます。ものを見る・音楽を聴く・においを嗅ぐ・味わう・手で触れるというように、これらの行動で感じたことはすべて、脳に良い刺激を与えてくれます。五感によってさまざまな情報を得ることで、自然と考える力が鍛えられます。

お手伝いを積極的にさせる

幼児でもある程度大きくなったらお手伝いをさせましょう。家庭のなかには幼児でもできるお手伝いはたくさんあります。幼児はできることが限られますが、例えば洗濯物をたたんだり、タンスにしまったりというくらいなら意外に簡単です。掃除や食事の準備や後片づけなど、簡単なことから始めてみてください。

子供の話をじっくり聞く

子供が何か話したがっているときは、じっくり聞いてあげることが大切です。親が忙しいと、後回しにしたり、適当にあしらったりしてしまいがちです。しかし、話をするときは親も頭のなかで考えをまとめてから子供に話すようにしましょう。幼児ではまだうまくできないこともあります。でもたくさん話をする機会があると考えながら話す力が自然に身につきます。

絵本の読み聞かせをする

絵本は子供の考える力を鍛えるのに役立ちます。読み聞かせをするときは、感情を入れて演じるようにすると、子供は声の強弱と絵を見て、物語の状況が想像しやすくなります。想像しながら考えるので、絵本の読み聞かせは高い効果が期待できます。

小学生からできる「考える力」を育む方法

小学生からできる「考える力」を育む方法
小学校に通うようになると、毎日規則正しい生活に切り替わっていきます。規則正しく生活をするにも、考える力が必要です。毎日の生活のなかにたくさんのヒントが隠されています。見ていきましょう。

毎日の予定を立てさせる

小学校では毎日時間割通りに行動します。勉強する時間、休み時間、給食の時間、登下校の時間など毎日ほぼ同じです。家に帰ってからも、毎日予定を立て計画通りに行動できるように導きましょう。子供は限られた時間で課題をクリアするには、どうしたらいいか考えます。

うまくいかないこともありますが、そういうときは叱るのではなく、なぜできなかったのか、どうしたらできるのかを一緒に考えます。

答えをすべて教えない

子供は分からないことがあったとき親や身近な大人に質問します。質問されたときは、簡単に答えを教えるのではなく、ヒントを与えましょう。あとは自分で考えるように導きます。ただ答えを教えてもらうよりも、自分で考えるので記憶に残りやすくなります。

疑問点は一緒に調べる

疑問点があったときは、親も一緒に調べるようにします。親は答えを知っていてもあえて教えず、「なんでだろう? 調べてみようか!」と導けば、子供は自分で調べて考えます。子供が1人でできないことは親がサポートしますが、できるだけ子供に調べさせるのがポイントです。

調べる間も「なんでだろう?」と考えますし、答えがわかればそれは知識として身につきます。調べる習慣をつければ、考える力が育ち、知識も増えていきます。

考える力の育て方が分かる人気の書籍3選

子供の考える力を鍛えるには、親の協力が必要です。子供に疑問を投げかけられたとき、どのように対処すればいいのか、親はどのように子供を導くべきなのか、など悩んだときは、書籍を参考にするのもおすすめです。人気の書籍を3冊をご紹介します。

小学生からはじめる 考える力が身につく本-ロジカルシンキング(山﨑 紅)

ロジカルシンキングをもとに、前半はパズルや計算などゲーム感覚で問題を解きながら考える力を鍛えることができます。後半はロジカルツリーをもとに親にも役立つことがたくさん紹介されているので、ぜひ親子で読んでいただきたい1冊です。

論理的思考力がぐ~んと伸びる 子供「思考実験」(北村 良子)

ただ何かを考えなさいといわれても、子供は楽しくなければ考えるのが苦痛と感じてしまいますし、これでは本末転倒です。子供が考えることを楽しいと思えるように、「思考実験」を体験しながら考える楽しさを学べる内容となっています。

先生と4人の生徒が、14の思考実験に取り組むという設定で、読み手は生徒になって「思考実験」に参加します。実験といっても頭のなかで考えるだけなので、家庭でも気軽にできます。

子供のための論理トレーニング・プリント(三森 ゆりか)

書籍というよりもドリルという方がしっくりくる1冊です。ドイツで行われている言語技術教育のメソッドをもとに、問答ゲーム・物語・説明と描写・報告などの項目を自然に考えるよう導いています。国語に着目しているのも特徴的です。イラストを交えて楽しく進められ、小学生~高校生まで幅広く読めるのもポイントです。

まとめ:親子で考える力を伸ばそう!

まとめ:親子で考える力を伸ばそう!
子供の考える力は、無限の可能性があります。しかしきっかけがないと「考える」ということ自体を知らないまま成長してしまうことがあります。子供の可能性を増やすためにも、親の協力は欠かせません。どれも気軽にできる簡単な方法です、ぜひ取り入れてみてください。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。