記憶力の鍛え方を知って、もの忘れ防止につなげよう! ( 3 )

記憶力の鍛え方のヒントになる本3選

記憶力を鍛えるにはいくつかの方法があります。本を取り入れるのもおすすめです。子供の記憶力を鍛えたいときに取り入れてみてはいかがでしょうか。

記憶力の鍛え方 (加藤 俊徳)

脳を鍛えることで、記憶力をアップさせることができることを分かりやすく解説しています。脳を活性化させる方法として、利き手と逆の手を積極的に使う、外食するときは同じものを食べ続けるなど、ユニークな鍛え方も紹介されています。

もの忘れを防ぐ 記憶力を伸ばす―脳の力の鍛え方 (夏目 隆治)

もの忘れは脳の機能が低下している証拠です。記憶力を高めるには脳を活性化させる必要があります。サイエンスライターや海馬研究をしている薬学博士が書いた本です。どれもちょっとしたコツで脳を鍛えられるので、気軽に実践しやすいです。

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (池谷 裕二)

最新脳科学にもとづき、記憶力を強くする鍛え方をていねいに解説しています。タクシーの運転手は頭のなかに地図が入っているので、複雑な道もスイスイ進め、またタクシー運転手の脳はほかの人よりも大きいことがわかっているといいます。それをもとに記憶力の鍛え方を紹介している1冊です。

まとめ:記憶力の鍛え方を知っておこう!

まとめ:記憶力の鍛え方を知っておこう!
記憶力の鍛え方にはいくつかの方法があります。子供に取り入れるにできるだけストレスにならないように注意が必要です。本や食事、日常生活のなかのちょっとした意識を変えるだけでも、記憶アップにつながるのでぜひ試してみてください。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。