記憶力の鍛え方を知って、もの忘れ防止につなげよう!

記憶力の鍛え方を知って大人の物忘れ防止につなげよう!

子供の記憶力を鍛える方法はいくつかありますが、実践するなら効果的な方法を選びたいものです。記憶力を鍛えるにもいろいろな方法がありますので、鍛え方を見極めることが大切です。子供の記憶力をアップさせたいと思っている方に、おすすめの鍛え方をご紹介します。

記憶力を鍛える簡単な方法

記憶力を鍛える簡単な方法
記憶は目や耳から入る情報をもとに形成されます。記憶力を鍛えるときは、ただ目や耳から情報を取り込むのではなく、子供にとって分かりやすいことが大切です。これは大人になってからも役立つ方法なので、大人も覚えておくといざというときに活用できるのでおすすめです。

何度も反復して覚える

記憶に残すには何度も反復することが大切です。見るだけでなく声に出して読む、ノートに書くなどいろんなことを何度も反復すると記憶に残りやすいです。覚えてもそこで終わりにせず、何度も思い出して反復することでしっかりと記憶に残ります。

文字だけでなくイラストを使う

文字や文章を記憶するには、何度も読む、声に出して読む、文字に書いてみるなどの方法があります。文字からもたくさんの情報が入りますが、これをイラストにするだけでたくさんの文字を使わなくても簡単に記憶できるようになります。

例えば、動物や花の名前を覚えたいとき、色や形、大きさなどは文字からたくさん読み取れますが、イラストならいくつもの特徴を瞬時に目で見て記憶できます。イラストだけでは足りないところを文字で補えば、さらに効率が上がります。

まったく違う単語を連結して覚える

何かを記憶すときは、そのことだけに集中してしまいがちですが、まったく違う単語と連結させるとかなり記憶しやすくなります。例えば、バナナ、りんご、オレンジなどいくつかのフルーツをすべて覚えたいときは、バナナはゴリラ、りんごは赤い、オレンジは甘酸っぱいなどの特徴や関連性のある単語を結びつけると頭のなかで整理しやすくなります。

質の良い睡眠をとる

記憶するには脳を使います。目や耳から入る情報を脳に送って記憶として残します。このとき想像以上に脳を使うので、疲労がたまります。記憶力を高めるには脳が健康な状態でないといけません。毎日何かしら脳を使うので、1日の終わりには睡眠をきちんととって脳を休息させましょう。質の良い睡眠は脳の疲労回復に役立ちます。